朝倉宗滴 ~武者は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つことが本にて候

朝倉宗滴 ~武者は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つことが本にて候

 朝倉宗滴とは戦国時代の武将。越前朝倉氏三代(朝倉貞景・朝倉孝景・朝倉義景)に仕え、一族の宿老として当主を補佐し、自身は朝倉家総大将として各地を転戦してその武名を轟かせた名将。
 本名は教景。しかし法名である宗滴の名の方がよく知られている。
 大名物・九十九髪茄子を所有していたことでも著名。

朝倉宗滴(あさくら そうてき)
三盛木瓜
生年1477年(文明9年)
没年1555年(天文24年9月8日)
改名小太郎⇒教景⇒宗滴
別名太郎左衛門尉
主君朝倉氏景朝倉貞景朝倉孝景朝倉義景
氏族朝倉氏
家紋三盛木瓜(みつもりもっこう)
父:朝倉孝景(英林孝景)
母:桂室永昌大姉
兄弟氏景 景明 孫四郎 景総 教景(以千宗勝) 時景(景親) 景儀 教景(宗滴)
朝倉景冬娘
蒲庵古渓
養子:景紀

朝倉宗滴とは

由羅
由羅
朝倉家きってのチート爺、だね!
朝倉家ではどうしても朝倉義景の時代がクローズアップされがちだから、その時の宗滴はすでに晩年で、どうしても老将、というイメージがあるかな
イリス
イリス
由羅
由羅
享年は79、だものね。しかも死の寸前まで陣中にあったっていうから、凄いの一言だよ
人生五十年の時代にあって、かなり長生きした方だし、最後までその影響力は大きかったようだよ。あと、若い時から無茶な活躍しているから
イリス
イリス
由羅
由羅
とにかく朝倉家を三代に渡って支えた名将、であることには違いないね!

誕生から敦賀郡司まで

朝倉家の嫡男として

 朝倉宗滴は1477年(文明9年)、朝倉(英林)孝景の末子(八男)として誕生した。

由羅
由羅
あの天下一の極悪人の末っ子だったんだね
八男だったんだけど、どうも父親である孝景は宗滴のことを嫡男として考えていたという可能性が指摘されているの
イリス
イリス
由羅
由羅
どうして?
宗滴の名前がそんな感じだから。宗滴は最初「小太郎」と名乗っていたし、その後「教景」って名乗るようになるんだけど、この「小太郎」は父・孝景も名乗っていた名前であるし、「教景」は曽祖父である教景、祖父である家景、そして父である孝景が一時的に名乗っていた諱でもあるの
イリス
イリス
由羅
由羅
うわ。いかにも後継ぎにしたい、っていう孝景の気持ちが表れているよね
 朝倉家一門ではその名前を名乗る際に、「景」の字が使用されるが、嫡流はこの「景」の字を下につけるもので、それ以外の一門の人物は上につけるという慣習があった。
 宗滴の諱である「教景」はその慣習に則っており、そのため嫡男として遇されていたとも考えられている。
たとえば後で宗滴と謀って謀反を画策する兄・朝倉景総なんかも、朝倉家を出奔後に元景と改称して、いかにも自分が嫡流だ、みたいなアピールをしているから
イリス
イリス
由羅
由羅
ふうん……。でも孝景はどうして宗滴に対してそこまで期待したんだろうね?
それはわからない。でもいつの世でも末っ子は可愛がられるもの。……それは置いておいても、宗滴の潜在能力を見抜いていたからかもしれないね
イリス
イリス
 しかし父・孝景は1481年(文明13年)に死去。
 朝倉宗滴はこの時4歳。
 年齢的にも家督を継ぐことは不可能であり、その地位は兄である氏景が継ぐことになった。
由羅
由羅
さすがに4歳じゃあねえ……
筒井順慶なんかは2歳で家督を継いでいるけどね
イリス
イリス

