福井城(北ノ庄城・柴田神社)

福井城(北ノ庄城・柴田神社)

 福井城とは現在の福井県福井市にあった平城。
 江戸時代において、越前松平氏の居城、城下町として栄えた。
 本丸と二の丸の縄張りは徳川家康のもととして伝わる。
 現在では本丸と石垣と堀を残して、二の丸や三の丸は消滅し、市街地となっている。また本丸跡には福井県庁舎が建つ。
 越前松平氏による前に、柴田勝家によって築城された北ノ庄城についても併記する。

福井城(ふくいじょう)
福井城天守台・福の井
福井城天守台と福井の語源となった福の井
別名北ノ庄城
城郭構造輪郭式平城
天守構造柴田氏北ノ庄城:不明 7層(9層?)
福井城:望楼型4重5階
築城主柴田勝家
築城年1575年(天正3年)
主な改修者結城秀康
主な城主柴田勝家 越前松平家
廃城年1871年
遺構石垣 土塁 堀
指定文化財無し
地図

福井城(北ノ庄城)とは

由羅
由羅
福井城といえば、現在の福井県福井市、かつての越前国にあったお城だね
当初は北ノ庄城とも呼ばれていたそうだ。もともとは柴田勝家が1575年(天正3年)に築城したのが始まりで、それを「柴田氏北ノ庄城」と称するのならば、その跡地に結城秀康が築城、または改築したものを「結城氏北ノ庄城」と称するべきかな
色葉
色葉
由羅
由羅
時代によって二段階になっている、というわけだね
とはいえこの二つはまったく別物、として解釈されることもあるそうだぞ
色葉
色葉
由羅
由羅
どうして?
「柴田氏北ノ庄城」の調査がほとんど進んでいないからだ。だから現状ではとりたてて区別せず、さしあたっては同じものとして認識していることになる
色葉
色葉
由羅
由羅
なるほど。調査待ちというわけだね
現在は福井市街と化してしまっているから、調査も難しいだろうがな。ちなみに福井城という名称は、のちに北ノ庄城から改名されたことによるぞ
色葉
色葉
由羅
由羅
そんな福井城に行ってきたから、解説を兼ねて紹介だね。あと福井城は2017年(平成29年)4月6日に「続日本100名城」(137番)に選定されているよ!

柴田氏北ノ庄城

朝倉氏の滅亡から柴田氏の支配まで

 戦国時代、越前国は元々朝倉氏によって支配されていたが、当主であった朝倉義景は織田家と対立し、その軍勢によって攻め滅ぼされた。

 織田信長は越前国支配のために、朝倉氏旧臣であった前波吉継(桂田長俊)を一乗谷の守護代に任命する。

 そして明智光秀や羽柴秀吉、滝川一益らを、北ノ庄の朝倉土佐守景行跡の館に配置したという。

この頃の北ノ庄の地には、簡易な簡易な前線基地か、砦程度の物しかなかったと推測されているぞ
色葉
色葉
由羅
由羅
当時はまだ大したものは無かった、というわけだね
 その後、越前国において越前一向一揆が発生。

 織田家は一時的に越前国を失陥するも、のちにこれを平定し、その功績によって織田家臣であった柴田勝家が、越前49万石を与えられたという。

 勝家は自らの縄張りによって1575年(天正3年)に、北ノ庄城の築城を開始した。

柴田勝家
柴田勝家

城郭構造と笏谷石

それまで越前国の中心は一乗谷だったが、その中心が北ノ庄に移ったことで、一乗谷は急速に衰退し、埋もれていくことになったそうだ
色葉
色葉
由羅
由羅
おかげで現在、一乗谷朝倉氏遺跡として、戦国時代の良好な以降が残っていることで有名になったんだよね
 勝家の築城した北ノ庄城は、足羽川と吉野川が合流した位置に築かれ、堀の一部として足羽川を用いたと考えられている。

 天守は7層。一説では9層ともされ、織田信長の居城であった安土城に匹敵する巨城であったという。

由羅
由羅
またとんでもない大きなものを作ったんだね
それだけじゃなく、城の屋根を石の瓦によって葺かれており、その独特な色合いで城の美観を増していたらしいぞ
色葉
色葉
 宣教師のルイス・フロイスによると、1581年(天正9年)に北ノ庄を訪問した際に、

