終ノ刻印

第124話 深夜の決戦③

終ノ刻印 第三章 帰する刻印編 第124話

     /茜

「〝後悔の海・懺悔の原・エインの言霊オルラウン・ラウ・クリステア・エルエヌド〟!」

 泪が打ち放った咒法は、手に持つ杖のせいで、倍加されていた。
 威力が増している。
 とてもまともには受けていられない。やり過ごして叩き返す!

「〝スィークティアスの光〟よ!」

 光の咒法を投げつけ、同時に銃の引き金をも引く。
 一つの技の力で劣るならば、数で勝負する!

「く――」

 直撃はしない。
 しかしかすってはいる。
 確かに泪の咒法の力は大したものだ。
 認めるとすれば、私は一歩……いや二歩は劣っている。

 しかし体術・格闘となれば話は別だ。
 私の方が優位なのは間違いない。運動能力では負けはしない。

 だから互角。
 お互い一歩も引かず、咒法の応酬を繰り返す。
 もはや外のことなど見えない。
 由羅は無事か、イリスは大丈夫なのかということも。
 だというのに。

「――――!?」

 圧倒的な力の奔流を感じ取って、私は足を止めた。
 それはここから離れた山林の方。
 真斗が戦っているであろう場所。
 いったいどんな戦いをしているのか、見当もつかない。
 そんな場所から、かつてない力が発せられている。
 この場にすら、影響は及んでいた。

「ふ――どこを見ているのです!?」
「――――っ!」

 油断していたわけではなかったが、一瞬気をとられていたせいで、かわすのが僅かに遅れた。
 とはいえ、微かに頬をかすめた程度の傷だ。

「ふふ、これで彼も終わりですよ。お父様が放つあの光は、紛れも無く最強です。耐え凌げる者など存在しません」
「――何を根拠に」

 泪の言葉など、私は全く意に介しなかった。

「私は負けない。真斗も負けない。わかりきったことだ」

 今は、自分のやるべきことをする。
 それだけで、いい。
 それは信頼とはまた違う、別の何か。
 それが何であるか、私にも分かりはしなかったけれど。

     /真斗

「〝三界打ち滅ぼす天魔が剣ウォルティカ・アクティオン〟――――!!」

 それは、どちらの声だったのかは分からない。
 全く同質の力に、辺りは白昼と化す。
 閃光がでたらめに飛び交う。
 光はただの可視光だけのはずもなく、触れれば侵食し、一気に破壊される。
 だが確実に、境界線がある。
 光と光の中、その一線があるはずだ。
 それを先に越えた方が――勝つ。

「おおおおおおおっ!」

 空間が軋む。
 大地が抉れる。
 風が風を殺し合う。

「――――来るか!」

 柴城もまた、その境界へと駆けた。
 そして長くも一瞬の後に、二つの刃が重なり合う!

 ジィイィィィィィィッ!!

 正真正銘の、鍔迫り合い。
 耳を劈く音と共に、周囲の全てが荒れ狂う。

「くそおおおおおおおっ!!」

 後先は考えない。
 この一撃で、終わらせる!

 ――そして。

 ジィンッ!

 何かが砕けた。
 突然にして遮るものがなくなり、お互いに前へと倒れこみ、勢いのまま転がっていく。
 その瞬間に、光もはじけていた。

「ぐあ――――あ………」

 全身がバラバラに砕けたかとも思える衝撃だった。
 どこもかしこもが痛くて、いったいどこが痛いのか、まるでよく分からない。
 身を起こそうとするが、生気がごっそり抜けたようで、力も入らなかった。
 立ち上がろうとして、転ぶ。

『真斗』

 聞こえてくるのは、気遣うエクセリアの声。

「大丈夫だ……」

 身体の消耗そのものは、エクセリアのおかげで早くも少しずつ治ってきている。
 問題なのは精神の方だ。明らかに、身体そのものではない何かが悲鳴を上げている。

「ち……くそ、このぽんこつめ……」

 自分のことだが、そんな悪態が出てきてしまう。
 頭がずきずきと痛む中、ようやく俺は、柴城の方を見ることができた。
 向こうは片膝をつき、俺と似たようなダメージを受けている。

「……相討ちかよ」

 そう見えた。
 向こうにも余力があるようには見えない。

「いや、そうでもないぞ」

 軽く、いつもの調子でそう言う。
 真意が分からず目を凝らして――ようやく気づく。
 柴城の持つ剣は、途中から完全に砕けてしまっていた。
 一方俺の持つ剣には、何の損傷もない。

「練成もせず、力技だけでここまでやるとは恐れ入ったな。さすがと言うべきか、若いっていうのはいいもんだな」
「……何言ってやがるんだ」

 軽口なんて、聞いている暇は無い。
 今から行って、とどめを――――

「――いいじゃないの。これで終わりにしておきなさいな」

 ――なに!?

