その他

Novelism(ノベリズム)とは ~新たな次世代WEB小説投稿サイトオープン!

 Novelism(ノベリズム)とはWEB小説投稿サイト。
 2020年9月1日より正式にオープンした。
 運営会社は株式会社YANN(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丁 鵬)。

Novelism(ノベリズム)とは

由羅
由羅
小説投稿サイトって、『小説家になろう』や『カクヨム』に代表されるようにすでにたくさんあるけれど、今回の『Novelism(ノベリズム)』はそれらと比べてどうなの?
基本的には同じだな
色葉
色葉

 Novelism(ノベリズム)は基本的には他の小説投稿サイトと同じで、特に制限なく誰でも作品を投稿でき、またそれらを自由に読むことができるサイトである。

が、それはあくまでベース、ということだそうだ
色葉
色葉
由羅
由羅
つまり二番煎じじゃない、ことなのかな?

 Novelism(ノベリズム)の特徴は、第一に有料コンテンツが存在することである。
 投稿される作品の中より、特に優秀な作品をコンテンツ化することを目指したサービスである、といえる。
 これら有料コンテンツを「契約作品」と称す。

由羅
由羅
まずはこの契約作品とは何ぞや、だね

契約作品とは

 契約作品は、その作品の冒頭の一部分を無料で閲覧することができ、その続きを読もうと思った場合は有料になる、というもの。
 また契約作品になった場合、単に文章だけでなく、カバー絵(書影)や挿絵がつくことも、一つの特徴である。

由羅
由羅
つまり、書籍化された作品と同じ雰囲気を味わえる、ということだね!
そうなるな
色葉
色葉
由羅
由羅
でも……有料って聞くと、ちょっとって思っちゃうんだけど
具体的な料金については、サイトで説明されているのでそのまま書いておく
色葉
色葉
契約作品の販売は一話単位で行います。各話の値段は字数により決定され、基準は1000字/5円(税抜き)になります。これを書籍一冊分の字数(約10万字)に換算すると、一冊は約600円(税抜き)になります。ノベリズム
由羅
由羅
書籍化された作品って、文庫本なら最近では600円は超えるものだし、手ごろな値段ではあるのかな

契約作品と著者優遇

 有料である以上、契約作品により発生した利益は、著者に還元する仕組みとなっている。
 いわゆる原稿料の扱いで、ノベリズム公式によれば、その比率は書籍の印税よりも断然高い利率になっているとされる。

由羅
由羅
断然、という言葉に力が入っているよね! で、具体的にはどれくらいなの?
もちろん秘密だろう。印税も出版社や売り上げによっては違う上に、明確に公開されているわけじゃないからな。それでもこれくらい、とは世間一般ではいわれているわけだし、それよりも高い利率なのは間違いないだろう
色葉
色葉
由羅
由羅
期待したいところだね!

 またNovelism(ノベリズム)では、上記の原稿料とは別に、執筆のためのモチベーション維持のために、最低限報酬保証なるものが存在する。
 これは皆勤賞システムと呼ばれるもので、とある条件を達成することで、原稿料とは別に発生する報酬である。

由羅
由羅
え、そんなのあるの?
これは具体的な条件と金額が明示されているぞ。条件は一定の作品更新ペースを維持すること。具体的には月間24日の新話更新と、その新話の文字数が3000文字以上であること、だな
色葉
色葉
由羅
由羅
なかなかの条件だよね。文字数が3000文字以上ってなっているから、短い文章で話数を稼ぐことはできないってことだし
ちなみに達成すると、皆勤賞の条件を満たして毎月3万円(税別)がもらえるとのことだ
色葉
色葉

 仮に契約作品になったとしても、必ずしもお金を払ってまで読んでもらえるかといえば、そうとは言い切れないのが現実である。
 書籍化されたとしても必ずしも売れるとは限らないのと同じことであり、しかしここでこのような報酬発生条件があることは、確かに著者への最低限のモチベーション維持に繋がることが期待できるかもしれない。

 また読者からしても、短い間隔で話が更新されることは望ましいことであり、お互いにとって利のあるシステムともいえる。

この契約作品のシステムだが、電子書籍と何が違うのかといえば、リアルタイムで連載されている、というのが売りだろうからな。更新の停滞は運営にとってもマイナスであるし、その対策としては一定の効果を発揮してくれるだろう
色葉
色葉
由羅
由羅
あとは読者さんが、お金を払ってまで継続して読んでくれるか、だよね。その辺りはどうなのかな?
こればかりはやってみないと何とも言えないな。小説投稿サイトでは無料で読めてなんぼ、みたいな雰囲気が定着して久しい以上、厳しい未来はまあ想像つく。だがまあ、せっかく新しくできたのだから、継続して欲しいものだがな
色葉
色葉
由羅
由羅
LINEノベルの二の舞にならないように、だね

 

契約作品になるには

 契約作品はその名からも分かるように、ノベリズム公式と契約を結んだ作品をいう。
 つまり作者が望んで契約できる、という簡単なものではない。

由羅
由羅
え、じゃあどうやって契約するの?
基本的には運営からの声かけを待つしかない、といったところだな
色葉
色葉

 ノベリズム編集部はサイトの投稿作品をチェックしているとのことで、これと思う作品については積極的な声がけをする方針であるという。
 その基準は単純に作品の面白さだけでなく、執筆速度も参考になる、とのこと。
 そして契約が成立した場合、運営よりプロのイラストレーターに依頼が行われ、作品にイラストが加えられることになる。

由羅
由羅
儲かる儲からない以前に、自分の作品にイラストを描いてもらえるってだけで、それはそれで一つの結果だよね!

