直江兼続 ~上杉家を窮地に陥れた奸臣か、天下三陪臣に恥じぬ名臣か

直江兼続 ~上杉家を窮地に陥れた奸臣か、天下三陪臣に恥じぬ名臣か

 直江兼続とは戦国時代から江戸時代にかけての武将。
 上杉家臣であり、米沢藩の家老。
 天下三陪臣の一人であり、また『直江状』により会津征伐及び、関ヶ原の戦いの発端となったことで知られている。

直江兼続(なおえ かねつぐ)
三盛亀甲に三葉
生年1560年(永禄3年)
没年1620年(元和5年12月19日)
改名樋口与六/與六(幼名)⇒兼続(初名)⇒直江兼続⇒重光
別名直江山城守 直江城州(通称)
主君上杉景勝
氏族中原姓樋口氏⇒直江氏
家紋三盛亀甲に三葉?
三盛り亀甲に花菱?
亀甲に花菱?
父:樋口兼豊
母:藤もしくは蘭子
兄弟兼続 大国実頼 樋口秀兼 きた(須田満胤室) 妹(色部光長室) 妹(篠井泰信室)
正室:船
景明 於松(本多政重正室) 女?(於梅?)
養子:本庄長房 本多政重 清融阿闍梨?
養女:阿虎(大国実頼女、本多政重継室、実姪) おまん御料人?(『兼見卿記』)

直江兼続とは

由羅
由羅
直江兼続は上杉家臣の中ではとても有名だよね!
陪臣、という立ち位置ながら、後世に大いに名を残しているからね
イリス
イリス
由羅
由羅
兼続が家康に喧嘩売った『直江状』なんかはよく知られているし、あと「愛」の字をかたどった兜は、色々奇抜な戦国武将の兜の中でも印象的だったよね
錆地塗六十二間筋兜と愛字に端雲の立物、だね。あと主君である上杉景勝を差し置いて、大河ドラマの主人公していたりするし
イリス
イリス
由羅
由羅
『天地人』だね。「愛」を重んじ、「義」を貫き通した武将・直江兼続! みたいな感じでやってたものね
視聴率はともかく、脚色がけっこうあって、史実として全て見てしまうとどうかな、とは思う出来だったけれど、ともかく直江兼続のイメージが現代に植えつけられる一因にはなっていたと思うよ
イリス
イリス
由羅
由羅
脚色?
色々と、ね。あと立物のせいで「愛」が強調されてはいるけれど、実際にはけっこう腹黒いところもあったようだから。そもそも前立ての「愛」は「LOVE」じゃなくて、愛宕神社の愛宕からきている、というのが通説だしね
イリス
イリス
由羅
由羅
なるほど、そうなんだ
見た目に騙されてはいけない、ということだよ。同じ大河ドラマなら『真田丸』に出てくる直江兼続の方が、それらしい気はするけれどね
イリス
イリス

来歴

樋口兼豊の子として

 直江兼続は1560年(永禄3年)に、樋口兼豊の長男として越後上田庄に誕生した。

 母親については諸説あり、上杉家重臣・直江景綱の妹であるという説や、信州の豪族・泉重歳の娘とする説などがある。

ちなみにそのどちらでもない可能性も、指摘されているよ
イリス
イリス
由羅
由羅
結局、母親に関してはよく分からない、ということだね
 1564年(永禄7年)、上田長尾家当主であった長尾政景が死去。

 政景の子である顕景は上杉謙信(当時は上杉輝虎)の養子となり、これに従って兼続も春日山城に入って、その小姓・近習として仕えたともされている。

由羅
由羅
顕景っていうのは、のちの上杉景勝のことだよね?
そうだよ。あと、謙信の実姉で景勝の母でもあった仙桃院の意思もあって、もっと幼い頃から兼続は景勝に近侍していたともいわれているの
イリス
イリス

