終ノ刻印

第141話 俗物に違いなかったとしても

終ノ刻印 第三章 帰する刻印編 第141話

     /真斗

 すでに最初のようにはいかなくなっていた。
 剣を振り下ろし、弾き、弾かれ――全身には鈍い激痛がいくつも走っている。
 どこか、身体の一部が砕けているかもしれない。
 本当はもう動かないはずなのかもしれないが――そんなことは、もう気にしていられない。
 剣を握っている限り、何度だって打ち込んでやる――!

「く――!?」

 エルオードが下がる。
 しかし数歩。
 即座に槍が突き出される。

「でええいっ!!」

 脇腹をかすめ、身体を切り裂かれるが、そんな傷はすでに数えきれないほど。
 感じてなどいられない……!
 叩きつける。
 出鱈目でも何でもいい。
 身体の動く限り振り下ろす――!

「それでこそ!」

 エルオードは真正面から迎え撃つ。
 いや、むしろ打ちかかってきた。
 防御じゃなく、攻撃。

 突き出し、相殺して次の一撃を、俺よりも早く繰り出してくる!
 閃光が走った。
 数条の光。
 その全てに渾身の力を込めているのは間違いない。
 命中すれば、必殺だ。それだけの力が込められているのは間違いない。

「こんなもの!」

 そのことごとくを、俺は弾いた。
 まさしく同時に繰り出されたからこそ、一薙ぎで打ち払うこともできた。
 互いの刃先が宙を目指し、即座に方向転換する。
 相手の、喉笛目掛けて。

 鮮血では無く、火花が散る。
 どちらも攻撃であったが、どちらも受け止めていた。

 硬直したのは一瞬。
 鍔迫り合いなどする余力は無く、何とか互いに武器を持ち上げ、振り下ろすことで剣風を巻き起こす。

 しかしお互いに届かない。離れて、またぶつかり合う。
 すでに何合打ち合っているのか。
 今はただ、数え切れないぶつかり合いを、ひたすら続けるしかなかった。

「うおおおおおっ!!」
「はあああっ――!」

 どこまでも届きそうな凄絶な剣戟が、戦場に響き渡った。
 余韻が残るうちに、次の音が響き渡る。
 それは決して止まらず、連続して続いた。

 途絶えた時は恐らく――決着のつく時だろう。

 くそっ……!
 負けねえ……!

「こっのおおおっ――――!!」

 幾度も打ち付けた剣は、とっくに曲がってもいいほどの衝撃を受けたはずだった。
 しかしそれは、曲がるどころか輝きを増している。
 あの古びた印象は一層され、錆も片鱗とて残ってはいない。
 まるで幾度も剣を交えたことで鍛えられ、活が戻り、その剣は依然の姿に復活を遂げたようでもあった。
 これがあのアルティージェも自慢していた魔剣、か……!

 ――ここまできて、負けるわけにはいかなかった。
 頭に浮かぶのは、あのどうしようもなく朴念仁なエクセリアだ。
 無口で愛想の欠片も無く、とっつきにくいことこの上無いが、それでも馬鹿みたいに純粋で、真っ直ぐに、力を求めてきた。
 俺の命があいつの手の内にあることを除いても、応じるだけの魅力はあったのだ。

「いい加減に――!」

 打ち込む。
 響く。
 押し返される。
 くそ、退くかよ……!
 前進しろっ――!!

「こちらとて退けはしない……!!」

 エルオードが叫んだ。

「ぬうんっ!」

 全霊を込めて、俺の刃を振り払ってくる。
 即座に、投擲体勢をとった。
 槍が赤光に放つ。
 こいつは……!

「来るなら来い!」

 望むところだと、俺も剣を構えた。
 きっと俺にもエルオードにも、残された力などすでにほとんどない。
 だけどここで撃ち放つ。
 理由は単純だ。
 負けるわけにはいかない。
 それだけだ。
 きっと、お互いに……!

「おおおおおおっ!」

 俺が知る限り、最大の技を持って迎え撃つ。
 白い閃光が湧き立つ。

「――エクセリア!!」

 叫んだ。
 この技だけは、自分一人では為せない。
 それだけのものが、初めから無い。
 自分は一介の人間に過ぎない以上、使えるのは小賢しい頭だけ。
 無いものは借りてくるか――もしくは作らせる!

     /エクセリア

 その呼びかけに、一切の抵抗はできなかった。
 全霊を、要求されている。
 迷うことなど無い。
 レネスティアの目前から、私は飛んだ。
 真斗の元へと。

     /真斗

「む……!」

 エルオードが息を呑むのが聞こえた。
 目を見張っている。
 俺の傍に降り立ったエクセリアは、応じて千年ドラゴンに劣らぬほどの生命力を、その場に創り上げていた。

 渦巻く風の中、それでもエルオードに退く気は無いのは間違いない。
 相手がエクセリアであろうと、構わず放ってくるはずだ。
 エルオードが身体をひねる。

 ――来やがれ!

「――――〝六軍打ち消ス業魔が槍ルディ・ラダディオン〟!!!」

 赤い閃光が走った。
 一撃必中。
 貫けるものなどないと、その意思が十全に篭もった一撃。
「砕けろおおおおおっ!!」
 俺は真正面から、絶対負けないだけの力を振り絞り、叩き付ける!!

