終ノ刻印

第133話 怨念と妄執

終ノ刻印 第三章 帰する刻印編 第133話

     /由羅

 何が起こったのか、一瞬分からなかった。
 エルオードに向かって跳び掛ったイリスの背後から、何かが貫いたのだ。
 それは、黒い影のようなもの。

「イリスっ!?」

 私は思わず叫んで、イリスに駆け寄ろうとした。

「由羅、後ろを!」

 楓の声が響き、背後を振り返れば、そこに思わぬものを見る。

「うそ……なんで!?」

 そこにいたのは泪だった。
 イリスと楓によって、完膚なきまでに滅ぼされたはずの、泪。
 それが当然のように立っていた。
 赤い闇のようなものを纏いながら。

 泪が、手を振るう。
 その途端、赤い闇が触手を伸ばし、私へと襲い掛かってきた。
 ――こんなもの!

「はあああっ!」

 私は自分の生命力を活性化させて光とし、闇を薙ぎ払う。
 〝光陰千年の息吹ラウザンド・ゼロ〟の応用――というか、小型版だ。
 威力は比べ物にならないほど小さいけれど、この程度の闇を打ち払うくらいなら充分である。

「イリス……っ!」

 泪が動きを止めたのを確認して、私は傍へと寄った。
 地面に倒れて血を吐いているイリスの身体には、小さな穴がぽっかりと空いてしまっている。

「大丈夫!? ねえ……!」
「……大丈夫」

 震える声でそう答えると、イリスはその場に立ち上がった。

「……こんなの、大したことないから」

 そうは言うけど、とてもそうは見えない。

「いったいどういうことです?」

 私とイリスの前に立って、泪へと楓が問いかける。
 返事は無い。

「――なるほど」

 声は別のところからした。
 エルオードの背後。
 藪を掻き分けて、誰かが現れる。

「これが目的だったのね。エルオード」
「おやおや……」

 そこにいたのはジュリィだった。
 私より先に向かったはずなのに、姿が見えなかったことが不思議だったんだけど……。

「近くにいるとは思っていましたけれどね」
「ええ。ずっといたわ。楓と一緒に来たのだから」

 その言葉に、エルオードは苦笑する。

「なるほど。楓さんをダシにして、こちらの手の内を探っていたというわけですね」
「あなたは頭が切れる。あのアルティージェを相手にするのに、まさかナウゼルや泪だけを頼りにするとは思えない。何かもう一手あるのではと思っていたわ」
「いやあ、さすがですね。大したものではありませんが、念のためにということで」

 そう言って、エルオードは泪を見た。
 ……よく見れば、その様子はどこか変だ。
 目は虚ろで、どこを見ているのかよく分からない。
 それに雰囲気も異様だった。

「予備の身体といったところね?」
「はい。そんなところです」
「え、予備って……?」

 そんなことを言われても、私には分からない。
 と、楓が答えてくれた。

「人形なんですよ。恐らく」

 人形って……つまり、泪の予備ってこと?

「ええ、楓さんのおっしゃる通りです。依り代となるよう、作っておいたものですよ」
「泪がやられた場合に、すみやかに憑いているシャルティオーネを移動させるためのもの、ということね」

 ジュリィの言葉に、エルオードが首を横に振ってみせた。

「間違ってはいませんが、正確ではありません。あそこに入っているのは、ただの怨念と妄執だけです。シャルティオーネはもちろん、オルディード、ラスティラージュのものもありますよ」
「……なに、それって」

 何だかとても嫌な気分になる。
 その話通りなら、あの泪の身体の中には、そんな嫌なものがいっぱい詰まってることになる。

「最初からそういうものを仕立てるつもりではいたのですが、考え直し、まずはそれぞれ個人のものを復活させることにしたんです。さて、なぜだかわかりますか?」

 ――それって。

「二度殺された方が、想念がより濃くなるから……ですか」

 楓の答えに、エルオードは満足そうに頷いた。

「正解です」
「最低……っ!」

 わたしは思わずそう吐き捨ててしまっていた。
 むかむかとさえしてくる。

「恐縮です。ですが……それなりの効果はあったでしょう?」

 ――それなりどころの話じゃない。
 ただでさえ、千年以上も妄執を抱き続けてきた想念が、たった今殺された恨みで倍増してしまっている。
 そしてそんなものが、一つの身体の中にいっぱい詰まっているのだ。