 現在ではあくまで編集部の目にとまった作品のみ、契約作品の対象となるが、将来的にはある程度の条件を満たした場合、作者の方より申請できるシステムが実装される予定とされている。

由羅
由羅
契約作品はオープンと同時に9作品ほど公開されているよ! さしあたってはノベリズムの看板作品だろうし、ノベリズムの雰囲気たシステムを知る意味でも読んでみるのもいいかも!

契約作品第一弾列挙

由羅
由羅
ノベリズムの契約作品第一弾の9作品はこんな感じだよ!

Novelism(ノベリズム)のデザイン、操作性

 小説投稿サイトとしては後発であり、その中でも2020年9月現在、もっとも新しいこともあって、サイトのデザインとしては見やすいものであると思われる。

 また作者側から見た場合、操作性もまずまずで比較的使い易い部類に入るのではないかという印象。

……ここの管理人も投稿してみたそうだが、使い易かったと言っていたな
色葉
色葉
由羅
由羅
普段『小説家になろう』にしか投稿していない管理人だから、ギャップがあり過ぎたみたいだけどね

 また小説投稿サイトにありがちな広告が出てこないサイトでもあるのが特徴。

由羅
由羅
広告が出てこないと見易くていいよね!
確かに。だが運営を維持していく上で、広告収入を捨てているかもしれない点については、多少気になるところではあるかな。どんなに良いものでも、続かなければ意味が無くなるし、そういった意味では運営も健全な収支であって欲しいところだぞ。でなくてはせっかくの契約作品も、ぱあになる
色葉
色葉
由羅
由羅
作者だけ、読者だけ、では駄目なんだね~

Novelism(ノベリズム)のガイドライン

 基本的に自由に投稿できる小説投稿サイトではあるが、守るべきガイドラインは当然ながら存在する。
 これを守らないと、いわゆる違反行為として認定された場合、利用停止や最悪の場合、削除という憂き目に遭うことになる。
 他の大手の小説投稿サイトにおいて、規約を守らなかったがためにアカウントを削除されるという、いわゆる「垢BAN」は定期的に発生してしまっている。それに至った理由が色々あったのだろうが、そうならないに越したことはないので、このガイドラインにはしっかり目を通しておこう。恐らくほとんどの方が目を通していないはずである。

由羅
由羅
よく耳にするのが、複数アカウントによる自己評価だよね
よく家族がいつの間にかアカウントを作っていて、そして偶然にも家族の作品を読んで、評価してしまっていた、というアレがよく耳にする話だな
色葉
色葉
由羅
由羅
それが本当ならば運の無い話だったとしか言いようがないけれど、とにもかくにも複数アカウントは駄目、ってことだよね?
常識的に考えて、いいはずがないからな。手っ取り早いが、卑怯以外の何者でもないわけであるし
色葉
色葉
由羅
由羅
だよね~

投稿について

 当然ながら、Novelism(ノベリズム)に投稿できる作品は、ユーザーが自ら創作したオリジナル作品に限られる。
 他の小説投稿サイトにすでに投稿済みの作品も、投稿することは可能。
 ただし、Novelism(ノベリズム)の目玉でもある契約作品に、他で投稿された作品が該当することはない点は注意が必要。
 契約作品を目指すならば、あくまでノベリズムのみでのオリジナル作品を投稿する必要がある。
 また二次創作作品についても、契約作品にはなり得ないとのこと。

由羅
由羅
この規約はけっこう重要だよね
いつも読んでいる投稿サイトにある同じ作品なら、別にノベリズムで読む必要も無いか、と考える読者が現れるのは当然で、それを防止しつつノベリズムでしか読めない作品を集めるならば、当然の規約だな。だがそれだけに作品は即座に集まりにくくなるかもしれないから、今後どうなるか、見ものだな
色葉
色葉

表現について

 表現の自由の名の元に、基本的には自由な表現が可能。
 しかし、不特定多数の老若男女が読む可能性がある以上、一定の配慮は必要とのこと。

 ・著しく性欲を刺激するもの
 ・暴力的、又は陰惨な画像・表現・描写などにより、暴力行為又は残虐性を喚起・助長するもの
 ・自殺を誘発・助長・ほう助するもの
 ・犯罪行為及び、刑罰法令に抵触する行為又は誘引・助長・ほう助するもの
 ・他者に対する差別表現、権利を侵害する行為