直江氏を継ぐ

由羅
由羅
そういえば兼続って、最初の名字は「直江」じゃなくて、「樋口」なんだね
うん。いろいろあって、兼続は樋口家ではなく、直江家を継ぐことになっていくんだよ
イリス
イリス
 1578年(天正6年)、上杉謙信が死去する。
 これにより、謙信の養子であった上杉景勝と上杉景虎との間で家督を争うことになり、いわゆる御館の乱が勃発した。
由羅
由羅
上杉家の一大騒動だよね。この時から活躍していたの?
この時、兼続が何やっていたかはわからないの。よく、主君である景勝の家督継承を主導したみたいに書かれたり思われていた利するけれど、そんなことを裏付ける史料は無いから
イリス
イリス
由羅
由羅
年齢的にもまだ駆け出しだものね
 この乱が収束し、戦後処理が行われた1580年(天正8年)から、兼続が景勝の側近としての活動が史料に見られるようになっていく。

 そんな中、1581年(天正9年)に、景勝側近であった直江信綱と山崎秀仙が、乱の論功行賞のもつれにより毛利秀広に殺害されるという事件が起こった。

由羅
由羅
御館の乱の戦後処理は、結局のところうまくいかなかった、というわけだね。新発田重家なんかも反旗を翻しているし
 この事件で直江信綱は死去し、その妻であり直江景綱の娘であった船の婿養子に兼続がなることを景勝に命じられ、そのままでは断絶するしかなかった直江家の家督を継承し、以降、越後与板城主となって直江兼続と名乗ることになる。
以降の上杉家は、直江兼続と狩野秀治の二人による執政体制が確立していくことになったんだよ
イリス
イリス

 1582年(天正10年)、甲州征伐により武田勝頼は天目山にて自害。
 甲斐武田氏は滅亡した。

 武田家の遺領には織田家臣が配置されたものの、時を置かずにして本能寺の変が勃発。
 この明智光秀の謀反により、織田家当主・織田信長は横死する。

 これにより武田遺領は空白地帯となって、その遺領を巡って後北条氏や徳川氏らと争った天正壬午の乱が発生。

 この時兼続は、北信国衆や武田家の遺臣らを庇護し、それらの取次などの窓口を務めたという。

豊臣政権時代

 1584年(天正12年)の末頃より狩野秀治が病に倒れ、兼続は上杉家の内政や外交のほとんどを担うようになった。

狩野秀治が死去すると、兼続は完全に単独での執政を行うようになり、これは兼続が死去するまで続いたんだよ
イリス
イリス
由羅
由羅
上杉家中での兼続の影響力は、とんでもなく大きくなった、というわけだね
うん。これはもう、景勝との二頭政治に近いもので、家臣は景勝のことを殿様とか上様とか呼んでいたけれど、鐘靴のことも旦那と敬称していたそうだよ
イリス
イリス
 一方、御館の乱の論功行賞への不満から反乱した新発田重家と上杉家は、これまで激しい攻防が継続していた。
由羅
由羅
一家臣の反乱に、上杉家は手を焼いていたんだね
重家は織田家の柴田勝家と結んで挟撃の構えをみせていたこともあるし、何より重家自身が戦上手だったこともあるよ
イリス
イリス
 1583年(天正11年)には、新潟を巡って両軍は戦い、新発田勢の前に上杉勢は敗北する。

 新潟の地は当時湿地帯であったこともあって、豪雨により上杉方は敗北するに至ったが、これに対して兼続は当時の信濃川に支流の中ノ口川を開削し、網の目のように流れていた河川の川筋を定めるなどして新潟平野の基礎を作りつつ、次第に新発田勢を追い詰めていくことになる。

