終ノ刻印

第107話 化粧というには

終ノ刻印 第三章 帰する刻印編 第107話

     /真斗

「むー……」

 何やらうるさくて、目が覚めた。
 ベッドの上でもぞもぞしながら、ぼんやり瞼を開く。
 視界はぼやけていて、初めははっきりしたものは何も映らない。
 しかし時間がたつに従って、やがて像を結んでいく。

「ぬ……」

 変なものが見えた。
 何かがベッドの前に座っている。
 しかも二つ……。

「ふむ……」

 目をこすりながら、ぼやいた。

「……新手の嫌がらせか?」

「馬鹿言うな」

 そうかよ。
 けど目覚ましよりタチの悪そうなやつだぞ。

「……ふあ」

 当然のように欠伸が出る。
 まだ寝ていたいけど、そうもいかなさそうだった。
 二度寝しようものなら、茜が爆発する。

「……あんだよ。朝っぱらから?」

 ……って。

「お前、まさかずっといたのか……?」

 茜の横に、昨夜と変わらぬ場所で座る少女は、間違い無くエクセリアだ。

「……少し」
「え?」
「離れ難かった。理由は私にもわからぬ」
「……真斗。何か不埒なことでもしたんじゃないだろうな……?」

 ジト目で睨んでくる茜が、ちょっと怖い。

「馬鹿言え。俺みたいな健全な青少年が――」
「寝言は寝てから言え」

 一蹴されてしまう。

「……お前、朝一で俺をいじめに来たのか……?」
「ふん。そんなつまらないことはしない。不甲斐無さを指摘しに来ただけだ」
「あん。俺が何だって言うんだよ」
「私の護衛を買って出たくせに、私よりも呑気にいる能天気さは何だ?」

 ……むう。
 ……それはそーかもしれんけど。

「あー、悪かったよ。で、わざわざ護衛されに来たのか?」
「…………。勘違いするな」

 どうしてだか視線を逸らして、茜は言う。

「私は誰かにちょろちょろされるのは嫌いだ。だから、私がお前にくっ付いていてやる。その方が、多少はマシだからな」
「いつもイリスにくっつかれてるだろーが」
「だからお前にまで纏わりつかれたらたまらんと言っているんだ!」

 怒るなよ。短気だな。

「へいへい」

 ま、護衛対象がどっかに逃げていくよりかはましか。
 あまり素直じゃない茜らしいし。

「今日は大学に行くのか?」
「そりゃあ……まあ。こっちに合わせてくれるって言うんだったら、そうしてもいいけど。授業だってあるし」
「じゃあそれでいい。あと、エクセリアも一緒に行くからな」
「ふむ。……へ?」

 反射的に頷いてから、一拍遅れて疑問符が浮かんだ。

「間抜けな顔をするな。私と一緒について行くと言っている。大したことじゃないだろう」
「いや……それは、ええと、その姿で一緒に来るって意味か……?」
「他にどんな意味がある?」

 むう……。
 これまでに、エクセリアも大学へと来たことは何度もある。
 しかし姿は見せず、ふわふわとついてきていたはずだ。
 少なくとも俺は、今の姿のままで普通に校内にいるのを見たことが無い。

 エクセリアの方を見やれば、その表情に変化は無い。
 茜の言葉に少しでも戸惑った様子が無いところを見ると、その気らしい。

「いや……ちょっとまずくないか? いくら大学ってのはオープンで、由羅とかお前みたいな部外者がいたってどうってことないけど、エクセリアはどう見ても姿が子供だし。目立つと思うぞ?」

 容姿も容姿だしな。
 あの能天気な由羅だって、黙って立っていればけっこうな容姿で、目立つのだ。
 エクセリアはそれに全く引けを取らない上に、背格好はイリスよりも小さいときている。
 これで目立たない方がおかしい。
 いやたぶん、普通に町に出ても人目を惹くだろーな……。

「この姿が、不服なのか」

 初めて、エクセリアの顔に表情らしいものが浮かんだ。
 それでもってあまり機嫌の良さそうな声でもない。
 ああ、何かまずい。

「いや、そーゆうわけじゃなくってだな……!」
「いい。わかった」

 俺が思わず弁解するよりも早く、エクセリアはその場から消えてしまった。
 まさに一瞬である。

「…………。お、怒ったかな?」

 恐る恐る、茜に聞いてみると、

「馬鹿」

 返ってきたのは冷たい一言だった。

「いや、待て……俺はたぶん間違ってないぞ。世間体を考えてもだな……!」
「器量の狭い奴だ」

 ぬあ。
 そこまで言うかい!

