終ノ刻印

第138話 お互いの利用価値

終ノ刻印 第三章 帰する刻印編 第138話

     /黎

 茜とアルティージェ。
 二人がぶつかり合い始めて、ずいぶんとたつ。

 闇に時折輝くのは火花。
 茜が振り下ろした剣を受け止め、その瞬間に咒法を打ち放つ。
 拳大の光の球は、至近距離であったにも関わらず、茜によってからめとられ、そのまま握りつぶされる。
 互いに剣を押し合い、一旦離れたと思った瞬間に、またぶつかり合う。
 二人ともに隙は無く、確実に一撃一撃を繰り出し、防ぎ、攻撃していた。

 差は無いように見えるが、剣技においては明らかに茜――つまりナウゼルの方が一枚上手のようだった。
 天性の勘の為せるような技を、時に繰り出す。
 一方のアルティージェに、さほど目立つ剣技はない。
 しかし堅実だった。
 基本に忠実で、付け入る隙が無い。

 なるほど正反対なのだ。
 ナウゼルには才能があった。
 アルティージェにもあったのだろうが、それはナウゼルほどではなく、そのほとんどが努力の上に積み重ねられているものである。

 時折圧倒しようとする茜の剣を、ぎりぎりで防ぎきることができるのは、これまでの彼女の堅実な努力のおかげだろう。
 両者の戦いは、少しずつ加熱していく。

「ふふ――相変わらず強いのね」

 満足そうにアルティージェは笑い、槍剣を振るう。
 ギィン!!
 常人ならば絶対に受け切れぬその一撃を、茜は受け止めた。

「――――」

 押し返される。

「っ」

 圧力に負け、アルティージェは後ろへ下がる。
 逃さぬと、茜は追う。
 その間に繰り出される、剣技の数々。

 受け、凌ぎ、流して――彼女は何とか下がりきる。
 一呼吸の間の攻撃を終えた茜は、それ以上の追撃を避けて、自分もまた後ろへと下がった。

「ふん……。ドゥークとならば、面白い剣舞が見れたでしょうにね」

 頬に走った傷に指をなぞらせ、指先についた血を舐めながら、アルティージェは言った。
 最初に傷を負ったのは、彼女の方だった。
 茜の方に、一切の傷は無い。
 再び、剣の切っ先が、アルティージェへと向けられる。

「小手調べでは今さらどうにもならないわ。あなたの妄執がどの程度のものなのか、これで確かめてあげる」

 にやりと笑って、アルティージェは槍剣を構えた。
 瞬間、踏み込まれる。
 上下左右――その全てから、アルティージェへ向けて刃が振り下ろされた。

「ふ――――っ!」

 その全てを、ことごとく打ち返し、更なる連撃に怯むことなく応えていく。
 かわすことのできるものもあった。
 しかし彼女は、その全てを敢えて受け、少しずつ裂傷を負っていく。

「ち……!」

 やはり、ナウゼルの剣の方が上なのだ。
 少しの差が、少しの傷となって現れてくる。

「――――!」

 ガッ……!
 重い一撃が、アルティージェを弾き飛ばした。
 初めて、彼女の体勢が崩れる。
 その僅かな時間を、茜は剣を振るうことには使わなかった。
 ただ振り上げ、力を注ぎ込む――

「ふん……!」

 望むところだと言いたげに、アルティージェも動作をとった。
 地を蹴り、舞い上がる。
 溢れ出す光。

「〝九天打ち崩すアリア〟――――」
 アルティージェが振り下ろすよりも一歩早く、茜は飛び上がった。

「――〝十戒打ち隠す逢魔が時ネオラ・オルディオン〟!」
 突き上げられる、刃。

「〝降魔が牙シャクティオン〟!!!」

 それ目掛けて、アルティージェは槍剣を一閃させた――――

     /真斗

 どこかで炸裂音がした。
 ここからずっと下の方か。
 しかし構ってはいられない。

「でやああああああ!!」

 群がる亡者を一閃し、吹き飛ばす。
 道が開け、エルオードまであと十数メートル。
 一気に駆け上がろうとしたところで、赤い闇が踊った。

「やべ……!?」

 放たれた閃光は、寸前ででたらめに飛び散る。
 エクセリアが防御してくれたのだ。
 おかげで傷つくことは無かったが、前進も止まってしまう。
 かといって止まったままではいられない。

「!」

 見れば、エルオードの姿が消えていた。
 まずい――!

 ギィンッ!

 思った瞬間に、俺は剣を振るった。
 思わぬところで剣戟が響く。

「なるほど。大した勘ですね」

 すぐ背後には、槍を持ったエルオードがいた。
 ぎりぎりと、鬩ぎ合う。

「僕がどうにか集めたシュレストの遺産も、もはやこの業魔六軍の槍ラダディオンを残すのみ。君の持つ武器に対抗するには、同じ作り手のものでなければ話になりませんからね」

 そう告げて、エルオードは跳び退く。
 ただし、僅か数歩。

「――――っ」

 まずい、と思った時には、俺めがけて槍が繰り出されていた。

「っ………!」

 しごき、次々と繰り出される槍先を、俺は何とか受け凌ぐ。
 俺にとってはやや遠すぎる間合い。
 しかしエルオードにとっては、最適の空間なのだ。
 リーチのある槍だからこそ、ここまで届く。

 しかし俺の剣は届かない。
 防戦一方になる。
 こっちは剣だ。
 間合いを詰めなければ届かない。

 しかし相手はこの間合いこそ必殺。
 縮めてくるはずもない。
 ならば……!

