越前大野城(天空の城)

越前大野城(天空の城)

 越前大野城は福井県大野市にあった平山城。
 金森長近によって築城され、江戸時代には大野藩の藩庁があった。
 現在の天守は昭和に建てられた復興天守である。
 2017年(平成29年)、続日本100名城(138番)に選定された。
 現在では天空の城の一つとして知られる。

越前大野城(えちぜんおおのじょう)
越前大野城
越前大野城碑
別名天空の城
城郭構造梯郭式平山城
天守構造複合連結式2重2階(非現存)
連結式望楼型2重3階(1968年 RC造復興)
築城主金森長近
築城年1580年頃(天正8年頃)
主な城主金森氏 松平氏 土井氏 他
廃城年明治初期
遺構石垣 堀
指定文化財県指定史跡
再建造物復興天守 門
地図

越前大野城とは

由羅
由羅
天空の城?
そう。天空の城だ
色葉
色葉
由羅
由羅
ええっと、天空の城っていえば、雲海なんかのおかげで雲の上に浮いているように見えるお城のことで、確か竹田城が有名だよね?
竹田城は「天空の城」や「日本のマチュピチュ」とも言われてよく知られているからな。ただ天空の城と称される日本の城郭は竹田城だけでなく、他にもいくつか挙げられるぞ
色葉
色葉
由羅
由羅
つまり、越前大野城もその一つ、というわけなんだ
その通り。同じような立地で同じような気象条件に恵まれるような城には、同じように天空の城になり得る可能性がある、というわけだな。ちなみに下記に天空の城と呼ばれているものを列挙しておく
色葉
色葉

 ・竹田城跡(兵庫県朝来市)
 ・津和野城(島根県津和野町)
 ・郡上八幡城(岐阜県郡上市)
 ・備中松山城(岡山県高梁市)
 ・越前大野城(福井県大野市)

由羅
由羅
いっぱいあるんだね!
他にもあったら是非教えて欲しいぞ
色葉
色葉
由羅
由羅
今回はそんな越前大野城に行ってきたから、解説と紹介だよ! 残念ながら天空の城状態の大野城は目にできなかったけどね

越前大野城の概要

 戦国時代の越前国は朝倉氏によって支配されていたが、その最後の当主となった朝倉義景の代に、織田信長によって朝倉氏は滅ぼされ、越前国は織田領となった。

 しかしその後、時を置かずにして越前一向一揆が発生。
 これにより越前国は大混乱状態となり、織田氏は一時的に越前国を失陥することになる。

由羅
由羅
あの信長がせっかく手に入れた領土を奪われちゃうなんて、よっぽどの一揆だったんだね
その名の通り、一向宗による一向一揆は信長を長く悩ませた存在だったからな。ただそれ以外にも、長島一向一揆の鎮圧や、対武田戦などの情勢により、越前の方に手が回らなかったという事情もあったわけだが
色葉
色葉

 そして1575年(天正3年)、織田信長は越前一向一揆を平定。

 その際の恩賞として、織田家臣であった金森長近が越前国大野郡の一部である3万石(大野郡の3分の2)を与えられ、まず戌山城に入ったとされる。

金森長近像
金森長近像

 1576年(天正4年)、長近はその戌山城の近くにあった亀山に城郭を築くことにし、これが越前大野城の始まりとなった。

 江戸時代に入ると越前松平家が3代続き、その後しばらく天領の扱いとなって城主が目まぐるしく代わり、そして土井氏が定着した後は明治維新まで続いた。

 1775年(安政4)には、城下の野口村(現大野市市役所近辺)から出火し、これが城下1,400戸を焼く大火となる。

この際に大野城にも飛び火して、本丸を焼失したそうだ
色葉
色葉
由羅
由羅
いろんなお城でそうだけど、火事によって失った例は少なくないよね

 1795年(寛政7年)、本丸を再建。
 しかし天守が再建されることは無かった。

 そして1873年(明治6年)、明治新政府による廃城令によって、大野城も破却。

 1968年(昭和43年)、旧士族であった萩原貞氏の寄付によって、天守閣を推定復元するに至った。

由羅
由羅
現在見られる大野城の天守は、この時に復元されたものなんだね

遺構

大野城石垣
大野城天守台石垣

 山頂の石垣や堀が現存する。

 山麓部においては、内堀および外堀の一部が残されている。

大野城外堀
かつての大野城外堀 新堀川

新堀川案内板
新堀川案内板

 また建造物としては、市内の中丁真乗寺山門として不明門(あかずのもん)が残り、光明寺山門として櫓門であった鳩門の門部分が現存している。
他にも藩主であった土井利忠の隠居所が、柳廼社社務所として移築現存しているぞ
色葉
色葉

