美濃斎藤氏と家紋【撫子・二頭波頭立波】

美濃斎藤氏と家紋【撫子・二頭波頭立波】

 斎藤氏とは平安時代中頃の鎮守府将軍藤原利仁の子・叙用が齋宮頭であったことに由来する苗字。
 藤原利仁の後裔は越前・加賀をはじめ、北陸各地に武家として発展した。
 中でも美濃斎藤氏は越前斎藤氏の庶流・河合系斎藤の赤塚氏が、美濃目代として越前から移り住んだことに始まったとされている。

斎藤氏(さいとうし)
撫子
【撫子】
二頭波頭立波
【二頭波頭立波】
本姓藤原北家利仁流
家祖斎藤祐具
家紋撫子
二頭波頭立波(斎藤道三使用家紋)
出身地越前国
著名人物斎藤妙椿 斎藤道三
支流長井氏 井上氏 花村氏

斎藤氏とは

由羅
由羅
戦国時代で斎藤氏といえば、斎藤道三などの美濃斎藤氏が有名だね
そうね。ただ斎藤氏というのは北陸一帯に勢力を誇った氏族で、特に越前国を中心としているの。美濃斎藤氏も、元を辿れば越前斎藤氏の中の、足羽郡河合郷を本拠とした河合斎藤氏に行き着くのだから
アルティージェ
アルティージェ
由羅
由羅
越前国っていったら、美濃国のお隣さんだしね
そういうことを踏まえた上で、ここでは美濃斎藤氏について話していくわね
アルティージェ
アルティージェ

美濃守護代

 美濃斎藤氏は越前斎藤氏の庶流・河合系斎藤の赤塚氏が美濃目代として移住したことに始まるといわれている。

 室町時代になると、美濃守護であった土岐氏に仕え、それまで美濃守護代であった富島氏を斎藤宗円が誅殺し、以降は斎藤氏が守護代となったとされる。

ここで登場するのが、宗円の子である斎藤妙椿よ
アルティージェ
アルティージェ
由羅
由羅
斎藤妙椿?
斎藤氏を主家である土岐氏以上の勢力を築いた人物よ。「無双の福貴、権威の者なり」なんて言われたそうね
アルティージェ
アルティージェ
由羅
由羅
斎藤道三と並んで著名な人物、ってことだね
時代が違うし血縁関係も無いけれど、その二人が美濃斎藤氏を代表する人物であることには違いないわね
アルティージェ
アルティージェ
 宗円の子である斎藤妙椿は兄であった斎藤利永の死後、甥で守護代を継いだ斎藤利藤を後見。
 土岐氏家臣でありながら室町幕府奉公衆となって足利氏にも仕え、主君であった美濃守護・土岐成頼の官位をも上回ったという。
ちなみに妙純自身は守護代にはなっていないから
アルティージェ
アルティージェ
由羅
由羅
惣領家ではなかったけど、それ以上の活躍をしたひとってわけだね。何だか越前朝倉氏の朝倉宗滴みたいなひとだね
似てなくはないわね
アルティージェ
アルティージェ
 妙椿は1467年(応仁元年)に勃発した応仁の乱で西軍として活躍。各地を転戦した。

 その跡を継いだのが、甥に当たる斎藤妙純であったが、美濃守護代の座を争って内紛を起こしている。
 妙純は1495年(明応4年)の舩田合戦に勝利するものの、翌年に六角高頼を討伐するため近江に出陣し、戦死した。
 そのため斎藤家内での内紛が再発し、斎藤氏の勢力は衰えていくことになる。

そこで台頭してきたのが、庶流であった長井氏だったというわけね
アルティージェ
アルティージェ
由羅
由羅
長井氏っていうと、もしかして
そうよ。長井規秀。つまりは斎藤道三のことね
アルティージェ
アルティージェ

斎藤道三

 長井長弘の家臣であった長井規秀が1539年(天文8年)、頭角を現して斎藤氏の名跡を継ぎ、斎藤新九郎利政を名乗ることになる。

 斎藤利政こと斎藤道三は守護であった土岐頼芸を追放し、美濃を横領。
 美濃の国主となって戦国大名となる。

道三が典型的な下克上大名といわれる所以ね
アルティージェ
アルティージェ
 しかし1556年(弘治2年)、子の斎藤義龍と対立して長良川の戦いにて敗死。
 美濃国は義龍が引き継いだものの早世し、その跡を継いだ斎藤龍興織田信長による美濃侵攻により美濃を追われ、越前の朝倉義景を頼ったという。
由羅
由羅
でも朝倉家って……
そう。朝倉家は信長によって1573年(天正元年)に滅ぼされているわ。竜興もそれを運命を共にして、ここに戦国大名としての斎藤家は滅亡したといえるの
アルティージェ
アルティージェ

織田家臣として

 斎藤道三と斎藤義龍による対立の際、道三の末子であった斎藤利治が尾張国に亡命し、織田家に仕えた。
 そのため利治が斎藤家の家督を継承したとも考えられている。
 しかし1582年(天正10年)に本能寺の変が勃発。
 利治は主君であった織田信忠と共に討死したという。

斎藤氏のその後

由羅
由羅
斎藤氏って、本能寺の変を最後に滅亡してしまったの?
そうでもないわ。道三流斎藤氏では利治の子の義興が生き残って、その子孫は岡山藩士として続いたから
アルティージェ
アルティージェ
由羅
由羅
他には?
あとは明智光秀の重臣と知られている斎藤利三ね。こちらは道三が斎藤氏を名乗る前の美濃斎藤氏の流れをくんでいる人物で、山崎の戦いで戦死したけれど、その娘の斎藤福が江戸幕府で重きを為したことは有名なことよね
アルティージェ
アルティージェ
由羅
由羅
斎藤福って……
江戸幕府3代将軍・徳川家光の乳母、春日局
アルティージェ
アルティージェ

撫子

撫子
【撫子】
美濃斎藤氏が用いたとされるのが撫子紋よ。これは越前斎藤氏である疋田斎藤氏や河合斎藤氏なども使用していたとされるわ
アルティージェ
アルティージェ
由羅
由羅
撫子っていうと、大和撫子なんて言葉が今でもよく使われるよね
日本人女性の美しさを撫子という植物の花に例えて、奥ゆかしさや内に秘めた強さを兼ね備えた女性を意味する言葉として、昔から使われているのよね。それだけ魅力的な花であり、家紋として図案化されたとは当然だったともいえるわ
アルティージェ
アルティージェ
由羅
由羅
でも道三の子だった斎藤義龍なんて、2m近くの巨漢だったんでしょ? 大和撫子っていわれても、イメージが……
つまらない想像はしないことね
アルティージェ
アルティージェ

二頭波頭立波

二頭波頭立波
【二頭波頭立波】
由羅
由羅
な、なんて読むのこれ?
にとうなみがしらたつなみ、ね。斎藤道三が自らデザインしたとされている紋で、主な使用者は道三自身よ
アルティージェ
アルティージェ
由羅
由羅
義龍は使わなかったの?
親殺しをしている義龍が、その汚名を受けないように一色姓まで名乗ったというのに、敢えて道三に関わるような家紋を使用するとも思えないわね
アルティージェ
アルティージェ
由羅
由羅
そっかあ……そうだよね

斎藤氏一門関連人物