 上記の表現については配慮が必要。
 物語の展開上の描写で必要な場合も、最低限の描写であるようにする必要がある。

由羅
由羅
まあ物語に出てくるキャラクターが、一般常識やら日本の法律を守るような良い子ちゃんばかりのはずがないからね。題材によってはえげつないシーンも出てくるわけで
そうだな。それでもこういう公共の場に上げる以上は、考えるところは考えてくれ、ということだろう。作者にしても、自分の身は自分で守れ、だな
色葉
色葉
由羅
由羅
ちなみに危ないと思ったら、最低限の保険として『この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません』という非推奨コメントをつけて自衛しておいた方がいいかもね。運営もそう書いていあるし
他にもセルフレイティング表示だな。R15とか。設定基準となる具体例も公式に列挙されているから、しっかり読んでおくように
色葉
色葉

二次創作について

 二次創作は基本的にNGだが、例外も存在する。
 例えばすでに著作権の切れた過去の作品、童話や古典文学など。
 また歴史上の人物を題材とした小説など、である。

由羅
由羅
これもけっこう重要だよね!
これが認められなかったら、歴史小説の類はかなり制限されることになるからな
色葉
色葉

 ただし、歴史人物を扱う場合でも、いわゆる第二次世界大戦までの人物を目安とする、という但し書きがあるので注意。

由羅
由羅
えっと、これは?
これにはさらに但し書きがあって、要は現在も存命している人物を題材とした作品は投稿してはならない、という規約だな。第二次世界大戦はOKとされているが、それでも現在なお存命の方が存在するわけで、例え大戦中であったとしても、それらを題材にしてはいけない、ということだ
色葉
色葉
由羅
由羅
確かに生きている人を題材にするのは、いろいろ問題が発生しそうだものね
うん。それに仮に故人であったとしても、今を生きている人の親であったり、祖父母であったりと、記憶に残る人物を不用意に題材として取り上げるのは、まあ危うい可能性があるのは想像に難くないだろう。危ない橋は渡るな、であるし、運営も渡らせるつもりはない、といったところか
色葉
色葉
由羅
由羅
近現代を扱う作品の場合、要注意だね!

Novelism(ノベリズム)への投稿作品

由羅
由羅
新しい小説投稿サイトができたんで、ここの管理人もどうしようか悩んだ挙句、投稿してみることにしたそうだよ
まあ実験的な意味合いもあるみたいだが、投稿したのは主に二つだな
色葉
色葉

朝倉天正色葉鏡

由羅
由羅
この作品はこのブログでも公開しているし、『小説家になろう』にでも公開している作品だよね
うん。小説家になろうででも、多少は読まれているかな、といった作品で、オリジナルな作品を求めているであろうノベリズムでは、あまりお呼びじゃない作品だろうな
色葉
色葉
由羅
由羅
なのにどうして?
単純に、少しでも読んでもらえる機会があれば、という動機かな。あと文量もそれなりにあるし
色葉
色葉

 ⇒ノベリズム版『朝倉転生色葉鏡』へ

異世界再創世記 ~Naroppa Re-Genesis~

由羅
由羅
これはノベリズムにだけ投稿している作品だよね
以前、少しだけ別のタイトルで小説家になろうに投稿していたんだが、ほとんど読まれていなかったし、文量も少しだったから、ノベリズムに移転した形だな
色葉
色葉
由羅
由羅
あそこって、小説の削除は推奨してなかったような
だから残していたんだが、一応規約に『出版社主催のコンテストに小説を投稿する場合』はやむなし、とあったからな。今回はそれに該当したんで、削除させてもらった、という次第だ
色葉
色葉
由羅
由羅
Novelism大賞、だね!
これまた『他サービスで掲載している作品については、公開されている文字数が五万字以下であることが望ましい』とあるからな。本当にやむなしだ
色葉
色葉
由羅
由羅
本当、オリジナルでノベリズムだけの小説を集めていることが、よく分かるよね

『異世界再創世記 ~Naroppa Re-Genesis~』へ

まとめ

一つはすでに多少は読まれているけれど、ノベリズムでは恐らくお呼びじゃない作品であり、もう一つはほぼ無名であるものの、とりあえずノベリズム専用にした作品。ジャンルは歴史ものと異世界もの。はてさてどうなるか
色葉
色葉
由羅
由羅
どうなるのかな?
さてな。ほぼオープン初日から投稿したものであるし、この二作品の推移はこのサイトがどういう方向性に向かうかを知る上でも、参考になるかもしれないな
色葉
色葉
由羅
由羅
全然読まれないかもね!
それも十分にある。今のところサイト人口も少なそうだし、まあこれからだろう
色葉
色葉
由羅
由羅
とりあえずは期待、かな?
まあどういう結果になるかは、のんびり見守っていくことにしようか
色葉
色葉