 1586年1月9日(天正13年11月20日)、新潟城と沼垂城から新発田勢を駆逐することに成功した。

新潟には重要な湊であった新潟湊があったから。これを失った経済的打撃は小さくなく、以降、新発田方は弱体していくことになるの
イリス
イリス
 そして1587年(天正15年)、兼続は藤田信吉らと共に五十公野城、新発田城を攻略し、新発田重家の乱は鎮圧されることになる。
ちなみに藤田信吉は、上杉家中にあって直江兼続のライバルのような存在だった人物だよ
イリス
イリス
由羅
由羅
そんなひといたんだ?
うん。ただ現代で兼続が評価されている一方で、信吉は奸物だの悪党だの変節漢だの散々に言われているよ
イリス
イリス
由羅
由羅
うわあ。実際はどうだったの?
上杉家中での功績は抜群。武功もいっぱい立てていて、優秀な人物だったようだよ。ただ関ヶ原前夜の時点で徳川家康との関係を巡って兼続と対立し、出奔したことで、そんなイメージが出来上がってしまったみたい
イリス
イリス
由羅
由羅
でも出奔しちゃうのはまずいよね?
兼続に家康に内通している、って讒言されちゃったんだもの。仕方ないかな
イリス
イリス
由羅
由羅
兼続って……そういうこともしてたんだ
腹黒い、っていわれるエピソードの一つだね
イリス
イリス
 1588年(天正16年8月17日)になると、景勝と共に上洛。
 須田満親や色部真長と共に、豊臣秀吉より豊臣姓を授けられている。

 1589年(天正17年)には、佐渡征伐に従軍。
 平定後、その功により佐渡の支配を命じられた。

 1590年(天正18年)には小田原征伐に従軍。
 後北条方の諸城を攻略した。

 1592年(文禄元年)より朝鮮出兵が開始。
 兼続も景勝と共に参陣し、いわゆる文禄・慶長の役において熊川倭城を築城するなどした。

由羅
由羅
兼続、大忙しだね
 一方、兼続は領内の内政においても力を注いだ。

 豊臣政権という安定した中で、戦乱で疲弊した越後国を回復させようと奔走したのである。

由羅
由羅
秀吉によって、一応は天下統一がなされたんだものね
うん。この頃に兼続は新田開発を奨励して、実際に開発は進み、現代で新潟県が米所になっているのもこの時に基礎ができたからだよ
イリス
イリス
由羅
由羅
他には何をしたの?
布の販売とか。当時はまだ木綿が普及していなくて、カラムシと呼ばれる植物から植物繊維を取り出して布を織って、これを京で売りさばいたことで莫大な利益を得たそうだよ。これらのおかげで一旦衰退していた越後国は、上杉謙信の時代の時の繁栄を取り戻したともいわれているから
イリス
イリス
由羅
由羅
兼続、頑張ったんだね
そうだね。ただしこの後、上杉家は越後から離れることになってしまうけれどね
イリス
イリス
 1598年(慶長3年)、秀吉の命により、上杉景勝は越後から会津120万石へと、加増された上で移封された。

 この際に兼続にも、出羽米沢に6万石の所領を与えられたという。

由羅
由羅
越後は失ったけれど、加増されての国替えならいい話なんじゃないの?
そうとも言えないのがこの移封。移動先は元々伊達氏の領地だったりしたところで、伊達政宗はもちろん、領地を接する最上義光との衝突の可能性もあり、ついでに関東の徳川家康の監視という重大任務を科せられていたわけだから
イリス
イリス
由羅
由羅
名将ばっかりが相手じゃない
その通り。だからこの先の家康との対立や、会津征伐、そして慶長出羽合戦などは必然だった、ともいえるかもしれないね
イリス
イリス