城郭構造

 越前大野城は亀山を利用して築かれた城であり、いわゆる梯郭式と分類される城郭である。

 亀山の山頂部分を削り、平坦にしてこれを本丸とし、その東側の麓に二の丸や三の丸を造る形式でもあった。

山と平地部分を共に利用した城郭構造で、平山城と呼ばれるものだったわけだな
色葉
色葉

 また南、北、東の三方向には人工的な外堀を巡らしていた。
 このうち東部分の堀であった百間堀については、その一部が残されている。

由羅
由羅
がっちり守っているけれど、西側はどうだったの?
西側には赤根川が流れていたことや、沼地が広がっていたことから、これが天然の堀として作用していたそうだ
色葉
色葉
由羅
由羅
なるほど! ばっちりだったんだね

石垣

大野城石垣
大野城石垣

 越前大野城の石垣は、戌山城の城石が使用されたという伝承が残っている。
由羅
由羅
戌山城って、金森長近が最初に居城にしていたお城だよね
長近が大野城に移ってからは廃城となっていたが、城を移る際に元の城のものを転用することは、よくあったことだがな
色葉
色葉

 戌山城のあった犬山の中腹には岩石を砕いて運んだとされる跡が残っており、大野城築城の際の石垣に使われたのであろうと推定されている。

 また犬山だけでなく、付近の山からも石垣用として岩石が運ばれたのだと考えられている。

ちなみに越前大野城の石垣の積み方は、野面積だな
色葉
色葉
由羅
由羅
自然石をそのまま積む方法だね

天守

大野城天守
大野城天守

かつての天守

 越前大野城の天守は、亀山山頂にある天守曲輪に建てられた。

 本来は望楼付きの2重3階の大天守と、2重2階の小天守、そして天狗の間(天狗書院)と呼ばれた付櫓(天狗櫓)が付属された、複合連結式の天守であったという。

 しかし1775年(安政4)に焼失。
 1795年(寛政7年)の本丸再建時にも、天守は再建されることはなかった。

復興天守

由羅
由羅
再建されなかった天守だけど、今ではちゃんと建っているよね?
これは昭和に入ってから復興されたものだな
色葉
色葉

 現在、亀山山頂の建つ天守は、1968年(昭和43年)に元士族の萩原貞の寄付によって、往時の絵図や創建当時の同時期の他の城の天守を元に再建されたものである。

鉄筋コンクリート構造のお城だな
色葉
色葉
由羅
由羅
いかにも現代のお城だよねえ
この天守だが、構造はともかくとして、あくまで推定再建されたことだということに、注意が必要だ
色葉
色葉
由羅
由羅
どういうこと?
例えば小天守が天狗の間の位置に建てられていたりして、史実に基づいた復元再建ではない、ということだな
色葉
色葉
由羅
由羅
つまり、当時のものとは色々違っちゃってるってこと?
そういうことだ。ちなみに配置や鉄筋コンクリート構造などは、富山城やその他の例にもあるように色々賛否両論があったりもするが、再建されて何十年も経過している以上、それはそれで昔からあった一つの風景としてすでに親しまれているものだ。ならば好意的に受け入れた方が、人生楽しいと思うのだがな
色葉
色葉
由羅
由羅
だよね!
ちなみに天守は金森氏や土井氏など歴代の城主に関する資料を展示した資料館として利用されている。小さいが、展示物はなかなか興味深いものばかりだぞ
色葉
色葉
由羅
由羅
でも12月から3月まで、つまり冬季は閉館だから気を付けてね!

越前大野城関連画像

亀山公園南登り口
亀山公園南登り口

百間坂
百間坂

遊歩道
遊歩道

土井利忠像
大野藩の名君・土井利忠像

大野市街
展望台から大野市街を望む

大野城天守
大野城天守

大野城小天守
大野城小天守

亀山頂上碑
亀山頂上碑

権現宮跡
権現宮跡

塩硝蔵跡
塩硝蔵跡

武具蔵跡
武具蔵跡

お福池
お福池

城内の風景
城内の風景

城内の風景

城内の風景

城内の風景

柳廼社
柳廼社(やなぎのやしろ)

柳廼社社殿
柳廼社社殿

大野市民俗資料館
大野市民俗資料館

中村重助の碑
中村重助の碑

内山隆佐の碑
内山隆佐の碑

内山良休の碑
内山良休の碑

内山良休案内板
内山良休案内板

越前大野城遠望
越前大野城遠望