終ノ刻印

第135話 烏合の衆ならば

終ノ刻印 第三章 帰する刻印編 第135話

     /真斗

 今までの不調が嘘のようだった。
 エクセリアにあれを刻み込んだ瞬間に、俺の身体の一切の不調が消し飛んでしまったのである。
 そのことに調子を得て、俺たちは目的地に向かって走っていた。

 向かう場所は、昨夜と全く同じ場所。
 第二ラウンドってわけか。
 エクセリアと出会った公園からはかなり距離がある場所であるが、単車を飛ばして山すそまでは来ている。
 そして今は、境内へと続く山道を登っているところだった。

「――――」

 登り始めてすぐ、異様な雰囲気に気づいて足を止める。

「……これは」

 山が鳴動しているのが分かる。
 そして眩い閃光が、時折闇を照らす。
 しかしそれ以上に……何か違うものが、この先全体を覆っているようだった。

「真斗」

 姿を現したエクセリアは、俺の横に並んで見上げてきた。

「なんか、やばそうにことになってるな……」
「恐らく、想念であろう」
「想念?」
「人の想いが凝っている。主に、妄執が」
「尋常じゃないな」

 そうとしか言いようがない。
 俺みたいに感覚の鈍い奴ですら、これほど感じるものが渦巻いているのだ。
 尋常なわけがない。

「この想念には、方向性がある。向けられるべき対象がいる」
「……というと?」
「アルティージェが山に登ったのだろう。ゆえに憎悪も活性化した」

 憎悪にアルティージェ、か。
 何となく納得する。
 あいつが過去にやらかした残骸――そういったものの類なのだろう。
 今ここに満ちているものは。
 もっともそれを掻き集めたのは、エルオードだろうけど。

「山頂へ」
「え?」

 そう言われて、俺はエクセリアを見返す。

「あの境内は上まで行かなくたって……」
「あれは、表にすぎぬ。この奥に、最遠寺が管理してきた呪いがある」
「呪い?」
「そうだ。この地はこの町の鬼門に当たる。それゆえ、様々な厄災が封じられた場所でもある」
「鬼門ねえ……」

 俺はそういったことには詳しくないが、それでもこの京都って町が、そういったものを意識して作られているってことは知っている。

 鬼門といえば、北東。
 京都市の北東を見てみれば、叡山やら鞍馬といった寺が、京都の鬼門鎮護の寺として信仰を集めてきたのは有名なことだ。

「恐らくこの場のことは、誰にも知られてはおらぬ。最遠寺はかつて叡山の末寺であったゆえ、その長吏がこの地において秘密裏に管理を任っていたらしいが」
「詳しいな」
「エルオードがそう言っていた」

 なるほど。

「で、まさかと思うけど……」
「エルオードはそれを解放するつもりだ。それこそ方向性の無い想念に違いないが、一時の力にはなる。そなたと戦うための」
「……どうしてそんなことができるんだよ?」

 不思議に思いながら、聞いてみる。

「聞いたはずだ。あの者とはネレアの契約を、かつて結んだことがある。わたしの知識だ」
「ふうむ……」

 エクセリアの、か………。
 と思った瞬間、ぼごっ! と突然何かが地面から飛び出してきた。

「げ!?」

 目を疑う。
 出てきたのは、まさに骸骨だったのだ。
 身体には、鎧と思しきものを一部身につけた、まさに落ち武者の亡霊といったところの物体。

「おいおいおい……!?」

 正直慌てた。
 気味が悪い上に、ぼろぼろになった太刀をひっさげて、こっちににじり寄ってくるのである。
 しかもあちこちで、似たような音がしていた。
 地面から飛び出てくる音。

「……これもあれか?」
「屍を利用する方法もできたはずだ。実際、二代目のネレアがオルセシス異端裁定において……」
「後にしろっ!」

 エクセリア自身はさほど脅威を感じていないらしいが、俺はそうはいかない。
 襲い掛かってきた骸骨に向け、解凍した剣を一閃させる。
 あっさりとそいつはバラバラになったが、似たような連中は次から次へと湧いて出てきていた。