「城及び他の屋敷の屋根が全てことごとく立派な石で葺かれており、その色により一層城の美観を増した」

 との記録が残されている。

この記録で出て来る「立派な石」というのは、近くの足羽山で産出される笏谷石のことだな
色葉
色葉
由羅
由羅
笏谷石?
約1700万年前の火山活動によって噴出した火砕流に含まれていた、火山岩や灰などが堆積して凝縮した石のことだ。特徴として柔らかくて加工し易く、普段は青緑色さが、水に濡れると深い青色に変化する特徴を持っているらしい
色葉
色葉
由羅
由羅
色が変わるんだ。凄いね!
 この笏谷石製の瓦については、勝家の養子、柴田勝豊によって築城された丸岡城の天守も同様である。

柴田氏の滅亡

 安土城下の二倍の規模もあるとされた北ノ庄城下であったが、1583年(天正11年)、賤ヶ岳の戦いにて勝家は羽柴秀吉に敗れ、妻であったお市の方と共に自害。
 城には火が放たれ、建造物のほぼ全てが焼失したという。

 勝家を攻め滅ぼした秀吉が、そのすぐ後に毛利家臣の小早川隆景に送った書簡によると、「城中に石蔵を高く築き、天守が九重」との記述があり、これが当時の北ノ庄城の構造を知る一つの手がかりになっている。

とはいえ「九重」には「何段にも重なる」という意味もあるから、文字通り九層であったかどうかは断定できないがな
色葉
色葉
 その後、北ノ庄城の跡地に結城氏によって新たな北ノ庄城が築城されることになった。
 そのため柴田氏時代の遺構を見ることは適わなくなっている。
ただ、1993年(平成5年)より6回に渡る発掘調査の結果、本丸があったのではないかとされる現在の柴田神社の地下より、石垣の跡らしき石組が発見されはしたが、それでも本丸の正確な位置を完全に特定することは、今でもできてないようだな
色葉
色葉
由羅
由羅
その柴田神社にも行ってきたから、ちょっぴり紹介ね!

柴田神社

柴田神社 拝殿
柴田神社 拝殿

 柴田神社(しばたじんじゃ)とは、福井県福井市にある神社。
 柴田勝家を主祭神とし、妻の市を配祀している。境内には、市の三人の娘を祀る三姉妹神社がある。
鎮座地は勝家の居城であった北ノ庄城の本丸跡地と伝えられている。作られた時代は不明だが、勝家や市を祀る石祠があり、北ノ庄城の跡に築かれた福井城内の神祠として保護されてきた経緯がある場所だ
色葉
色葉

柴田神社 本殿・三姉妹神社
柴田神社 本殿・三姉妹神社
由羅
由羅
拝殿の裏に回ると、本殿と三姉妹神社があるよ
 1890年(明治23年)に、旧福井藩主松平春嶽や旧藩士、住民らの発意により小祠のある場所に神社が作られ、「柴田神社」としたとされている。
その後、福井市は大火や戦火、福井大地震などの震災などの被害を多く受けることになるが、社殿が焼失する度に氏子によって再建されてきたとされるぞ
色葉
色葉
由羅
由羅
不屈だね~
何せそんな福井市の精神を示すためにも、福井市市民憲章は不死鳥がデザインされているくらいだからな
色葉
色葉
由羅
由羅
福井は滅びぬ! 何でも蘇るさ! のアレだね
 1998年(平成10年)より、老朽化した社殿および境内社・稲荷神社が建て替えが行われ、新たに境内社・三姉妹神社が作られた。
由羅
由羅
だから全体的に綺麗で新しい印象があったんだね
その際に福井市による境内の発掘調査が行われたんだ。そして北ノ庄城の石垣の一部が発掘され、この地が伝承通りに北ノ庄城の跡地であることが判明したわけだな
色葉
色葉

柴田北ノ庄城石垣遺構
柴田北ノ庄城石垣遺構
由羅
由羅
石垣はあったけど、ちょこっとしか無かったんだよね
案内板にもあったと思うが、元々は高く積まれていたんだ。しかし結城秀康が新たに城を作る際に転用されて、残ったのは根石の部分のみだった、というわけだな
色葉
色葉

柴田北ノ庄城石垣遺構 案内板
由羅
由羅
ちなみにここには社の他に、縁の人物の像がたくさん設置されているよ。まずは柴田勝家その人から!

