終ノ刻印

第116話 アルティージェ再び

終ノ刻印 第三章 帰する刻印編 第116話

「なんで、お前……!?」
「どういうことだ?」

 隣で、茜が警戒しながら俺に尋ねてくる。

「あいつは、お前が倒したはずじゃなかったのか?」
「いや……そのつもりだったんだけど……」
「……もう。では本当にわたしが死んだとでも思っていたのね。まさかとは思っていたけれど、ちょっと不愉快な事実だわ。まあいいけれどね。……それより」

 アルティージェは俺達を尻目に、今度は泪達の方を見やる。

「こちらもお久しぶりだと、そう言うべきかしら? 二人とも」
「……アルティージェ!」

 泪の顔から一気に余裕が消し飛んでいた。
 悪鬼のごとき形相で、アルティージェをねめつける。

「ふふ、元々あなたたちの目的は、わたしでしょう? どうする? 今ここで、再度決着をつけましょうか?」
「……勝てぬ勝負は挑みませんよ。ですが、それもあと僅かです」
「そう? それは愉しみね。オルディードお兄様にシャルティオーネお姉様」
「…………」

 最後までアルティージェのことを睨みながら、泪とザインは闇へと消えていく。

「……逃げたのか?」

 そうとしか思えない。
 アルティージェが現れたことで、あの二人は引いた。
 しかしなぜ、アルティージェがこんなところに現れたのか。
 いやそれ以上に、あいつは一年前にぶっ倒したはずだ。

「もっと厄介なのが残ったようだけど」

 俺も茜も、全く警戒を解けなかった。
 一年前、アルティージェを相手に俺達は散々苦労させられている。

「確かにな……」
「そんなに気張らなくてもいいわ」

 そう言うなり、アルティージェは俺達の方へと近づいてくる。
 歩きながら、右手を横に伸ばした。
 その手に現れる、一本の剣。
 ずいぶんくたびれた長剣だった。

「お前……?」

 アルティージェは、俺の目の前で意外な行動に出た。
 その場に片膝をついて、あろうことか跪きやがったのだ。
 そして、剣を両手に掲げて。

「――お父様の遺品よ。真斗、あなたにあげるわ」
「おい……いったい何の真似だ?」
「ふふ、光栄に思うことね。わたしが誰かに膝を折るなんてこと、この千年無かったのだから」

 有無を言わさぬ迫力に圧されて、俺はその剣を受け取る。
 やはり古びている長剣。

「……何だよこのぼろ剣は?」
「失礼ね」

 俺が受け取ると、アルティージェは非の打ち所の無い優雅な一礼とともに、その場に立ち上がる。

天魔三界の剣アクティオン……お父様が使っていらした剣よ。お父様が残した最高のものは、紛れもなくこのわたしだけれど、まあその次の次くらいには価値があるのではない? 少なくとも、遺産と呼ばれるものの中では最高峰ね」
「そーは見えねえぞ」

 ぼろぼろだし。

「節穴ね」
「む……」
「ま、見てくれの悪さは仕方ないわ。お父様が亡くなってから、ずうっと使っていなかったのだもの。わたしはそれよりも、降魔九天の剣シャクティオンの方が好みだったから」

 お父様お父様って、そういやこいつの父親って……?

「いったい何の真似だ?」

 不審を隠そうともせず、茜がアルティージェをねめつける。

「だって素手ではきついでしょう? わたしと戦った時に使っていた魔剣アルレシアルは、消えてしまったし。代わりといったらその剣くらいしかないわ。オルディードの持っていた逢魔十戒の剣オルディオンは、ナウゼルお兄様の愛剣だもの。簡単には砕けないしね」