三界打ち滅ぼす天魔千年の吐息ウォルティカ・ザイザレフ!!!」

     /エルオード

 彼が放ったのは、アルティージェが最強を自負するであろう一撃だった。
 大気が震撼し、大地が鳴動する。
 鬩ぎ合う。
 それは永遠のようで、しかし現実には一瞬のこと。

 このぶつかり合いにおいて、もはや勝負は見えていた。
 彼女が本当に選んだ方にこそ、勝利が傾くのは当然だ。
 初めから分かっていたことではあるが、それが今、ただ現実となる。

 あまりの衝撃に、音が消えた。
 白光と共に、山頂は吹き飛ぶ。
 それこそ、木っ端微塵に。

「…………」

 包まれた閃光の中、つい笑みをこぼしてしまった。
 思惑通りではある。
 しかし……やはり悔しいか。

 彼女がここまでやってきた時点で、思惑はほぼ果たされたといって良かった。こうやって真斗君と闘う必要は無かったのかもしれない。
 だがそうはしなかったし、する気も無かった。
 彼女にとっての彼の有用性を認めつつも、自分の存在意義を完全に否定する気にはなれなかったのだ。

 それは羨望でもあるし、未練でもあったから。
 なるほど自分もまた、俗物には違いなかったらしい。
 別にそれでいい。

 しかし今、こうして未練を打ち消すだけの閃光の中にあっては、納得せざるを得ない、か……?

 そうして。
 圧倒的な閃光の中、僕の意識は消えていった。

     /真斗

「――呆れた」

 そんな言葉が耳に届いて、俺は目を覚ました。
 視界に映ったのは、覗き込むようにして見下ろしている、アルティージェの顔。

「……何でだよ?」

 喋るのも億劫なほどに疲れていたが、それでもどうにか言葉は出るようだった。

「だってさっきの、わたしが自負する一撃なのに……それをあっさり真似してくれて。わたし、形無しだわ」

 本気でそう思っているようで、物凄く唇を尖らせている。

「俺はただ真似しただけさ。力を貸してくれたのは……」

 エクセリアのおかげだ。
 俺が覚えていた記憶をそのまま形にしてくれたのは、エクセリアに他ならない。
 あいつがいなければ、微塵として力を発揮しなかっただろう。

「――ねえねえ真斗!?」

 新たな顔が飛び込んでくる。

「……ドアップでくるな。びっくりするだろ」
「知らないそんなのそれより大丈夫なの!?」
「当然でしょう」

 隣からは、黎の冷静な声。

「……らしいぜ」

 俺としては、もう指先だって動かしたくないほどに疲労してしまっている。
 とはいえ、大丈夫といえば大丈夫なのだろう。
 意識ははっきりしてるし。

「茜は?」

 由羅の顔を見た時点で無事だということは察しはついたが、それでもはっきり聞くまでは落ち着けない。

「無事だよ。今はイリスと楓が診てくれてるから」
「ふむ……」

 なら安心か。良かった。
 とりあえずは終わったらしい。
 色々と。
 とにもかくにも疲れた。

「ふあ……」

 どうしようもない睡魔に襲われて、大きな欠伸を一つ。

「寝る」
「えー?」

 由羅が声を上げるが、もちろん無視。
 動かせって言われたって、もう動かねえし。

 ……それにしても、寝心地がいい。
 特に枕がふにふにして……。

「む?」

 何かがそっと、俺の頬に触れた。
 冷たいけれど、暖かい手の感触。

「礼を言う……真斗」

 落ち着いた声。

「ぬ……?」

 もう一度しっかり見れば、由羅でもアルティージェでもない顔が、俺を見ていた。
 微笑なんていう、とてつもなく珍しい表情をみせて。

 ……どうやら俺、エクセリアに膝枕をしてもらっているらしい。
 何だか知らんけど、色々と僥倖だよな。
 そう思って。

 俺は宣言通り、眠ることにした。

     /

「これで良かったのか?」
「そうね」

 かけられた声に、女は頷く。
 足元には、ぼろぼろになりながらも五体を保っている、エルオードが倒れている。

 真斗の放った衝撃を受けて、消し飛ばぬ道理は無いが、それでも形を保っているのはひとえに彼女が救ったからだった。

 使い捨ては、彼女の趣味ではない。
 それにこの男の所有権は別の者にあると彼女は思っていたし、勝手に使い捨ててはどれだけ文句を言われることか。

 だから救った。
 その程度といえば、その程度のことではあるが。

「お前が満足そうだから別にいいんだが……」

 それでもどうしてか心配だと、青年は言う。

「このままお前みたいにあの姉殿が育ったら、またもや色々と大変な気がしてな。将来」
「あら」

 女が振り返る。

「わたしも大変だと言うの……?」
「違うとは言わせないが」

 即答すれば、くす、と笑われた。

「それはそれで、面白くなるのではなくて?」
「……呑気なものだ。相変わらず」

 男は苦笑して、肩をすくめる。

 一年前。
 彼女はアルティージェを使ってエクセリアにきっかけを与えた。
 自由を選ぶ、そのきっかけを。

 そして一年がたち、ナウゼルのことを終わらせるついでにエルオードに協力して、エクセリアに対して駄目押ししてみたのである。
 それは概ね、彼女の理想通りになった。

「で? 彼はどうする?」
「どうもしないわ……。生きたければ生きればいいし、死にたければ死ねばいい。わたしには関係ないことだもの」

 淡白な物言いは、実に彼女らしい。

「ふむ。まあ何とかするか」

 彼女がそんなものだから、彼の苦労が増えるのも、仕方ないといえば仕方ない。

「フォルセスカ?」
「ん?」
「姉さんはこれから楽しんでくれるかしら……?」

 そんな問いに、男は頭を掻いて、

「さあな」

 そうとだけ、答えた。


 次の話 >>


 目次に戻る >>