柴田勝家

柴田勝家
由羅
由羅
渋くて格好いいね! お次は勝家の妻のお市の像だよ

お市の方
お市の方
柴田勝家の正室だな。以前は浅井長政の正室で、織田信長の妹という人物だ。戦国一の美女であったとしても有名だぞ
色葉
色葉
由羅
由羅
勝家、やるよねえ
次は浅井三姉妹か
色葉
色葉

浅井三姉妹
浅井三姉妹
由羅
由羅
真ん中が、左が茶々、右がだね。そして左端に映っているのがお市の方で、右端の後方に映っているのが、勝家だよ
母親である市が柴田勝家に嫁いだ際に、一緒に移り住んだとされている三姉妹だな。この三姉妹は浅井氏、柴田氏という二度に渡る戦国大名の没落や、両親の死を経験し、さらにはのちの豊臣氏と徳川氏の覇権争いに深く関わったことで、母・市と共に戦国時代の女性の代名詞として知られているぞ
色葉
色葉
由羅
由羅
あと境内には柴田勝家の異名「瓶割り柴田」にちなんだ瓶割祈願ができるところがあったよ

瓶割祈願

結城氏北ノ庄城(福井城)

結城秀康による築城

結城秀康
結城秀康

 1600年(慶長5年)、徳川家康の次男・結城秀康が越前68万石を拝領。
 これにより翌1601年(慶長6年)に、居城として北ノ庄城の築城に着手する。

 それまで結城姓であった秀康も、1604年には松平姓を名乗ることを許されて、御家門の居城として相応しいものになるように、全国諸大名による御手伝普請によって、約6年の歳月をかけて完成に至った。

完成した城の規模は、東は現在の荒川、南は足羽川、北は加賀口馬出まで2キロメートル四方に及ぶものだったそうだ
色葉
色葉
由羅
由羅
かなりの規模だよねえ
本丸には4重5階の天守があったそうだが、1669年(寛文9年)に焼失して、以降は再建されることは無かったそうだ
色葉
色葉
由羅
由羅
どうして再建されなかったの?
藩の財政悪化や、幕府への配慮などからだな
色葉
色葉

福井への改名と福の井

 1624年(寛永元年)、福井藩第3代藩主・松平忠昌によって、「北ノ庄」から「福居」に改名。さらに後年、「福井」に改名された。

由羅
由羅
どうして名前を変えたりしたの?
北ノ庄の「北」の字が、「敗北」の「北」にあたり不吉だとして、改名されたそうだな。まあこれに関しては諸説あるわけだが。ちなみに現在の福井城の跡には、「福井」の語源となった「福の井」が現存しているぞ。福井市の市章は、この井戸と北ノ庄の「北」を掛け合わせてデザインされているとのことだ
色葉
色葉

福の井
福の井

福の井 案内板

天守

 本丸北西隅に天守曲輪と天守台の2段の石垣をついて、望楼型4重5階の天守が建てられたとされる。

高さは天守台も含めて約37メートル。白漆喰総塗籠の外壁仕上げだったそうだ
色葉
色葉
 しかし1669年(寛文9年)に焼失。
 以降は類焼した本丸南西隅の2重巽櫓を3重に再建し、天守の代用としたという。

福井城天守台
福井城天守台

福井城天守 案内板
福井城天守 案内板

福井城天守台石垣
福井城天守台石垣

福井城天守石碑
福井城天守石碑
ちなみに天守台の石垣を見ると、ずれて隙間ができているのを確認することができるぞ
色葉
色葉
由羅
由羅
確かにずれてたね
福井城天守台石垣
福井城天守台石垣 地震の爪痕
これは福井地震で、石垣の一部が崩壊した結果だ。現在もその傷痕をそのまま残しているというわけだな
色葉
色葉
由羅
由羅
福井地震?
関東大震災や阪神淡路大震災、そして東日本大震災に並ぶ、日本の災害史上最悪クラスの震災だ。現代においても東日本大震災や阪神淡路大震災に次ぐ、戦後三番目の規模の震災だが、その被害率は類を見ないもので、震源地となった現在の坂井市では死者が人口の5%に及んだという、大惨禍だったというぞ
色葉
色葉
由羅
由羅
とんでもなかったんだね
阪神淡路大震災時の神戸市の死者が、人口の約0.3%だったことを踏まえれば、どれほどの被害率だったかは想像に難くないだろう
色葉
色葉
由羅
由羅
とにかくそんな大地震だったから、石垣にも被害が出たわけだね
現存12天守の一つとして知られる丸岡城などは、完全に倒壊してしまったほどだったからな
色葉
色葉

