終ノ刻印

第120話 所長

終ノ刻印 第三章 帰する刻印編 第120話

     /エクセリア

 夜も更け、事務所は静かになった。
 時間を待って、真斗達が目的の場所へと向かったからだ。

 私も真斗と共に行く。
 今は私の力を望まれているし、私自身もいかな時であれ、その存在を見続けるために。
 しかし、私はまだここに残っていた。
 事務所には、エルオードが寝かされたまま、一人残っている。
 その傍まで来て、私はその姿をしばらく見つめていた。

 ……この者は、私にとって少々特別な存在だ。いや、少々どころではないかもしれない。
 真斗とはまた別の意味で、特別な存在だった。
 今は眠っている。
 少し遅れているようだが、黎が戻ってくれば傷も癒えるだろう。

「…………」

 私自身、何を思うのかよく分からない。
 その複雑な感情を胸に抱いたまま、私は真斗の後を追った。

     /真斗

 夜の道。
 いや、道と呼ぶにはあまりに適当なものかもしれない。
 かつてはそうであったのかも知れないが、今では朽ち果て、雑草も伸び放題となった山道。
 通じるのは、かつての境内後。

「こんなところに……」

 見上げた先には、古びた社があった。
 道の同様、手入れがされている様子は無い。

「うわ……いかにもって感じよね」

 幽霊でも出てきそうな雰囲気に、由羅はそんな感想を洩らした。

「調べてみたけど、こんな所に神社は存在しない。少なくとも、地図にはなかった」

 俺と同じくそれを見ながら、茜が言う。

「ずっと昔に廃されたんだろうな。肝試しにはもってこい、か」

 もっとも出てくるのは幽霊じゃなく、もっと物騒な連中だろうが。

「行くよ」

 少しも動じていない様子で、イリスが先に進んでいく。
 そして、開けた場所まで出た。

「――お待ちしていました」

 当然のように、声が投げかけられる。
 本殿の前に、そいつは佇んで待っていた。
 最遠寺泪。

「ちゃんと、メッセージは届いたようですね」

 上田さんのことか。

「悪趣味な真似しやがって。だったら俺たちが来た理由もわかってるだろ? まずは所長を出せ。それと、楓さんだ」

 俺の言葉に、不思議そうに泪は首を傾げてみせた。

「お兄様のことならともかく、九曜さんのことは申し上げたはずですが?」
「黙れ!」

 茜が叫ぶ。

「でたらめを言うな! 姉さまがお前なんかに――」
「いいえ、わたくしがやったわけではありませんよ。さすがにあの方は、油断できかねる相手ですので。……それにしても、四人、ですか。アルティージェも来るものかと思っていたのですが……まあ良いでしょう」

 そう言うと、泪はそっと片手を上げた。

「…………やっぱり罠かい」

 周囲を見渡せば、完全に俺達は囲まれてしまっていた。
 先日襲ってきたアトラ・ハシースの連中に、ザインの姿もある。
 しかもあのおっさん、昨日あれだけやられたくせに、それが嘘のように元の身体に戻っていた。

「ここで死ねってか?」
「そうですね。それも良いでしょう」

 平然と、泪は言う。
 こいつ……!

「ただし、桐生さん。あなたは見逃しても構いません。もちろん、九曜茜さん以外のお二人も」
「…………?」

 思わぬ言葉に、俺は眉をひそめた。

「俺たちは、九曜とは関係無い、か?」
「そうではありません。それに無条件で、とは言っていませんよ」
「何が狙いだ」
「ふふ……簡単なことですよ。あなたが手にする〝インシグネ・ゲネリス・ディーネスカディーネスカの紋章〟……。それをわたくしに継承させることが、条件です」
「なに?」

 それもまた、予想だにしなかった言葉だった。

「真斗、それってもしかして……?」

 由羅が俺を見る。
 かつて、由羅に刻み込まれていた刻印。
 九曜家に伝わるものであるが、その正体はディーネスカ当主の証ともいえる紋章だ。
 どんな偶然の悪戯なのか、今は俺がその継承者になってしまっている。

「ああ。あれのことだろ。けど……」

 どうしてそんなものを欲しがるのか。

「そもそもそれは、あなたには関係の無いもののはずです。わたくしにお寄越しなさい。そうすれば、命は助けましょう」
「…………」

 ディーネスカの紋章、か。
 思わぬところで、アルティージェに関係ありそうな話題が出てきたもんだ。

「馬鹿言え」

 俺は吐き捨てる。

「そんなもんに固執するつもりはねえけど、俺が茜を見捨てるわけがないだろ?」

 継承させるということは、つまりそういうことだ。
 話になりはしない。

「残念ですが、ならばやはり死んでもらうしかないようです。あなたが死ねば、紋章は一代前に戻る。つまり、九曜茜さん。あなたに」

 そうか。
 俺は茜からこいつを継承したんだったよな。

「ちょっと! 何勝手なこと言ってるのよ!」

 由羅が怒ったように声を上げた。

「真斗は私が私であるために、絶対いなくちゃいけない存在なんだから! それを勝手に殺すなんて……そんなことさせない!」
「意気込むのは結構ですが、無駄なことです。わたくしとて、あなた方がお強いのは存じています。勝算なくして、ここに誘ったりはしませんよ」
「ならば、その勝算を導き出したその小賢しい頭にでも、欠陥があるようだな」

 すでに臨戦態勢をとっている茜が、嫌味を込めて言い放つ。

「そうでもありませんよ?」

 くすりと、泪は笑った。

「証拠を一つ、お見せしましょうか。あなた方が先ほどから気にしている、人質です」
「――下がって」

 最も早く反応したのはイリスだった。
 瞬時に見た目も物騒な大鎌を顕現させると、地を蹴って飛び上がる。
 驚く暇も無く、剣戟が響き渡った。

「な……!?」

 空中でイリスは何者かとぶつかり合い、そして再び舞い戻ってくる。

「――ふむ。さすがだ」

 泪の隣に着地する人影。
 それは。

「おい……!?」
「うそ、なんで……!?」

 俺も由羅も、そして茜も驚かずにはおれなかった。
 泪の横に並んだ人物。
 その手には、どこかで見たことのある剣。
 それをもって、不意の一撃を繰り出してきたのは――紛れも無く、所長――柴城定だった。

「どういうことだ!?」

 これでは所長は、とても人質には見えない。
 むしろ、泪の仲間のようにすら――見えてしまう。

「悪いがな」

 いつもの調子のまま、所長が口を開く。

「楓くんをやったのはこのおれだ」


 次の話 >>
第121話 継承戦争を語りて終ノ刻印 第三章 帰する刻印編 第121話 「な……」  呆然となる茜。 「馬鹿言え! いったい何言ってんだ!?」 ...

 目次に戻る >>
終ノ刻印【Thousand Testament Ⅹ】 『終ノ刻印』とはたれたれをによる小説作品。  『Thousand Testament』シリーズの一つ。エピソードⅩに当たる。 ...