「きっと嫌われたな」
「いや、もともと好き嫌いではなくてだな……」
「お前みたいなガキんちょに、子供って言われたんだぞ? 普通は怒る」
「む……」
「相手がイリスだったら、殺されていたな」

 そ、そーか……?

「エクセリアで良かったな」

 それは……そうかもしれない。

「でも馬鹿だ」
「く……」
「反省しろ」
「うう……」

 くそう。
 茜の奴、言いたい放題だけど反論できねえ……。
 エクセリアが怒ったことなんか無かったから、油断していたのか俺は……!?

「とにかくとっとと起きて顔でも洗え」
「……そうする」

 どーしてだか分からんのだけど、俺は項垂れてベッドを降りるのだった。

     ◇

 そして。
「そんじゃ行くか」

 適当に身支度を整えて、ずっと待っていてくれた茜へと声をかける。

「うん」

 茜は見ていたテレビを消して、立ち上がった。

「どーでもいいけどさ。お前ってあっちで学生やってるのか?」

 歳からすると、高校生くらいか。

「やってる」
「へえ。ちゃんと行ってたのか」

 少し驚きだった。
 あんな組織に入っていながら、まっとうな学校とかに行っていたとは。

「でも今は? 休んでるのか」
「そうだ。一応、融通の利く学校を選んでいるし」
「ふうん。そんなのあるのか」

 ふむふむと頷きながら靴を履いて、何気なく玄関のドアを開ける。
 そこで。

「うあっ?」

 ドアを開けた目の前に人がいて、思わずびっくりして声を上げてしまう。
 ……恥ずかしい。

「何をやってるんだ」
「いや人がいて、ちょっとびっ――」

 改めてその人物を見やって、言葉が止まってしまった。
 背後で茜までもが固まっているのが、気配で分かる。
 目の前に立って俺を見返している奴は、よく知ってるような、でも知らないはずの奴だった。

 真紅の瞳に銀の髪。
 その髪は由羅に負けないくらい長く伸ばされている。
 こういう容姿の奴をよく知っているけど……いやまさかそんな。

「エ、エクセリア……?」
「この姿ならば、問題無いと思う」

 うあ。
 やっぱり本人かい!

「ちょっと待て……! だって背が……!?」

 そう。
 エクセリア(らしき人物)は、俺とほとんど変わらない高さに目線がある。
 ってことは、百七十センチはあるってことだ。
 当然、茜よりも黎よりも高い。

 そして雰囲気だけでなく、体格も完全に大人になってしまっている。
 余裕でモデルになれるくらいの。

「背が低ければ、子供に見えるのは当然だ。だから、少し姿を変えてみた。真斗くらいの背丈ならば、大丈夫だと思ったのだが」
「うあ……」

 もはや、そうとしか声が出ない。

 俺の間抜けな対応に、エクセリアは少し心配になったのか、表情を曇らせる。

「……その、こういう姿には慣れていないから、最近の妹の姿を参考にしたのだが、何か失敗しているか……?」

 その辺の事情は分からなかったが、それでも一つだけはっきりしていることがある。
 やはりエクセリアは、さっきの俺の言葉を気にして出ていったということだ。

 茜に散々言われたばかりだし、ここでこれ以上慌てるようなことはできない。俺の誇りにかけても!
 えーい、ここは……!

「いや、完璧だ」

 内心の動揺を抑えつつ、俺はそう言ってやる。
 相手に安心を与えるであろう、最上の表情を作って。

「そ、そうか……。それならば良い」

 ほっとしたように、エクセリアは小さく頷いた。
 ……むう。
 しっかし、こりゃ今まで以上に目立つぞ……。


 次の話 >>
第108話 エクセリアの保護者終ノ刻印 第三章 帰する刻印編 第108話      ◇  落ち着かない。  いや本当に落ち着かない。  大学に向かって...

 目次に戻る >>
終ノ刻印【Thousand Testament Ⅹ】 『終ノ刻印』とはたれたれをによる小説作品。  『Thousand Testament』シリーズの一つ。エピソードⅩに当たる。 ...