石垣

 石垣は天守台、大手門、櫓台、隅角部といった重要な部分は切込はぎ積となっており、その他の城壁は打込はぎ積になっている。

由羅
由羅
そういえば、天守台の石垣はとても精緻に加工されて積まれていたものね
石垣の構築には、穴太積みで知られている穴太衆も携わっていたことが推測されている。さすがに天下普請で築城された城だけあって、石垣一つ見てもしっかりとしているのが分かるな
色葉
色葉
由羅
由羅
ちなみに天下普請で作られたお城といえば、福井城の他には江戸城、名古屋城、大坂城、高田城、駿府城、伊賀上野城、加納城、彦根城、膳所城、二条城、丹波亀山城、篠山城だね

遺構

 明治維新後の1871年(明治4年)、福井藩は福井城の解体を幕府に願い出ることになる。

 跡地は1873年(明治6年)に陸軍省の管轄になったものの、旧福井藩士たちが1879年(明治12年)んび借り受けて、開墾を進めた。

 1890年(明治23年)、越前福井藩第17代の藩主であった松平茂昭は福井城跡を買い戻すことになる。

 1893年(明治26年)には旧福井藩主家(越前松平家)第18代当主・松平康荘によって旧城内に農業試験場「松平試農場」が設立。これは1921年(大正11年)に金津駅東細呂木村山室口に移転されるまで続いた。

現在の福井城は、すでに外堀は埋められて無く、内堀、石垣、天守台などの遺構が残っている状況だ。また本丸跡には福井県庁、県会議事堂、県警察本部があるな
色葉
色葉
由羅
由羅
おかげで日本一強固な県庁だとも言われているよね
揶揄の類ではあるがな
色葉
色葉
由羅
由羅
でもおかげで残された遺構はしっかりと綺麗に整備されている印象だったかな

復元事業

 2008年(平成20年)には御廊下橋が復元。

御廊下橋
御廊下橋

御廊下橋 案内板
御廊下橋(おろうかばし)は、歴代の福井藩主が登城する際の専用橋として使われていた橋だな。藩主が政庁であった本丸と西三ノ丸御座所とを往復するための専用の橋で、屋根と壁の付いた珍しい形態の木造の橋といわれている
色葉
色葉
 2018年(平成30年)、山里口御門が復元。

山里口御門

山里口御門

山里口御門

山里口御門
山里口御門(やまざとぐちごもん)とは、「廊下橋御門(ろうかばしごもん)」や「天守台下門(てんしゅだいしたもん)」とも呼ばれていた福井城本丸の西側を守る枡形門のことだな。今回の事業により、2階部分に櫓が載る櫓門、2本の柱とその上部を連結する冠木で屋根を支える構造の棟門、そしてこれら2つの門とともに枡形を形成する石垣上の土塀を復元しているぞ
色葉
色葉
由羅
由羅
実際に通ってきたけれど、橋から門に至るまで、お城っぽくなっていたよ!

福井城へのアクセス

由羅
由羅
福井城に行く方法は電車、もしくは車で行けるよ。電車の場合はJR北陸本線・福井駅から徒歩7分といったところ。柴田神社もすぐ近くにあるから、歩いて十分に回れる距離かな。これが一番確実。車の場合は近くに有料駐車場ならたくさんあるから、それを利用するといいよ。ちなみに本丸跡には県庁があって、しかも敷地は出勤するひとや学生で朝はひとがいっぱい。だから出勤時間よりも早く、日の出の早い初夏の早朝に行くと、人もいなくて景観を独り占めできておすすめかな

福井城関連画像

福井城墟碑
福井城墟碑

結城秀康
結城秀康像

福井城本丸復元図
福井城本丸復元図