築山殿 ~家康正室、瀬名姫

築山殿 ~家康正室、瀬名姫

 築山殿とは戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。
 徳川家康の正室としても知られている。

築山殿(つきやまどの)
丸に三つ葉葵(徳川葵)
生年不詳
没年1579年(天正7年8月29日)
別名築山御前 駿河御前
氏族徳川氏
家紋徳川葵
父:関口親永
母:今川義元の妹(養妹で井伊直平の娘とも)?
信康 亀姫

築山殿とは

由羅
由羅
築山殿っていえば、天下をとった徳川家康の正室として有名だよね
うん。ちなみにちゃんとした名前は分かっていないの。一般的には築山殿とか、築山御前とか、または駿河御前なんて呼ばれているけれど
イリス
イリス
由羅
由羅
この時代、なかなか女性の名前って残らないからね……

来歴

出自

 築山殿の生年は分かっていない。

 父親は今川刑部少輔家であった関口親永で、駿河今川氏の有力家臣であった。

 母親は主君・今川義元の妹、もしくは養妹であるとされ、築山殿は義元の姪に当たることになる。

一方で井伊直平の娘、または孫娘であったとされ、一度今川義元の側室となった上で、養妹とし、関口親永に嫁いだともいわれているよ
イリス
イリス
由羅
由羅
複雑だよねえ……

徳川家康との結婚

 1557年(弘治3年)に、当時今川氏の人質となっていた松平元信(徳川家康)と結婚。

 1559年(永禄2年)には長男・松平信康を、1560年(永禄3年)には長女・亀姫を出産している。

桶狭間の戦い

 1560年(永禄3年)に桶狭間の戦いが今川氏と織田氏の間で勃発し、今川義元は討死した。

 これにより家康は今川からの独立を期して岡崎に帰還。
 その上で織田信長と清洲同盟の締結に至る。

 このことが義元の跡を継いだ今川氏真の怒りを買うことになり、築山殿の父・親永は自害する憂き目に遭ったという。

由羅
由羅
まあ、普通は怒るよね

 築山殿は家康配下の石川数正が駿河に赴き氏真を説得。
 鵜殿氏長、鵜殿氏次と築山殿母子との人質交換を申し入れ、駿府より岡崎へと移り、難を逃れたという。

こうして家康の元に戻ることができた築山殿だけど、岡崎に移っても、岡崎城ではなく城外の西岸寺に居住したことなどから、今川氏との手切れの際に離縁された可能性も指摘されているよ
イリス
イリス
由羅
由羅
まあ、浅井長政なんかも六角氏と手切れになった際に、正室を離縁して送り返しているものね
状況次第、夫婦次第、かな。大坂の陣の時などでは、豊臣と徳川は敵同士なったけれど、秀頼正室の千姫は離縁されることなく留まったわけだし
イリス
イリス
 1567年(永禄10年)に織田信長の長女・徳姫と、築山殿の長男・信康が9歳同士で結婚。

 1570年(元亀元年)には信康が嫡子となって岡崎城へと移ったことから、築山殿も岡崎城に入ったという。

暗殺

 その後家康は、本拠を遠江国の浜松に移しましたが、築山殿は信康と共に岡崎に残ることになる。

 信康と徳姫の間には、登久姫や熊姫といった姫が誕生たが、息子は生まれず、築山殿は心配して元武田家臣で浅原昌時の娘や日向時昌の娘などを側室として迎えさせている。

 1579年(天正7年)、徳姫に関する讒言を築山殿が信康に対してしたことや、築山殿と唐人医師・減敬との密通、また武田家との内通があったなどして、徳姫は12ヶ条の訴状を信長に送付。

 これを受けた信長は家康に対し、信康の処刑を命じた。

 これにより築山殿は岡本時仲と野中重政によって暗殺され、信康もまた二俣城にて切腹するに至ったという。

由羅
由羅
これだけ聞くと、とんでもない嫁姑戦争だよね。姑を殺させる嫁の実家も凄いけど
嫁姑どころか、息子の信康まで切腹の憂き目に遭っているからね。家康はよく信長の要求を受け入れたと思うよ。……とはいえ、これはあくまで通説。この件に関して色々と異論の余地はあるみたいだよ
イリス
イリス

冤罪か、それとも

 通説ではこのように築山殿は最期を迎えたが、12ヶ条の訴訟にあるような疑惑に関し、確かな史料ではそのような記事は見当たらないとし、冤罪の可能性も指摘されている。

 築山殿・信康と徳姫が不和や家康と信康の対立などから、信康をかついで叛意を抱くものや、信康のもとにいるが家康に忠実なもの、または信康の器量に対して危ぶんで反感を持つものなど、家中が混乱し、粛清のために件の通説は作り上げられたのではないか、という説もある。

築山殿の評価

そんな築山殿だけど、後世ではいろいろ言われているかな
イリス
イリス
由羅
由羅
悪女の類だった、なんても言われているけれど、どうしてなの?
後世に成立した史料で、色々悪し様に書かれているからだね。例えば『玉輿記』では「生得悪質、嫉妬深き御人也」、『柳営婦人伝』では「無数の悪質、嫉妬深き婦人也」、『武徳編年集成』では「其心、偏僻邪佞にして嫉妬の害甚し」、『改正三河後風土記』では「凶悍にてもの妬み深くましまし」、みたいな感じで
イリス
イリス
由羅
由羅
とにかく妬み深い、って印象だったんだね
これが真実かどうかはともかく、そんなイメージが現代でも引き継がれているんだと思うよ
イリス
イリス