会津征伐

 1598年(慶長3年8月18日)、豊臣秀吉が死去。
 これにより徳川家康が台頭するようになっていく。

由羅
由羅
国替えになってすぐだよね
そう。そしてこの会津へ移封になった際に兼続がやらかしたことが、関ヶ原の戦いの原因の一つになっていくんだよ
イリス
イリス
 本来国替えを行う場合、引き継ぎのために年貢を半分残していかなければならなかった。
 ところが兼続は景勝に無断でこれを全て持ち出ししまったのである。
由羅
由羅
え? それって大丈夫なの?
大丈夫じゃないよ。上杉景勝の後に越後に入ったのは堀秀治だったんだけれど、いざ来てみれば残っているはずの年貢が一つもない。どうやら上杉家が全て持ち逃げしてしまった様子。……普通、怒るでしょ?
イリス
イリス
由羅
由羅
怒るよね
秀治も最初は返せって訴えたのだけど、上杉方はこれを無視。とうとう怒った秀治は、上杉家が謀反しようとしている、と家康に訴えた、という流れだね
イリス
イリス
 これを受けて家康は上杉家を詰問。
 この時、兼続による返書・直江状こそが、家康を激怒させ、会津征伐の決断せしめるものとなったとされている。
由羅
由羅
出た。直江状! 喧嘩上等かかってこいや、的な
有名な直江状だけど、現在残っている内容は後世に改竄されたものではないか、という説もあるみたい。もっとも、家康を怒らせた兼続の書状自体は確かにあったのではないか、ともいわれているよ
イリス
イリス
由羅
由羅
兼続もなかなかだよねえ。突っ込まれる原因を自ら作っておきながら、家康を煽って出兵を招くんだから
兼続がどういう意図で年貢を全て持ち出したりしたのかは分からないけれど、このあたりが主家を窮地に陥れることになったことは確かで、主君、つまり景勝を誤らせた奸臣とか言われる原因の一つではあるよ
イリス
イリス
由羅
由羅
なんか腹黒だよね。「愛」を重んじ、「義」を貫き通した武将・直江兼続! はどうしちゃったの?
それはあくまで一部のドラマのイメージだから。この時代、愛や義だけでは生きていけないということだよ
イリス
イリス
由羅
由羅
いったん天下統一されたといっても、やっぱり戦国時代はまだ終わっていないっていう感じだね
 家康は会津征伐を決行。
 これに対し兼続は、越後で一揆を誘発させて東軍を迎撃させる戦略を練る。
由羅
由羅
越後って、つい最近までいたところだから、みんな言うこと聞くものね
……この越後で起こった一揆を上杉遺民一揆、とも称するのだけど、これは堀家が越後に転封された後、すぐに検地を行ったり、これまでより税を重くしたり、無税だったものに課税したりして、民の恨みを買っていたこともあって、一揆の温床ができあがっていたの
イリス
イリス
由羅
由羅
確かに領主が変わってすぐにそんなことされたら、不満が溜まるよね
でも堀家がそうせざるを得なかったのは、兼続は年貢を全て持ち逃げしたせいで、財政が困窮していたからだし
イリス
イリス
由羅
由羅
うぁ。じゃあ一揆の遠因って、兼続じゃないの……?
一揆になるような原因を予め作っておいて、後で扇動したわけだね
イリス
イリス
由羅
由羅
は、腹黒い……
狙ってやったのなら、策士だよね
イリス
イリス
 こうして会津征伐が行われるかにみえたが、ここで石田三成が家康に対して挙兵。
 これにより家康は上杉征伐を中止しすることになる。

 この頃、越後では堀秀治と一揆勢が戦っていたが、三成挙兵に合わせて秀治は撤退し、東軍方の前田利長を攻める構えをみせた。

由羅
由羅
敵のはずが、まさかの味方になったわけだね
 石田三成からも、秀治が西軍方についたことを知らされた兼続は、一揆勢に対して堀家への攻撃を中止させる。

 その上で、東軍方の最上義光の所領である山形に対し、自ら総大将として三万の兵を率い、侵攻を開始した。

 ところが越後の堀秀治の動きは実は策略で、すぐにも東軍方への参戦を明確にし、動きの止まっていた一揆勢に対して急襲。
 兼続は事態に気づいて一揆を扇動しようとするものの間に合わず、秀治によって一揆勢は壊滅させられたのだった。

由羅
由羅
兼続もいっぱいくわされたわけだね
この一揆を壊滅したことで越後の不安要素を取り除くことができた堀家は、その後の統治がとてもやりやすくなったともいわれているよ
イリス
イリス
由羅
由羅
結果だけをみると、兼続の策謀が裏目に出た、といった感じだよね

慶長出羽合戦

長谷堂合戦図屏風右隻
『長谷堂合戦図屏風 右隻』

長谷堂合戦図屏風左隻
『長谷堂合戦図屏風 左隻』

由羅
由羅
そして北の関ヶ原、慶長出羽合戦開始!
 上杉家と最上家はもともと庄内地方を巡って争っていたこともあり、その関係は険悪だった。

 家康の会津征伐に呼応して、東北の諸将は最上領に集結していたものの、家康が反転したためその戦力は激減。

 危機感を覚えた最上義光は、上杉との和議の使者を送るなどして時間を稼ぎつつ、その間に東軍諸侯と連携して先制攻撃を目論む。

 これに気づいた兼続は、その機先を制して攻撃を開始。
 圧倒的兵力で諸城の攻略に取り掛かる。

 しかし最上方は激しく抵抗。
 まず畑谷城を攻略。
 その上で志村光安が守る長谷堂城と、里見民部が守る上山城を攻めたものの、これもまた頑強に抵抗され、これを攻略することは叶わずに上杉方は多数の被害を出すことになる。