 次々に繰り出される連撃を受けながら、頃合いを窺う。
 受け、受け、受け――――ここだ!

 ジィンッ!

 エルオードの最も勢いの乗った一撃を前に、俺の持つ剣が弾き飛ばされる。

「真斗――!」

 切迫したエクセリアの声が響いた。
 その声こそ、助けになる。
 俺が、わざと剣を飛ばしたことを隠すために。
 疑いもせず、エルオードはとどめとばかりに、更に一撃を繰り出した。

 いや、複数。
 胴目掛けて五つがほとんど同時とも思える速さで、打ち込まれた。
 しかしそれよりも早く、銃口が火をふく。

「――――!?」

 咄嗟に身をひねって避けたのはさすがだけど、しっかりと肩口に銃弾は命中していた。
 不意のことに、バランスを崩すエルオード。
 俺は銃をしまい込み、弾かれた剣を拾い上げると、ここぞとばかりに攻め立てた。

「おおおおおおっ!」
「くっ!」

 一撃の重さは、こっちが上だ。
 まともに受けたエルオードに下がる機会を与えずに、猛攻する。

「はあああっ!」

 ギィイイイインッ!!

 凄まじい剣戟が響き渡り、エルオードを弾き飛ばした。
 追わず、俺は一旦下がって呼吸を整える。

「……驚きました」

 銃創のある肩を抑えながら、エルオードは苦笑した。

「まさかこの期に及んで拳銃とは……やられましたね」
「槍よか早く、しかも距離を置いて使える武器っていったら、やっぱりこいつだろ」

 抜き撃ちにはかなり自信があるし、何より俺がもっとも愛用しているのは銃だ。
 もっともザインの奴にぶった切られてしまっていたが、すでに新しいのを補充済みである。

「ま……一騎打ちに飛び道具ってのはあれだけど、こっちも負けるわけにはいかねえからな」

 エルオードには咒法がある。
 それは銃よりも凶器となるだろう。

 一方の俺は、あまり咒法が得意ではない。エクセリアのおかげで使えないこともないのだが、慣れていないことが一番の問題だ。
 だからこそ、あまり頼るつもりはない。

「しっかし……こっちも驚いたな。槍なんてもんを、あんたが使えたなんて」

 エルオードの実力は、上田と名乗っていた時には完全に隠していたのだろう。
 はっきりいって尋常なレベルではなく、エクセリアがいなければ、俺にさばききれるはずもない。

「……そうでもありませんよ」

 苦笑して、エルオードは槍を振るう。

「これは形見でしてね」
「形見……?」
「ええ。これはシュレストが作り、娘のラスティラージュに与えたものです。彼女は僕の妻でしたから」
「な……?」

 いきなりのことに、俺は言葉を呑み込んだ。

「僕はオルディードの孫に当たりますが、シュレスト第七子のラスティラージュとは、ほぼ同じ年齢でした。そういうわけもあって……ということですけどね」

 ……ラスティラージュはアルティージェに殺されているはず。
 そいつがエルオードの妻だって……?

「まあ……この事実は、シュレストはもちろん、アルティージェも、ラスティラージェ自身も知らないことですが。察せられるのも困るので、槍に関してはずっと隠していたというわけです」
「それで……アルティージェを殺そうと、エクセリアと契約したのか?」
「そうですね」

 あっさりと、エルオードは頷く。

「お互いに利用し合った、というところでしょう」

 少し離れた所で、エクセリアが僅かに顔を伏せていた。
 あまり、耳にしたくない過去のことだったのかも知れない。

「もっとも復讐心など、今では欠片もありませんけどね。アルティージェは面白い方ですよ。誰よりも最初に出会っていれば、また違った未来になっていたと思います」
「だったら……」

 俺が言うよりも早く、エルオードは首を横に振った。

「例えそれが間違いであったとしても、誰に最初に出会ったか、というのはその後の人生にどうしようもない影響を残すものです。そんなことは、真斗君自身が一番良く知っているのでは?」
「――――」

 それは、そうだ。
 由羅のこと。
 あいつとの出会い方が、まさにそうだったのだ。

 エクセリアによって変化した記憶の順番のせいで、俺はずっとあいつのことを敵とは思えなかった。
 出会い方一つで、こうも変わってしまう。
「僕の場合も、そうだったというわけです。彼女と出会ったこと。それがここに僕のいる理由の全てですから」

「……そんなに、エクセリアのことが?」
「ええ」

 頷き、エルオードは槍を構えた。

「彼女はまだ幼い。誰かが支え、導かねばならないんですよ」
「……そうかもな」

 同感といえば……同感か。

「ま……俺はそこまで大層なことを考えてるわけじゃねえけどな……」

 そういう役があるのであれば、悪いが俺がそこにいるつもりだ。
 押し退けてでも。

「ただ今は、茜が第一だ。とっとと倒して返してもらう」
「……直接、彼女の元に行った方が良かったのでは?」
「適材適所だよ。あいつにはいっぱい慕ってくれる奴らがいる。みんなで寄っても仕方ないだろ。あいつらが感情で茜を支えるんだったら、俺は冷静に、効率のいい方法でやってやる」
「ふむ……。僕の見込んだ通り、頼もしいですね」
「そうかよ」

 俺も構えをとる。

「――では」

 再び、エルオードの槍が唸った。


 次の話 >>


 目次に戻る >>