 何のことだかさっぱり分からんぞ。

「だから、そうする理由は何なんだ?」

 茜の問いに、アルティージェは笑ってみせた。
 冷笑と微笑の入り混じった、こいつらしい笑み。

「打算と興味。そんなところね」
「またろくでもないこと考えてるんじゃねえだろーな……?」
「いったいいつ、わたしがろくでもないことを考えたのかなんて知らないけれど、今回のことはあなたたちのためにもなることよ? さっきだって助けてあげたのだし。ちゃんと恩に着なさいよ?」

 何か恩の押し売りでもされているような気分だ。
 こいつの高圧的な態度は相変わらずだし……。

「お前……まだ由羅のことを狙ってるのか?」
「狙っているなんて、人聞きが悪いわね。手に入れたいだけよ?」
「…………ま、いいけどな」

 一年前にこいつと対峙して、最後に何となく分かったことがある。
 恐らくあの行為のほとんどは、演出だったのだ。
 アルティージェが口で語っていた以上の目的があったのだ。
 それが何であるかは、別にどうでもいい。

「さてと。わたしは戻るわ。夜道には気をつけることね」
「ちょっと待てよ! さっきの二人のこと――」

 何か知っている素振りだった。
 それを聞こうと思ったものの、アルティージェは肩をすくめてみせただけで、その場から立ち去ってしまう。

「……とりあえず、助かったようだな」
「そうだな」

 俺が頷くと、茜は銃を圧縮して、片付ける。

「見せてみろ」
「ん? ああ」

 今しがた受け取った剣を、俺は茜へと手渡した。
 鞘に収められたままのその剣は、長い年月の間放置され、朽ちかけているような印象さえ受ける。
 もらった、というよりは押し付けられたような感があるけど。

「……物騒な剣だな」

 茜は一目見てそう言うと、俺に返してくる。

「圧縮した後、ちゃんと封印しておけ。でないと持っているだけで疲労するぞ」
「何だよそれ? 呪われてでもいるのか?」
「そんなところだ」
「そんなところって……っておい、俺には封印も圧縮もできないんだぞ?」

 情けない話ではあるが、俺は物質の圧縮解凍の咒法を使うことができないのだ。
 物を持ち運ぶ時には非常に便利な咒法であるが、その効果は咒法士によってずいぶん違ってくる。
 うまい奴はとことん小さくできるらしいけど、少なくとも俺にはできない。誰かがすでにかけた咒法を利用する程度なら、辛うじて何とかなるが。

「……相変わらず咒法は苦手なんだな」
「悪いかよ」
「別に。……わかった。私がやっておこう」

 そう言ってくれたので、俺はもう一度剣を手渡した。

「それにしても、真斗。どうしてあのアルティージェがお前に跪いたりしたんだ?」

 腑に落ちないといった表情で、茜が聞いてくる。

「さあな。そいつを渡すためだけのポーズ、ってわけでもなさそうだったけどな……」

 第一あのくそ偉そーなアルティージェが、誰かに膝を折るということすら考えられないのだ。
 一年前の時だって、最後まで膝を屈しなかったしな……。

「何か、意地の悪い意味でもあるんじゃないのか? あいつのことだし」
「かもしれないな」

 あっさり頷く茜。
 本人が聞いたら、さぞかし立腹しそうだ。

「何にせよ、あんなのまで出てきて……思っていた以上に厄介なのかもしれないな」
「……うん」

 泪のやつが実は敵だと分かった途端に、今度はアルティージェだ。
 いったいどうなってるのか……。
 それにしても――

「お前、大丈夫か?」

 茜に、元気が無い。
 現状以上に、気になることがあるからだろう。

「大丈夫だよ。お前の姉貴って、お前より強いんだろ? あんな奴の戯言なんて、真に受けるなって」
「……そんなの、わかってる」

 泪が言っていたこと。
 すでに楓さんを始末したかのような口振りだった。
 大丈夫だとは思いたいが、盲信するわけにはいかない。

「とりあえず戻ろう。それから確認すればいい」
「…………」

 黙って頷く茜は。
 なぜか、いつも以上に小さく見えた……。


 次の話 >>


 目次に戻る >>