 そうか、と思う。
 泪の周りに漂っているのは、まさに怨念そのものなのだろう。
 それはイリスをあっさり貫くほどの力を秘めている。
 たぶん、さっきまでの泪とは桁違いだ。

「まったく……」

 エルオードの話を聞いて、楓はイリスを見る。

「私たちはいいように利用されてしまっていたというわけですね。イリス、あなたも存在否定をするのならば、あの妄執ごと消し去れば良かったのです」
「……わたしにあんな汚らわしいものを、理解しろって言うの?」
「私がするわけではありませんから」
「……相変わらず、性格真っ黒だね」
「あなたに言われたくありません」

 喧嘩している様子では無かったけれど、私は二人の間でおろおろしてしまう。
 こんな時に、仲間割れして欲しくない。

 と思ったけど、どうやら杞憂だったようだ。
 二人にそんな気は無いらしく、泪のことを話し始める。

「……で? イリス、あなたに勝算は?」
「わからない」

 あっさりと、イリスはそう答えた。

「さっきとは存在力が違う。簡単には滅ぼせそうもない」
「そうですか」

 声にこそ出さなかったけど、楓もさすがに困ったように見えた。
 イリスは不意打ちをくらって傷ついているし、楓もずっと戦っていたせいで、疲労がたまっている。
 私とジュリィは元気といえば元気だ。でも正直ジュリィにはあまり戦って欲しくなかった。

 ジュリィの身体は、私なんかよりずっと脆い。戦うことで生命力を消費すれば、命にかかわってしまう。
 だから私が何とかしたかったけど、相手は一人じゃないのだ。
 エルオードもいるし……茜だっている。
 どうしよう……。

「――ユラ」

 そんな私へと、声がかけられた。
 ジュリィだ。

「あなたはイリス様と楓の三人で、泪を始末しなさい。それは、油断できる相手ではないわ」
「で、でも……?」
「茜の相手ならば、わたしがする。……どうせあなたたち三人とも、彼女に刃を向けることはできないでしょうから」

 その通りだった。
 私とイリスは茜のことが好きだし、楓は茜のお姉さんだ。
 みんな、とてもやりにくい相手には違いない。

「でも、ジュリィ一人で……?」

 大丈夫なのか。
 茜だけでなく、エルオードだっているのに。

「彼は、わたしたちと戦う気はないはずよ」
「え?」

 ジュリィの言葉に、イリスも楓も怪訝な顔になる。

「相手は他にいるということ。違うの?」
「……どうでしょうか」

 エルオードは曖昧に言葉を濁すだけで、答えない。

「……まあいいわ」

 ジュリィも、特には追求しなかった。

「さて……そろそろ再開しましょうか。あなた方には申し訳無いのですが、僕にはあなた方を消去せねばならない義務があります。ジュリィ、あなたもですよ」
「……わかってるわ」
「ならば結構です。では」

 その瞬間に、泪が動き――茜が動く。

「ジュリィ!」

 私が倒すべき相手は泪だけど、どうしてもジュリィのことが心配だった。

「由羅!」

 思わずジュリィの方を見てしまっていた私へと、楓の叱責が飛ぶ。

「わっ!」

 振り返った私の目前を、赤い咒力の球が横切り、ずっと背後で炸裂する。

「由羅、前を見て。危ないから」

 イリスが寸前で、その黒球を大鎌ではじいてくれたのだ。

「ご、ごめん……」

 今は前に集中しなければいけない。
 ジュリィはきっと大丈夫だ。私に比べてずっと頭がいいし、ちゃんとこの先のことも考えてあるに違いない。
 今は泪を倒して、それから――ジュリィの応援に行けばいいのだ。
 そう思い、私は目の前の敵に集中した。


 次の話 >>
第134話 兄との再会終ノ刻印 第三章 帰する刻印編 第134話      ◇ 「―――――」  泪が、何事か唱える。  その瞬間に間合い...

 目次に戻る >>
終ノ刻印【Thousand Testament Ⅹ】 『終ノ刻印』とはたれたれをによる小説作品。  『Thousand Testament』シリーズの一つ。エピソードⅩに当たる。 ...