終ノ刻印

第139話 運命の差

終ノ刻印 第三章 帰する刻印編 第139話

     /アルティージェ

「ふん……」

 互いにすれ違い、落ち着いたところで、わたしは自分の身体を見やった。
 見事に、切り裂かれている。
 浅く、一撃を受けてしまった。
 鮮血が溢れてはいるが、この程度ならすぐに止まるだろう。
 いかに魔剣とはいえ、この身の回復力は伊達ではない。

「まあ……痛み分け、というところかしらね?」

 振り返ったわたしは、茜を見た。
 茜に一切の傷は無い。
 しかし――その手に持つ剣が、途中から綺麗に断ち切られていた。

「剣を砕かれてなお、わたしの身体を残滓のみで切り裂いた実力は、本当に大したものよ。けれども、それで終わり。お兄様、あなたではわたしには勝てないわ」
「ふ……」

 初めて、茜が口を開いた。
 声は彼女のものであるが、そこに篭もる意思は違う。

「そのようだな」

 茜は頷く。

「口惜しいことよ……。やはり貴様に我は及ばぬらしい。さて、何ゆえであるか」
「そんなもの」

 わたしは笑う。

「実力の差でないことくらいは、わかっているのでしょう? わたしとお兄様の決定的な差は、そんなものではないわ」

 では何なのか。

「運命の差か」
「まあ、そんなところね」

 お兄様は強かった。
 継承戦争において、わたしはナウゼルお兄様に勝つことはできなかった。
 今でこそ負ける気はしないけれど、かつてはそうでもなかったのだ。
 単純な強さでならば、間違いなくお父様に比肩していたと認めてもいい。

 だけれども、わたしは勝てた。
 それは運が大いに味方したからである。

「お兄様には運がなかった。わたしにはあった。その程度ね」
「……しかし、決定的な差であった」
「そうね。決定的。そしてそれは、永遠に変わらないのよ?」

 茜の姿をしたお兄様はしばらく押し黙った後、最後の問いかけのように口を開いた。

「…………一つだけ聞こう」
「なにかしら」
「我を縛り続けたのは、なぜか? あのままとどめを刺していれば、こうもながら存えることもなかったであろうに」

 その問いに、わたしは笑みを浮かべた。
 きっと、どこか酷薄な笑みを。

「簡単よ。だってあの刻印で、メルティアーナお姉様を縛ろうとしたんだもの。許せるはず、ないじゃない」
「……なるほどな。何よりもまず、それを恨みに思ったか」
「それにね……。お兄様はあの刻印で縛る相手を間違えていたわ。その辺が、お父様に及ばなかったところかしら」

 答えて、わたしは自分の身体を見つめた。
 すでに出血は止まっている。

「どうするの? その子を素直に解放する気はないの?」
「笑止」

 茜は一蹴すると、折れた剣を手にしたまま、構えを取る。

「引かない、か」

 予想通りではあるけど。

「それが代償ならば、当然よね。……まったく、彼女ときたら」

 ナウゼルが覚醒したからくりは、大体読めてはいる。
 エルオードの干渉というよりは、もっと別の何かの仕業なのだ。
 ナウゼルだけでなく、オルディードやシャルティオーネの記憶や意識があったのも、その辺りが原因だろう。
 でなくてはただの妄執の分際で、ああも自我を持っていたわけがない。

 まあ……所詮は捏造されたものなのだろう。
 わたしがそのことに気づいたのは、エルオードに不意をつかれた時だ。
 お父様が造り出した魔剣とはいえ、あの一撃はわたしを深く傷つけすぎた。
 先ほどの茜の一撃とは比べ物にならぬほどに。
 理由は一つ。何者かがエルオードに力を与えているということ。そう……今の真斗にそうしているように。

「いいわ……来なさい。受けてあげるわ」

 わたしも槍剣を構えて。
 もはや必殺とも呼べぬ一撃を、待った。

     /エクセリア

「うおおおおっ!」

 叩きつける。
 エルオードは受け止め、押し返し、槍を振るう。

「く!」

 真斗は剣を立てて受け止め、凌ぎ、打ち返す。

「はあああ――――!」
「禁章! ■頁・■■行――――!」

 退いた瞬間に打ち込まれた光の塊を、真斗はことごとく打ち落とす。

「…………っ!」

 衝撃が両腕を襲う。
 弾かれた光は周囲に着弾し、爆発を撒き散らす。
 その圧力すらバネにして、真斗はエルオードに向かって飛びかかる!

「うらあ!」

 ギィン!

「っ………!」

 打ち込み、薙ぎ払う。
 弾かれるが構わない。
 更に振り下ろす――――!!