 武者の格好をした奴だけでなく、中途半端に腐った、恐らく最近の自殺者じゃないかと思われるようなもので、こっちに向かってきている。
 ほとんどゾンビだ。

「くっそ……!」

 焦る俺を、不思議そうにエクセリアが見返してくる。

「あんなものは、ただ動くにすぎない。そなたが恐れるようなものでは……」
「見た目が気持ち悪い!」

 断言してやると、エクセリアは一瞬押し黙った。
 それからじっと連中を見つめ、もう一度口を開く。

「趣味が良いとは言えぬが……」

 やはり釈然としない様子のエクセリア。
 俺が嫌がっている理由を共感できなくて、不本意に思っているようだった。

 ……エクセリアって、こういうの見てもあまり感じないんだな。
 今だけはちょっと羨ましい。
 などと思っていると、腐った死体が俺の寸前まで迫っていた。

「くそっ!」

 ほとけさんには悪いが、遠慮はしてられない。
 俺は剣を振るって、前に進む。

「行くぞエクセリア!」
「――――」

 エクセリアは俺のぴったり横につく。
 俺達はそのまま亡者の群れの中を突き進んだ。

     /由羅

「はあ――っ!」

 幾度となく繰り出された闇を、私は全て振り払う。
 闇と光がぶつかり合い、大地を鳴動させる。

 相手も私を敵と認識したのか、執拗に私を狙ってきていた。
 更に大きな赤い闇が、木々を一瞬にして腐らせながら突進してくる。
 あんなものに触れられたら、私までおかしくなってしまう。きっとそういうもの、だ。

「このぉ!」

 構わずに、こっちも撃ち放つ。
 二つの力は相殺され、その場で消え失せる。
 さすがに疲労を感じてきたが、まだまだいける。

「――――キさマ」

 初めて、泪が声を出した。
 憎悪に満ちた声で。
 それはもはや泪の声ではなく、何かの集合体のような、入り混じった声。

「なゼ……ダ。我らガ恨ミ、貴様ごとキに届かヌはずガ……!」

 苛立ちが、その声から滲み出す。

「甘くみないでよ!」

 単純な積み立てならば、二千年以上も前に生まれた私の方が多いのだ。
 相手はレイギルアの次の魔王の時代の存在である以上、何百年か後の時代に生まれたことになる。
 消耗戦では、私の方が有利なのだ。

「ふん! いっぱい集まってるからって、私に勝てると思わないで! 烏合の衆って言葉、教えてあげる……!」

 今度はこっちから仕掛けた。
 放たれた光が大地を薙ぎ払う。

「ヌうううウうウ………!」

 それでもさすがというべきか、泪は私の一撃をしのいでみせた。
 そして即座に反撃してくる。

「死ねエエエエエエ!!」

 赤い触手が無数に展開し、私を貫こうと襲いかかる。

「この程度で!」

 どんどん戦意が高揚してくる私は、その触手の中に飛び込んだ。
 纏わりついてくるのを払いのけながら、泪を目指す。

「はああああっ!」
「!」

 懐に飛び込んだ私は、下から思い切り殴りつけた。
 何かが砕ける音がして、泪はまともに吹っ飛ぶ。

 確かな手応え。
 もう一発と思い、更に踏み込んだところに、赤い触手が行く手を阻むように群がってくる。
 触手に絡め取られ、嫌な圧力が全身に圧し掛かった。

「このっ!」

 私はそれを振り払い、先へと進む。
 そこへ放たれる、赤光の球。

「っ……!!」

 直撃だった。
 顔は庇ったものの、光は私を巻き込んで炸裂して、ずたずたに引き裂こうとする。

「こんなもの……!!」

 それでも、私の身体を壊せるほどのものではない。
 耐えることはできる!
 全身の生命力を防御として、耐え忍ぶ。

「――――っ!」

 赤い闇が晴れ、開けた視界の向こうには。
 その赤光を槍のように細く収束させて、投擲の体勢を取る泪の姿。
 完全に、照準が合ってしまっている。
 狙い撃ちだ。

 逃げるか、防ぐか、攻めるか。
 その瞬間に咄嗟に浮かんだ選択肢。
 私は迷わなかった。

「――――〝光陰千年のラウザンド〟」

 これまでで最大出力の力を練り上げる。
 眩い光が全身を覆う。

「オオオオオオオ!」

 対する泪もまた、全身から想念を吐き出していた。
 全く異質でありながら同等の質量をもった力が、ぶつかり合う。

「――〝六軍打チ消ス業魔ガ槍ルディ・ラダディオン〟!!」
「〝息吹ゼロ〟!!」

 赤と黄金。
 二つの光が一帯を、在り得ない光量で照らし尽くした。


 次の話 >>


 目次に戻る >>