朝倉氏と家紋【三盛木瓜】

朝倉氏と家紋【三盛木瓜】

 朝倉氏は但馬国を拠点とした豪族である。
 後に越前国に移り、戦国大名化した越前朝倉氏が知られている。

朝倉氏(あさくらし)
三盛木瓜
本姓日下部氏
家祖朝倉宗高
家紋三盛木瓜
出身地但馬国養父郡朝倉
著名人物朝倉孝景 朝倉宗滴 朝倉義景
支流八木氏(武家) 越前朝倉氏(武家) 土佐朝倉氏(武家) 溝江氏(武家)

朝倉氏とは

由羅
由羅
朝倉氏っていえば、戦国時代では織田信長の敵として有名だよね
朝倉義景の時代ね。特にこの頃大いに発展した一乗谷は、一乗谷朝倉氏遺跡として全国的にも有名だから、特に名を知れれているでしょうね
アルティージェ
アルティージェ
由羅
由羅
朝倉氏って、もともと越前出身のひとではないの?
遡ると出身は但馬国になるわ。越前朝倉氏は朝倉広景を初代として、朝倉義景の代まで続いたのよ。ここでは越前朝倉氏について解説していくわね
アルティージェ
アルティージェ

出自

 但馬国には開化天皇の後裔もしくは孝徳天皇の後裔とされる日下部氏があり、平安時代より武士団を形成して栄えていたという。
 朝倉氏はこの日下部氏の流れをくむ氏族の一つであるといわれている。

ここにあった朝倉氏を但馬朝倉氏と称し、ここから分かれて越前に移った系統が、いわゆる越前朝倉氏というわけね
アルティージェ
アルティージェ
 平安時代末期に日下部宗高が但馬国養父郡朝倉に住んで朝倉氏を称したことが、朝倉氏の始まりとされている。

 朝倉宗高の子である朝倉高清は平家に与したとされ、そのため鎌倉時代に源氏が繁栄すると領地を没収されるという憂き目にあったという。
 しかし関東で誰も退治できなかったという白猪を弓矢により退治し、その功をもって源頼朝に本領安堵と木瓜紋を賜ったとされている。

由羅
由羅
この辺りの話は伝説の類って感じだね

越前朝倉氏

 越前朝倉氏は南北朝時代、足利一族である斯波氏に仕えた朝倉広景から始まったとされる。

ちなみに初代となった広景は朝倉高清から数えて8代から9代後の子孫、ということになるらしいわ
アルティージェ
アルティージェ
 広景の子であった朝倉高景は斯波高経に仕え、高経は守護になった際に越前国に所領を得たという。
斯波高経が討伐されることになった貞治の変においてはうまく幕府方に寝返って、所領を安堵されたそうよ
アルティージェ
アルティージェ
 その後朝倉氏は越前国に定着し、勢力を築いていったという。

朝倉孝景

 室町時代後期になると、朝倉氏の7代目当主であった朝倉孝景は守護代であった甲斐常治と協力して、主君であった斯波義敏と対立。いわゆる長禄合戦が勃発した。

 その後応仁の乱が始まると、最初は西軍に与し、後に東軍に寝返ることになる。
 そして越前国において甲斐氏と争い国内をほぼ平定。
 斯波氏に成り代わり、越前守護に任じられたという。

この朝倉孝景をもって、戦国大名朝倉氏の初代といわれているわ
アルティージェ
アルティージェ
由羅
由羅
ちなみに朝倉氏っていえば一乗谷だけど、いつ頃からいたの?
諸説あるけれど、15世紀の前半にはそれまでの本拠とされてきた黒丸から一乗谷に移ったとされているわ
アルティージェ
アルティージェ
 朝倉氏は越前国を実効支配したものの、かつての主君であった斯波義敏は守護職回復を目指し、幕府に異議を申し立てるなどしたが、孝景はこれに対して斯波義廉の子を鞍谷公方の養子として擁立し、いわゆる名目上の越前国主として対抗したという。
由羅
由羅
鞍谷公方?
室町時代の越前国にあった足利氏の一門のことよ。足利一門の中でも家格は高かったようで、鞍谷御所と称されたそうね
アルティージェ
アルティージェ
 その後、朝倉氏が名実ともに越前守護となったため、鞍谷公方足利氏は朝倉氏の客将となって、越前国は完全に朝倉氏の支配するところになった。

朝倉義景

 戦国時代でも早期から越前国を安定的に支配することができた朝倉氏は、周辺諸国にも出兵して武威を高めたという。

由羅
由羅
他国出兵といえば、やっぱり朝倉宗滴が有名だよね
そうね。あちこちで出兵しているものね
アルティージェ
アルティージェ
 朝倉義景の代になると、足利義昭が義景を頼って越前国に入り、義景はこれを庇護している。
 しかし義昭の要請した上洛戦には応じず、後に義昭が織田信長によって上洛を果たした際も、従うことはなかった。

 その後、朝倉氏は織田氏と対立を深め、北近江の浅井長政と協力して戦ったが、1573年(天正元年)には追い詰められて一乗谷を放棄するも、一門の朝倉景鏡に裏切られて自刃。戦国大名としての朝倉氏は滅亡する。

義景の血統はほぼ途絶えたけれど、義景を裏切った景鏡の弟・朝倉在重が徳川家に仕えて存続したそうよ
アルティージェ
アルティージェ

三盛木瓜

三盛木瓜

 戦国時代において、朝倉氏が使用した家紋を三盛木瓜と呼ぶ。
由羅
由羅
五大紋の一つである木瓜紋に分類される家紋だね
見た目の特徴としては、同じ木瓜紋が三つ、ピラミッドのように重なっているデザインをしていることかしら。これが「三盛」の部分というわけで、三盛木瓜と呼ばれる所以ね
アルティージェ
アルティージェ
由羅
由羅
三盛の家紋といえば、朝倉氏のすぐ近くの戦国大名、浅井氏の用いた三盛亀甲に花菱(みつもりきっこうにはなびし)などもあるよね

木瓜紋とは

由羅
由羅
ところで木瓜って、なに?
まあ諸説あるのだけど、名前からも分かるように、瓜を図案化した紋のことよ。とはいっても瓜を輪切りにした断面が元になっているらしいから、ぱっと見でイメージできないかもしれないわね
アルティージェ
アルティージェ
由羅
由羅
うん。確かにわかんない
 また一方で鳥の巣を図案化したものともいわれ、子孫繁栄を祈る家紋であるといわれている。

 初出は徳大寺実能(とくだいじ さねよし)という公卿によって使用されたのが初めてであるとされ、その後種類を増やしていったという。

朝倉義景と織田信長

 戦国時代において、この木瓜紋を使用した大名はいくらか挙げることができるが、その中で有名なのが朝倉義景と織田信長である。

ぱっと見ではまったく違う家紋のように見えるけれど、よく見ると……ね?
アルティージェ
アルティージェ
由羅
由羅
一つか三つかの違いで一緒なんだよねえ
織田家の場合は織田瓜ともいわれ、瓜が五つになっているわ。朝倉家の場合は四つね
アルティージェ
アルティージェ
由羅
由羅
織田氏の出自は実は越前国だから、なんだよね

朝倉氏一門関連人物