終ノ刻印

第96話 来援

終ノ刻印 第三章 帰する刻印編 第96話

     /真斗

「茜!」

 俺はその名を呼んで、地面に屈している茜の傍まで跳んだ。

「真斗――」
「何ぼおっとしてんだよ! らしくない、打ちのめされたような顔しやがって!」
「なんだと!」

 思い切り茜が睨んでくる。
 ああ、それでいい。
 らしくない表情のこいつより、怒ってる顔の方が安心できる。

「その調子でいろ。心配させるな」
「な……」

 茜の顔が真っ赤になる。
 茹蛸みたいにかんかん、ってとこか。

「そんなことより茜」

 茜が何か文句を言うよりも早く、俺は先を続けた。

「結局どうなんだ? 勝算はあるのか」

 周囲はすでに囲まれている。
 俺も何人かはぶっ倒したが、そこまでだ。
 いい加減、疲労もたまってきている。

「お前、怪我を――」

 俺を見て、初めて気づいたかのように、茜が声を洩らす。

「そりゃあな」

 あれだけの乱戦だったのだ。
 エクセリアの力があったとはいえ、かすり傷くらい負う。

「舐めときゃ治るさ。それよりどうなんだ?」
「……このままじゃ、難しい」

 本音を、茜は素直に口にした。

「そうか」

 同感だった。
 茜が何やらとんでもない咒法を発動させたのは、俺も見ていた。
 そしてそれを防いだザインも。

「選手交代だ。あいつは俺に任せろ」
「なんだと?」
「いいから任せろ。俺にはエクセリアがいるからな。力負けならしねえよ」
「でも、あいつは……!」

 強い、なんてことは分かっている。
 俺一人が立ち向かって、どうにかなる相手ではないだろうことも。

「――と、いうわけだ。今度は俺が相手するぜ。おっさん」
「ふん。まだ抗うか。愚か者どもめ」
「真斗!」
「他の連中は任せたぜ。茜!」

 一方的に告げて、俺は飛び掛る。
 すでに刃こぼれだらけになった短剣を逆手に持ち、ザインの懐へと向かって飛び込む。

「――神罰!」

 ザインが吼える。
 唸る剣は、俺の持つ短剣を粉々に砕いた。
 とんでもない威力だが、俺自身には当たっていない。

「くらえっ!」

 ザインの足元にしゃがみ込んだ俺は、勢いをつけて拳を振り上げる。

「ぬ!」

 咄嗟にザインは反応し、俺の拳を受け止めようとした。
 骨の砕ける音が響く。
 受けきれず、ザインの左手の骨が砕けたのだ。

 ――エクセリアに強化してもらている以上、由羅の馬鹿力にだって対抗できるのだ。
 普通の人間がまともに受けても、受けきれるはずがない。

「はあっ!」

 もう一発。
 右手に続いて左手を振り上げる。

「ふん!」

 しかしその一撃を、ザインは手にした剣の刀身で受け止めた。
 さすがにこいつは砕けない。

「ち……っ」

 動きが硬直しないうちにと、俺は後方へと飛び退いた。

「遅いわっ!」

 その俺に向かって、剣を振り下ろしにかかるザイン。
 まずい……!
 それを紙一重でかわし、更に後ろへと飛び退く。

「逃げるか愚者め!」

 息する間も無く、ザインは幾度となく剣を振るい、迫ってきた。

「くそ……!」

 素手では勝てねえ……!
 地面を抉る一撃を見ながら、半ば絶望的に思った。
 このままじゃあ……!
 俺の首を落とそうと、豪風と共に剣が迫る。

「贖罪せよ!」

 ギィンッ!

「ぬ――!?」

 あと一歩というところで。
 ザインの剣は弾かれ、地面へと落ちる。

「何だ……!?」

 俺自身、何が起こったのか分からず、ザインを見返した。
 まず目に入ったのは、俺とザインの間に突き刺さった、凶悪な刃を持つ大鎌。
 そして、ふわりと何かが二人の間に飛び降りてきた。

「――大丈夫!? 真斗!」
「由羅……!?」

 そう。
 俺を庇うように、ザインの前に仁王立ちしていたのは、間違い無く由羅だった。

「イリス!」

 由羅は大鎌を引き抜くと、それを後方へと投げた。
 それを目で追えば、小さな人影が無造作に受け取る。
 少し離れたところでは、茜を庇うようにして立つイリスがその細腕に大鎌を手にして、佇んでいる。
 どうやらザインの一撃を防いでくれたのは、イリスらしい。

「ちょっと、何なのよあなた達……!」

 由羅はザインに向き直ると、相当立腹な様子で、怒鳴った。

「…………異端者どもか」

 ザインは弾かれた剣を拾いながら、侮蔑もあらわに口を開く。

「……アトラ・ハシース?」

 冷たい声が、響く。
 イリスの声だ。
 こんなぞっとするような殺意を込めた声など、初めて聞く。

「今すぐ消えて。でないとみんな……殺すよ?」

 怒っているのは由羅だけではないようだった。
 イリスも、また。

「ふん……。死神か」

 その姿をしばし見返していたザインだったが、やがて剣を収め、片手を掲げる。
 それが合図だったのか、周囲を囲んでいた連中は、再び闇へと消えていった。

「貴様相手では分が悪い。これまでのようだな」

 そう言うと、背を向ける。
 そして最後に、茜に向かって言った。

「これで、貴様が異端であること――逃れられぬ事実となったな」


 次の話 >>
第97話 脱出失敗ではあるけれど終ノ刻印 第三章 帰する刻印編 第97話  あっさりと、ザインは引いた。  ……どうやら、何とか切り抜けれたらしい。  まあ、由羅...

 目次に戻る >>
終ノ刻印【Thousand Testament Ⅹ】 『終ノ刻印』とはたれたれをによる小説作品。  『Thousand Testament』シリーズの一つ。エピソードⅩに当たる。 ...