 絶えず繰り返される攻防。
 真斗の攻めを前に、しかしエルオードは一歩も引かなかった。

 かつて真斗はアルティージェをも退かせている。
 にもかかわらず、エルオードは退かぬ。
 剣の腕は真斗を上回るが、圧倒的というほどでもない。
 技術ではなく、ただ純粋な力のみでも引けを取ってはいない。
 なぜか。

 その疑問に目を細めた。
 私の意識は、全て真斗に傾けている。
 全身全霊をもって、支えている。
 それはかつてのアルティージェとの一戦に比べ、遥かに精度が上がっているはずだというのに。

 しかもこの身は真斗の精神に同調し、どんどん高揚していっている。
 引きずられている。
 しかしそれでいい。
 これが刻印による支配の結果だ。
 彼の精神こそ、私の根源となる。
 なぜだか……悪くはない。

 しかし――エルオードを打ち破れぬ。
 やはり、この地に封されていた呪いを身に受け、力としているからか……?

 しかし、このような雑多な妄執ごとき、シャルティオーネやオルディードの妄執にも及ばぬのではないか。
 確かに力はあるが、それに真斗が劣るとは思えない。
 ではまさか、私の意識が、微かにでもエルオードに味方しているからか……?

 ――そんなはずはない。
 私は真斗を選んだ。
 そういう未来を、見つめたのだ。
 過去と対峙こそすれ、引きずられたりはせぬ。
 では、なぜか……。

「はああっ!」

 響き渡る剣戟。

「なるほど――強い! さすがです……!」
「あんただってな!」

 お互いに打ち合い、衝撃音を残して離れる。

「――どうやら例の刻印は、エクセリア様に刻んだというわけですか」
「だから何だって言うんだ!」

 真斗は攻撃の手を緩めず、打ちかかる。
 それを受け止め、鍔迫り合いをしながら、エルオードは頷いてみせた。

「かつてシュレストも、その紋章をもってレネスティアに刻印したのですよ――ゆえに魔王となった!」

 払われ、真斗は下がる。

「何だって……?」
「初耳ですか。そうでしょうね……。シュレストは、レネスティアに刻印したことで、己が元にと引き入れ、魔王となったのです。レネスティアもあれで物好きな方ですから、自分を支配したシュレストに興味を持ち、傍に在るようになりました。……シュレストが歴代の魔王の中で最強と謳われるのは、まさにそこに理由があるわけです」

 そうだ。
 あの時レネスティアは、シュレストによって捕われたのだ。
 妹はそれを良しとし、身を委ねた。

「最強?」
「ええ。彼は彼女を仮にでも支配したことにより、レネスティアの認識力を自分で引き出すことができたのです。ゆえに誰よりも、自身を強くすることができました。実際、彼は敵無しでしたから」
「……なるほどな」

 真斗は苦笑したようだった。

「俺はいわゆる二人目ってわけか。まあ……いいけどな」
「そうでもないと、僕は思いますがね」

 エルオードも笑い、しかしすぐに表情を引き締め、二人はぶつかり合う。

「でええいっ――!」
「はああっ――!!」

 火花が散り、金属が悲鳴を上げて、衝撃を撒き散らす。
 技においては、エルオードが一歩上か。

 しかし気迫において、真斗は一歩も譲らない。
 連撃の中、互いに裂傷が増えていく。
 もう無傷ではいられない。
 だが――止まることはなく。

「…………っ」

 目眩がした。
 そのことに驚き、我が身を顧みる。
 疼きだす左手には、刻印。
 それを介して、私の意識が流れていく。
 それはなぜか心地良く、精神が高ぶっていく。
 愉悦とも思える。

「――――」

 恐らく、かつてレネスティアもシュレストを介し、この気分を味わったのだろう。
 そう――レネスティア。
 レネスティア……?

「!」

 ハッとなって、私は上空を見上げた。
 そこに――――彼女はいた。

     ◇

「お久しぶりね……。姉さん」

 優しげとさえ感じる声音で、目の前まで上り切った私へと、妹は声をかけた。

「レネスティアか」

 宙に浮かび、私を見る大人びた赤い瞳。
 その瞳も、銀の髪も、私と同質のものだ。
 レネスティアは涼しげな表情でこちらを観察しながら、微笑んでいる。

「やはり、そなたの所為であったのか」
「そうね」

 隠そうともせずに、レネスティアは頷いた。

「…………」

 これで、エルオードの強さの説明がつく。
 真斗と同じように、エルオードもまたその力を捏造されていたのだ。
 私と同じ観測者である、レネスティアによって。

「ナウゼルのことも」
「そうよ……わたしが少し、ね。知っているでしょう? 彼は、フォルセスカのために尽くしてくれたわ……」

 なるほど……それゆえにすでに綻んだナウゼルの意思を繕い、アルティージェとの再戦に挑ませたのか。

「わからぬ……。エルオードに、そなたが手を貸す理由が」

 ナウゼルのことならば、分かる。
 しかしエルオードのレネスティアの間に、接点は無い。

「簡単なことね」

 くすくすと、笑う。

「同じなのよ……彼と」
「同じ……?」
「そう……同じ。わたしも貴女を、愛しているから」


 次の話 >>


 目次に戻る >>