朝倉景豊の謀反

 1503年(文亀3年)、敦賀郡司であった一門の朝倉景豊が謀反を画策する。

由羅
由羅
朝倉景豊って?
宗滴の父である朝倉孝景の弟だった、朝倉景冬の嫡男だよ。要職である敦賀郡司を任されていたけど、1495年(明応4年)に景冬が死去すると、景豊が後を継いでいたの
イリス
イリス
由羅
由羅
つまり、宗滴の従兄弟だね
それだけの関係じゃないの。景豊の妹たちはみんな朝倉一族に嫁いでいて、宗滴もその一人だったから
イリス
イリス
 朝倉景豊の姉妹は朝倉宗滴を初め、堀江景実、鳥羽景富、青蓮華近江守ら朝倉一族に嫁いでいたといわれている。
由羅
由羅
宗滴は景豊にとって従兄弟でもあるし、妹婿でもあって、つまり義兄弟でもある、というわけだね
それだけ関係が深かった、ということだよ
イリス
イリス
由羅
由羅
でもどうして謀反なんか起こしたの?
野心があったからなのは間違いないだろうけど、その前に少し複雑な事情もあったから。宗滴の父である孝景の四男で、宗滴の兄に当たる朝倉景総という人物が絡んでくるの
イリス
イリス
 朝倉景総には教景(孝景五男)という弟がいたが、景総自身が庶子であったため、異母弟の教景の下座に置かれるという苦渋を舐めていた。
 これを恨みに思った景総は、1484年(文明16年)に相撲場にて弟・教景を殺害してしまう。
由羅
由羅
え? 教景? 宗滴とは違うひとだよね?
宗滴の兄に当たる人物だよ。この時の宗滴はまだ幼少で、教景とは名乗っていなかったから
イリス
イリス
由羅
由羅
同じ名前のひとばかりでややこしいなあ
朝倉氏の歴史の中で、「朝倉教景」を名乗った人物はたくさんいるからね。それだけに重要な名前だった、ということだから
イリス
イリス
 景総が教景を殺害したことで、教景の養父で朝倉一族の重臣であった朝倉光玖は激怒。
 景総は光玖の怒りの前に剃髪して許しを乞い、後に両者は和解して景総は一乗谷に出仕し、一門の武将として活躍するようになる。
1496年(明応5年)の美濃国で勃発した船田合戦への派遣軍の大将を務めたり、自身の娘を従弟で敦賀郡司家の朝倉景豊に嫁がせたりとしていたんだけど、かつて殺害した教景の母親である桂室永昌との関係が修復できなくて、結局越前国を出奔してしまうの
イリス
イリス
由羅
由羅
なるほど……。つまり、朝倉宗家に対して含むところがあった人物、というわけだね
 景豊にとっての義理の父親である景総は、義兄弟の力を借りて朝倉宗家に謀叛を起こすよう唆し、景豊もこの企てに同意することになる。
 この企てには当然、宗滴にも声がかけられることになった。
実は宗滴自身、この景豊の提案はかなり魅力的に映ったらしく、かなり悩んだそうだよ
イリス
イリス
由羅
由羅
そ、そうなの?
うん。だって宗滴はその「教景」という名前からも分かるように、嫡男として育てられるはずだったかもしれなかったんだから。でも実際には長兄であった氏景は後を継いで、そしてこの時代ではその子の貞景が朝倉家当主を名乗っている状況だったから、それを良しとはしていなかったんだと思うよ
イリス
イリス
由羅
由羅
つまり、宗滴も下克上を狙っていたんだね
その可能性はあった、ということだよ
イリス
イリス
 しかしこの時朝倉宗家の支配は確立しており、体制は磐石となっていた。
 下克上は容易でないと判断した朝倉宗滴は、最終的に裏切りを回避し、逆に景豊の謀反を貞景に密告することになる。
 これによって景豊は失脚し、宗滴はその功によって敦賀郡司に任命されることになった。
 以降、朝倉宗滴は朝倉宗家を支える存在になっていく。
由羅
由羅
うまくやったんだね……宗滴って
この辺りの状況判断を的確に行えたところも、宗滴が評価されている点かな。軍事的才能だけではなくて、政治や謀略の類にも通じていた、ということだから
イリス
イリス
由羅
由羅
ちなみに宗滴がその軍事的才能を発揮するのが、これからなんだよね!
そうだよ。世にいう九頭竜川の戦いだね
イリス
イリス

九頭竜川の戦い

九頭竜川
《九頭竜川》

 1506年(永正3年)、本泉寺住持蓮悟が檄文を発し、加賀の一向一揆が越前へと侵攻を開始した。
 これは越前で起きた一向一揆に加勢する形で、加賀・能登・越中の一向一揆が越前へと侵入したものである。
由羅
由羅
永正三年の一向一揆だね
この頃、隣国の加賀国はすでに百姓の持ちたる国になっていて、一向一揆勢は勢力拡大を狙っていたの。この一向一揆を率いていた本願寺と当時の室町幕府管領・細川政元とは親密な関係で、でも一方で朝倉氏は反細川派だったものだから、政元は本願寺に要請して反細川派の北陸の諸大名を攻撃させたのが原因だよ
イリス
イリス
 越前国を支配する朝倉家はこれを迎撃するために出陣。
 この時、朝倉宗滴は他の門徒と朝倉家による連合軍を率い、宗滴は総大将として九頭竜川にて対峙した。

 朝倉勢8,000~16,000といわれている一方で、一揆群30万。

由羅
由羅
30万ってほんとなの?
十中八九、誇張だろうとはいわれているよ。でも一揆勢が大軍だったことは間違いないみたい。仮に十分の一でも3万だから、朝倉勢の三倍だしね
イリス
イリス
 多勢に無勢な状況ではあったが、宗滴は機先を制するため、夜半に渡河して一揆軍を奇襲。
 これが功を奏して一揆側は敗退。
 この戦いを契機にして、朝倉宗滴はその武名を轟かすことになったのである。