 俺の意思を遮るように、何者かの声が響く。
 ぎょっとなって、声のした方向を見返した。

「てめ……アルティージェ!?」

 当然のように、そいつはそこにいた。
 相変わらず傲然として、見下ろすような態度はそのままで。

「あら」

 俺の言葉に、何やら嬉しそうに微笑む。
 そのままアルティージェは無造作に歩み寄ると、柴城の前まできて跪いてみせた。
 おいおい……?

「――お久しぶりです。お父様」
「――実感を持てと言われても困るがな。アルティージェか」
「はい」

 頷いて、頭を上げる。

「まさか、再びお会いできるとは思ってもいませんでした。嬉しく、思います」
「…………」

 丁寧に、しかも敬愛すら感じさせる口調で話すアルティージェを見て、俺はただただ唖然となるしかなかった。
 何ていうか、普段のイメージからかけ離れすぎている。

 いったい何だってんだ……?
 と、すぐに柴城は苦笑したようだった。

「よせよせ。お前ならわかっているはずだ。おれはシュレストなんかじゃない。記憶や力は多少あるが、その程度。シャルティオーネとは違う」
「ふふ、そうね。だけれど、茶番のつもりではないのよ? お父様とは違って」
「茶番……?」

 俺は眉をひそめる。

「あら、気づいていなかったの?」

 アルティージェは立ち上がると、面白そうに微笑んだ。

「まあ――そうね。気づいていては、先ほどのようにがむしゃらはできないものね?」
「おいこら……いったいどういうことだ?」
「いいわ、ご褒美よ。わたしが話してあげる」

     /茜

「はあ……はあ……」

 さすがに疲労を隠せなくなってきた。
 否応無く、肩で息をしてしまう。
 しかしそれは、相手も同じだった。

「九曜茜……まさかここまでできるとは……!」
「ふん、今さらだな」

 私と泪の勝負はついてはいない。
 だけど、実際には決まったようなものだった。
 泪の焦燥の様子が、それを物語っている。

「もう終わりだ」

 イリスを前に、ザインはすでに敗れている。
 そのザインが引き連れてきたであろうアトラ・ハシースも、その大半が由羅によって叩きのめされていた。
 頼みの柴城さんも、恐らく――――

「――このような所で!」

 怒りに任せ、杖をかざす。
 最初に見せた、あの技か。

「……それは私には通じない。お互い傷つくか、無駄に終わるだけだ」
「――それはどうでしょうか。あなたは疲労している。そして消耗も。あのような禁咒を幾度も使えるほど、あなたは強くはない」

 それはその通りだ。
 今の私に、禁咒を扱えるほどの余裕は無い。
 死裁の銃身ゼオラルーンの引き金を引くことすら、もはや多大に苦痛を伴うことになってしまっている。
 だけど、それが何だというのだ。

「ふん、甘く見るな。あと一度や二度くらい、できないとでも思っているのか?」
「――それならば」

 試してやると、泪は杖を振るった。
 呼応するように、周囲の温度が低下していく。

「今度こそ、味わうが良いでしょう――極北の吹雪を!」
「ならば地獄の極炎、凍りつかせてみるがいい!」

 引く気は無かった。
 正面勝負。
 小細工も無用だ。
 残りの力を全て用いてでも――
 そう、思った瞬間だった。

「っ――な…………!?」

 不意に上がる、驚愕の声。
 紛れも無く、泪のものだ。

「馬鹿な……!」

 私のことなど忘れたようにその場を跳んだ泪だったが、その後を鮮血が舞っている。

「…………?」

 何が起こったのか、すぐには分からなかった。

「なぜ生きている!?」

 肩に刺さった鏃を抜きながら、泪は私以外の誰かを見て、そう叫んだ。


 次の話 >>
第125話 深夜の決戦④終ノ刻印 第三章 帰する刻印編 第125話 「――何を当然のことを。私が誰に敗北すると言うんです?」  応える声に。 「え...

 目次に戻る >>
終ノ刻印【Thousand Testament Ⅹ】 『終ノ刻印』とはたれたれをによる小説作品。  『Thousand Testament』シリーズの一つ。エピソードⅩに当たる。 ...