終ノ刻印

第83話 開戦

終ノ刻印 第二章 最強の王編 第83話

     ◇

 結界内の校内は、それこそ何の音もしなかった。
 風すら、消えている。
 雨さえも、届かないようだった。

「来たわね」

 涼しげな声が、響く。
 校内にあるベンチに腰掛けていた人影が動き、こちらへと振り返った。
 間違い無く、あの時俺とエクセリアの前に現れた少女だ。
 そして値踏みするように、こちらを眺めやる。

「三人、か。別に真斗だけで良かったのにね」
「そっちの都合なんざ知るか。由羅は?」
「そんなにあの子が大事?」

 アルティージェが小首を傾げる。

「お前こそ、何のつもりでこんなことをしてやがる」
「あなたこそ。あの子が大事なら、どうして黎を殺さなかったの? 由羅を、自由にしてあげなかったの?」
「そーいうのを、手前勝手な意見って言うんだよ」

 そう言ってやれば、アルティージェはくすりと笑ってみせた。

「そうかもね」

 いとも簡単に、認める。

「――それで? どうするつもりなのかしら」
「由羅を返してもらう。それだけだ」
「ふうん……。だったらあなたがこっちに来ればいいじゃない。由羅もそれを望んでいるし、ちょうどいいわ」
「馬鹿言え。あいつを掻っ攫っておいて、黎や茜にあんなことをして、よくそんなことを言えるな」
「死にはしなかったでしょ? ならいいじゃない」

 楽しげに、そう言い返してくる。
 ち……こいつは……!

「挑発に乗っては駄目よ」

 冷静に、黎が制する。
 そんな黎を、アルティージェは目を細めて見返した。

「昨日の今日にしては、元気そうね? エクセリアに治してもらったの?」
「ユラを返しなさい。アルティージェ」
「……不愉快。勝手に人の名前を呼ばないでくれる?」
「知らないわそんなこと。仕掛けてきたのはあなたよ」
「無礼者。相変わらず、身の程を知らないようね」

 ぞわりとした殺気が、滲み出す。

「いいわ……。返して欲しくば奪ってみるのね。――由羅」

 空に向かって、アルティージェは呼びかけた。
 それに応えるように、屋上から何かが飛び降りてくる。
 金色の髪が舞った。
 由羅は危なげなく着地し、アルティージェの横へと並ぶ。

「エクセリアまでいるんだもの。一人ではきついものね?」

 少しもそうは思っていない口調で言う。
 そして、由羅を前へと促した。

「由羅……!」

 間違いなく、由羅だった。
 しかしその表情に、いつもの感情は全く浮かんではいない。
 ただ冷たく、こちらを見返している。

「ほら。由羅ならここにいるわ。好きにしてはどう?」

 ……できるわけがない。
 由羅の様子から察するに、黎が言っていたように、アルティージェに支配されてしまっているのだろう。
 このままでは、意味が無い。
 何としても、刻印を。

「……真斗」

 小声で、黎がささやいてくる。

「わたしがあの子の相手をするわ。刻印をさらけ出して、チャンスを作ってみせる。――その間、あなたはアルティージェを」

 役割は決まっている。

「……ああ」

 俺の返事を聞いて、黎は手にしていたものを差し出してきた。
 氷の剣――アルレシアルとかいったか。

「あなたの銃よりは、役に立つわ。一応、悪魔の造りし魔剣には違いないから」
「けど、お前」
「……いいの。わたしはあの子を殺さない。ならば、こんなものはもういらないでしょう?」

 そう……だけど。

「信じて」

 もう、頷くしかない。

「……わかった。こっちは任せろ」

 黎が微笑む。
 その表情は、これまで由羅を相手にしてきた時とは明らかに違う。
 信じられた。

「――どうしたの? こそこそして」

 焦れたように、アルティージェが唇を尖らす。
 それを見返しながら、俺は背後へと言った。

「――エクセリア。これからしばらくの間だけでいい。俺だけを見ていてくれ。他の、全てを無視してでも、俺だけを」

 エクセリアの認識力を一身に受ける。
 そんなことをして、どこまで俺がもつかは分からない。
 肉体そのものは強化されて、問題無い。しかし、精神は別だ。あいつの存在力を受け入れるだけの許容量が、俺にはあるかどうか。

 ……これは、かなり危険なドーピングだ。
 それでも……やるしかない。
 無言で、エクセリアは頷く。
 それをきっかけにして、心臓の鼓動が高まっていく。

「もう……。来ないのなら、こっちから行ってあげて。由羅」

 その言葉が、開始。
 由羅が地を蹴る。
 黎が動く。
 そして俺も、アルティージェへと向かった。

     ◇

 由羅をすり抜け、目指すは一人。
 かわされたことに由羅がこちらに注意を向けたが、それを黎が遮る。
 これで、後顧に憂いはない。
 まずはこいつを――黙らす!

 アルティージェは動かず、こちらを見つめている。
 どこまでも、余裕のある態度。
 構わず、俺は剣を振り下ろした。
 耳をつんざ劈くような空気の悲鳴。

「ち……!」

 案の序、刃はアルティージェに届いてはいない。
 その目前で、何も無い空間に遮られてしまっている。
 強力な、防壁。
 こちらを見るアルティージェの瞳が、その程度? と笑っているように見えた。

 ――力を込める。
 借り物の力を、一気に叩き込む。

「くそったれ!」
「!」

 アルティージェが後方へと跳んだ。
 同時に、ガラスが砕けるような音と共に、障壁が弾け飛ぶ。

「ふうん? さすがね。ずいぶんエクセリアも素直になったこと」

 皮肉げにそう言い、その手にいつか見た槍剣を現す。

降魔九天の剣シャクティオン……。お父様がお創りになったものの中で、一番のお気に入り。たまには血を吸わせてあげないとね?」

 その物々しい剣は、それだけで殺気を帯びている。
 しかし恐れはしない。
 こっちの一振りも、悪魔の怨念たっぷりの、いわくつきの一振りだ。
 負けてなどいない。
 迷わず、打ち据えた。


 次の話 >>
 目次に戻る >>