各地への転戦

宗滴はこの後も周辺諸国に軍を派遣して、朝倉家の武威を示すことになるの
イリス
イリス
 1517年(永正14年)、宗滴は若狭守護である武田氏の援軍として出陣。若狭の逸見氏及び丹後守護代・延永氏の反乱を鎮圧。

 1525年(大永5年)には、六角氏に協力して浅井亮政を牽制。五ヶ月に渡って小谷城の一角に陣取り、浅井、六角との調停役を務めたという。

由羅
由羅
ここで義景の代まで続く、浅井家との盟友関係が生まれたわけね
浅井家にとっては呪いのようなものだったと言えなくも無いけれど
イリス
イリス
由羅
由羅
あはは……。笑えないなあ、それ
 1527年(大永7年)には、幕府の要請で宗滴は養子の朝倉景紀と共に上洛。
 川勝寺口の戦いにおいて勝利する。

 ただしこの時援軍を要請した管領・細川高国と宗滴の間に不和があったようで、朝倉軍は撤退した。

由羅
由羅
幕府といった中央からの要請で出陣し、またそれに勝利していったことで、朝倉家の地位向上に努めることができたのは、朝倉宗滴の活躍あってのことだったといえるよね

朝倉宗滴の最期

 1527年(大永7年)になると、宗滴は養子であった朝倉景紀に敦賀郡司を譲る。

由羅
由羅
朝倉景紀っていうのは?
主君だった朝倉貞景の四男だよ
イリス
イリス
 1531年(享禄4年)には加賀の内紛である享禄の錯乱に介入。

 そして1555年(天文24年7月21日)、加賀一向一揆を討つために、朝倉宗滴は越後の長尾景虎(上杉謙信)と呼応して加賀に出陣。一気に南郷・津葉・千足といった城を落とした。

 しかしこの戦いの最中、朝倉宗滴は陣中において病に倒れ、朝倉景隆に総大将を任せて一乗谷に帰還。9月8日に病没した。享年79。

 この朝倉宗滴の死は、1555年(天文24年)に行われた川中島第二次合戦において、上杉謙信・武田信玄の和睦という形で影響を与えることにもなっている。

朝倉宗滴の評価

 朝倉宗滴は朝倉家当主ではなかったものの、実質上の当主といっても過言ではない存在であった。

 宗滴は各地に転戦し、戦いに明け暮れるも周辺諸国は朝倉家に対して手出しできず、越前国自体には平和がもたらされ、その全盛期を築くことになる。

軍事方面だけでなく、越後の長尾為景や長尾景虎らとも結んで外交面でも力を発揮していたから、本当に万能な人物だったみたいだよ
イリス
イリス
由羅
由羅
とにかく宗滴が健在な頃は、誰も越前に手を出せなかったものね。宗滴が越前に平和をもたらした結果、歴代の当主である孝景(貞景の子)や義景といった文化に秀でた人物が出たことで、一乗谷に栄華をもたらすことになったんだよね
当時の一乗谷は第二の京とまでいわれるほどだったらしいから。でも……
イリス
イリス
由羅
由羅
でも?
朝倉宗滴の存在は大きすぎて、その死により朝倉家が傾いていったことは事実。家臣であった堀江景忠の謀反や一向一揆の激化、織田信長の台頭……。宗滴に代わる人物のいなかった残された朝倉家では、これに完璧に対応することはできなかったの
イリス
イリス
由羅
由羅
義景の代で朝倉家は滅亡しちゃうものね……
まあ、この手の話は何も朝倉家に限った話ではないけれどね。どこのお家でも同じことだよ。それに家臣が有能過ぎても本能寺の変後の織田家みたいに分裂してしまうしね
イリス
イリス
由羅
由羅
うまくいかないものだよね
 後に朝倉家を滅ぼすことになる織田家について、宗滴はその当主であった織田信長について、朝倉宗滴が生前に評価しており、その才能を見抜いていたという逸話が残されている。

「今すぐ死んでも言い残すことはなが、あと三年生き長らえたかった。別に命を惜しんでいるのわけではなく、織田上総介の行く末を見たかったのだ」

 臨終の直前に、宗滴が残したとされる言葉である。

 また、朝倉宗滴の家臣であった萩原八郎右衛門尉宗俊がまとめたとされる『朝倉宗滴話記』の中に、「武者は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つことが本にて候」という有名な記述がある。

朝倉宗滴 関係年表

 1477年 朝倉孝景(英林孝景)の八男として誕生。
 1481年 父・孝景死去。
 1503年 朝倉景豊の謀反。
 1506年 永正三年の一向一揆。
     九頭竜川の戦いに勝利。
 1517年 幕府の命により、若狭・丹後に出陣。
 1525年 小谷城へ出陣。
 1527年 足利義晴と管領・細川高国の要請で上洛。
     川勝寺口の戦いに勝利。
 1528年 細川高国との不和により、越前に帰国。
 1531年 享禄の錯乱。加賀に出陣。
 1548年 朝倉義景が当主になる。
 1555年 加賀に出陣。同9月に病死。享年79。