朝倉景健 ~姉川の戦いの朝倉方総大将、安居景健

朝倉景健 ~姉川の戦いの朝倉方総大将、安居景健

三盛木瓜 朝倉景健とは戦国時代の武将であり、朝倉一門にして家臣。
 姉川の戦いでは主君・朝倉義景の名代として総大将を務めた人物として知られている。
 朝倉家滅亡後、名を安居景健と改めている。

 朝倉景健(あさくら かげたけ)
 生年  1536年(天文5年)
 没年  1575年(天正3年)
 改名  景健⇒安居景健
 別名  孫三郎
 家紋  三盛木瓜(みつもりもっこう)
 主君  朝倉義景織田信長⇒本願寺
 親   父:朝倉景隆

朝倉景建とは

由羅
由羅
朝倉景建っていえば、やっぱり姉川の戦いだよね
うん。主君であった義景の名代として朝倉方の総大将を務めているから名を知られてるの。姉川の戦い自体が戦国時代の合戦の中でも有名な方だし
イリス
イリス
由羅
由羅
でも負けちゃってるんだよね
姉川の戦いに参加した総大将としては、織田信長だとか徳川家康だとか、浅井長政だとか錚々たる面々がいて、その中ではちょっと影が薄いけど、だからこそ逆に目立つともいえるかな。朝倉家だけ、誰これ大名じゃないよね、みたいな
イリス
イリス
由羅
由羅
嫌な目立ち方だけどね

朝倉家一門として

 朝倉景健は1536年(天文5年)に朝倉一門である朝倉景隆の末子として誕生した。

 この父・景隆の家系は大野郡司や敦賀郡司を務めた家系に次ぐ家柄である。

 1570年(元亀元年)、この頃に兄や父が相次いで死去。
 これにより景健が父の跡を継ぐことになったという。

 同年には織田・徳川連合軍を相手に浅井家と朝倉家が連合して戦った、姉川の戦いが勃発。
 この戦いに景健は兵8,000を率い、総大将として参陣した。

 朝倉軍はこの戦いに敗北したものの、続けて行われた志賀の陣の下坂本の合戦において、織田家臣の森可成や織田信長の弟・織田信治を討ち取る戦果を挙げている。

 信長はその後苦境に立たされるが、武田信玄の死去により窮地を脱し、朝倉・浅井家に対して反撃。

 1573年(天正元年)の刀根坂の戦いで朝倉軍は大敗するものの、景健ら家臣の奮戦により、主君・義景を一乗谷に逃すことに成功している。

姉川の敗戦ばかりのイメージがつきまとうけれど、志賀の陣では活躍しているし、刀根坂の戦いでは朝倉家の家臣が次々に討死していく中、自身は生き残ってしかもしっかりと義景を逃すことに成功しているし、目立たないながらも史料に書かれているように、それなりに武勇に優れていたことは間違いないのかもしれないね
イリス
イリス
由羅
由羅
哀しい哉、敗戦の将、といったところかな
 しかし義景が従兄弟である朝倉景鏡の裏切りあって討死すると、景健は信長に降伏。
 姓を朝倉から安居に改めて、所領を安堵されている。

 ところが翌年の1574年(天正2年)には富田長繁の起こした越前一向一揆が拡大し、景健は降伏した。
 この越前一向一揆により、朝倉家の旧臣たちは次々に滅んでいくことになる。

 一時的に越前国は一揆の支配するところとなったが、翌年の1575年(天正3年)に、織田信長は再度越前へと侵攻を開始。

 一揆勢が不利になると、その指揮官であった下間頼照・下間頼俊らの首級を持参して再度、信長に対して助命を請うものの認められることなく、信長の命を受けた朝倉一門である向久家により自害させられた。

 景健の死により、その家臣であった金子新丞父子と山内源右衛門の3名が殉死したと伝わっている。

朝倉景健 関係年表

 1536年 朝倉景隆の末子として誕生。
 1570年 この頃、父・景隆や兄らが相次いで死去。
     姉川の戦いに総大将として参陣。
     志賀の陣。下坂本の合戦で功を挙げる。
 1573年 刀根坂の戦いで奮戦。
     主君・朝倉義景死去。
     織田家に降伏し、姓を安居と改める。
 1574年 越前一向一揆に降伏。
 1575年 自害を命じられる。