この長谷堂城の戦いでは、最上方1千に対し、上杉方は1万八千。圧倒的兵力差での力攻めは短期決戦を意図したものだったけれど、落とすことはできなかったの。またこの時の最上方の将・鮭延秀綱の戦いぶりは、兼続をして「鮭延が武勇、信玄・謙信にも覚えなし」とまで言わしめて、あとで褒美を遣わせたほどだったそうだよ
イリス
イリス
 ともあれ攻略できないまま長谷堂城にて足止めされ、そしてついに関ヶ原において、三成率いる西軍が大敗したとの報がもたらされた。

 これを知った兼続は自害しようとしたものの、前田利益(前田慶次)に諫められて撤退を決意。

 この動きに対して最上・伊達連合軍は追撃戦を開始する。

兼続が自ら殿となって退却を助け、奮戦し、激戦となりながらも無事撤退を成功をさせたんだよ
イリス
イリス
 この撤退戦は後世までの語り草となるほど見事なもので、敵将であった最上義光や徳川家康でさえも、これを大いに賞賛したという。
兼続は東北の大名である伊達氏や最上氏を屈服させた後、関東を目指すという戦略のもとに軍事行動をとっていたものの、関ヶ原本戦の敗北により、その方針を降伏へと転換することになるんだよ
イリス
イリス

江戸時代

 1601年(慶長6年7月)、兼続は景勝と共に上洛して家康に謝罪。

 景勝は家康に罪を許され、出羽米沢30万石へ減移封となりつつも、上杉家は存続となった。
 以降は徳川家に忠誠を誓うことになる。

 1608年(慶長13年1月4日)、兼続は重光に改名。

 兼続は土地の開墾のために治水事業に力を入れて、直江石堤と呼ばれる谷地川原堤防を設けたとされる。

こういった兼続の事業により、30万石が表高のところ、実際には51万石まで石高を増やしたともされているよ
イリス
イリス
 これらにより、米沢藩の藩政の基礎を築いたという。

 また上杉家と徳川家の融和のために、徳川家重臣であった本多正信の次男・政重を兼続の娘の婿養子にし、交流を持って1609年(慶長14年)にはその正信の取り成しによって、三分の一にあたる10万石分の軍役が免除されるという功を上げ、上杉家に貢献した。

 1614年(慶長19年)には大坂の陣が勃発。
 徳川方として参戦し、武功を挙げている。

 そして1620年(元和5年12月19日)、江戸鱗屋敷にて病死。享年60。
 兼続の死を知った幕府は、賭典銀50枚を下賜したという。

兼続の死後、直江家は断絶してしまうの
イリス
イリス
由羅
由羅
どうして?
兼続の嫡男であった直江景明は、兼続に先立って1615年(慶長20年7月12日)に病死してしまっているから。享年22で子どもはいなかったみたい。兼続の婿養子の本多政重と、景明誕生以前に兼続の養子であった本庄長房の2人は共に加賀藩へと出奔していたことから、無嗣断絶となったんだよ
イリス
イリス
由羅
由羅
そうなんだ
確証はないのだけど、兼続は兼続なりに上杉家の大幅な減封を招いたことに対する責任を感じていたこともあって、上杉家中では高禄であった直江家の知行を返上することにより、少しでも上杉家の財政を助けようとして、意図的に断絶したのではないか、とも考えられているみたい
イリス
イリス
由羅
由羅
そういうのを聞くと、ひとかどの人物のような気もするね
主君であった景勝とは理想的な君臣関係であったというし、本当に上杉家のことしか考えてなかったんだろうね。だから見方によってはまさに義に生きた、とも言えるし、でも結果的には奸臣だった、とも批判されることもあったのかもしれない。でも現代において、その評価はおおむね高く、良いものだよ
イリス
イリス

直江兼続画像

直江兼続