終ノ刻印

第75話 好転か暗転か

終ノ刻印 第二章 最強の王編 第75話

     /真斗

 夜になり、俺は自分のマンションを出た。
 今夜。
 茜の知り合いが、由羅をみてくれるというのだ。
 わざわざ茜が教えてくれたのだし、俺が同席させてもらっても問題はないだろう。
 そう思い、事務所の方へと向かう。
 そこへ。

「真斗」

 不意に、誰かが俺を呼び止めた。

「――お前か」

 俺の視線の先には、小さな人影が生まれ出している。
 空間から現れたそいつは、エクセリアに間違い無い。

 この脈絡の無い現れ方にはいい加減驚かなくなったが、それにしたって夜にいきなりやられると、さすがに少しは怖い。
 文句の一つでも言ってやろうと思ったが、口から出たのは別の言葉だった。

「お前、大丈夫なのか」

 エクセリアは頷く。

「今は安定している」
「そりゃ良かったけど。でもあの時どーしてぶっ倒れたんだ?」

 伏せ目がちになるエクセリア。そのまま、小さく口を動かした。

「我々は、精神が弱い……。一時の感情、混乱で、容易く思考が停止することもある。発狂しないための、一種のブレーカーのようなものだ」

 発狂って。

「あの時お前、そんなに……?」

 思い詰めていたのだろうか。

「大したことではなかったのかもしれない。しかし私の精神は小さく、幼い。ゆえに遮断値も低いのだろう。……そなたには迷惑をかけた」
「……謝ってもらっても困るけどさ」

 俺は少々戸惑いながら、頭を掻いた。

「……それで? それだけを言いに?」
「いや」

 ゆっくりと、エクセリアはかぶりを振る。

「そなたに、願いがある」

 願い?

「ユラスティーグ……由羅のことだ」
「……あいつがどうしたっていうんだ?」
「あの者に刺さったアルレシアル――あの剣を、私に引き抜かせて欲しい」
「――な」
「そなた……九曜茜が、死神に協力を求めたことは知っている。あの者ならば、容易であろう。だが……できることならば、私にさせて欲しい」
「お前……?」

 真っ白になりかけていた思考を、俺は何とか元に戻そうと努めた。
 剣を引き抜く。
 つまり由羅の封印を解くことのできる奴がいる。
 その一人が、エクセリアだと。

「できるのか……!?」
「あれは、私の妹の為したもの。同等の存在である私ならば、引き抜くことも可能だ。何より私が一度抜いているからこそ、ああしてあの者は存在していた」

 ……言われてみれば、そうだ。

「けどどうしてお前が? だってお前は……」

 エクセリアの目的は、自身から一度聞いている。
 由羅はもちろん黎までも、その存在を認めたくないということを。
 そのために、二人とも処分するつもりだったはず。

「今更のように気がついた、私の我侭だ。……私はもう、誰も失いたくない……」

 そう告げるエクセリアの顔は、まるで昨日見せた時のような表情だった。
 今にも泣き出しそうな……。

「感謝、すべきなんだろうかな」

 正直に、嬉しく思った。
 たぶん、今回のごたごたした中では――一番に。

「あの二人のことも、私から話してみようと思う。そなたの望みは、私の望みと同一であるから」
「なんか、昨日とは正反対のことを言ってるな」
「――そうだな。すまぬ」
「謝ることでもないだろ。別に、嘘ついてたわけでもないんだしさ」

 エクセリアが悩んでいたのは、昨日の姿を見れば分かる。
 あの後、新しい答えが出たというだけのことだろう。

「けどさ。またわざわざどうして俺なんかに言いにきたんだよ?」

 ふと疑問に思ったことを聞いてみる。

「……恐らくこの後も、私は悩み続ける」

 真っ直ぐにこちらを見て、エクセリアは言う。

「さまざまなことを。そうなった時に、助けになるものが欲しい」
「――それが俺ってか。けどどうして俺なんだ? 黎や由羅とか、妹だっているんだろ?」
「いる。しかし答えはくれぬだろう。誰もが皆、私には優しすぎるから」
「なんだ。俺は優しくないってか?」

 エクセリアはこくりと頷き、そして首を横に振った。
 何なんだよ、それは。

「そなたやアルティージェのような存在がいると、私に疑問を覚えさせる。それは、家族では為せぬことなのだと思う」
「……なるほどな」

 あまりに近しいものでは駄目ってことか。
 まあそういうこともあるかもしれない。

「だからそなたには、存在としてあり続けて欲しい。それが、そなたが私に尋ねたことへの答えでいいだろうか」

 尋ねたことへのって……。
 言われて、思い出す。
 黎に託しておいたやつだ。
 この後俺を、どうする気なのかっていう。

「つまり……まだ生きていられるってことだな」

 ――そうか。
 肩の力が抜けるのを感じる。
 俺は俺で、思っていた以上にこのことに対して緊張していたということか。
 あまり考えないようにしていたけど、やはりずっと気になっていたのだ。

「……ほっとした」
「そなたには迷惑をかけた」
「まったくだ」

 ――まだ色々と解決したわけではないが、少し先が明るくなってきたような気がする。
 俺一人じゃ駄目かもしれないが、エクセリアの協力があれば、あの二人のこともあるいは――と思わせてくれる。
 と、ふと思い出す。

「そういやさ。お前らって本当に家族なんだなって、朝見てて思ったよ」
「……朝?」
「ああ。お前、黎に子守唄を歌ってもらって、寝てただろ? あの様子がさ。お前はずいぶん無防備になってるし、黎は黎でえらく優しい顔になってたし。それに何ていうか、自然な感じがしたからさ」
「自然、か」

 しみじみと、エクセリアはその言葉を噛み締める。

「確かに、心地の良いものだと思う。とても懐かしいものを感じた。私はきっと、得られるかもしれぬものを、得ようとしなかったのだろう……」

 エクセリアがそうつぶやいた――その時だった。
 ズンッ、と鈍い振動が響く。

「何だ……?」

 その振動に、俺は反射的に周囲を見渡した。
 近い。
 この振動の源は。

「――――」

 エクセリアが、振り返る。
 その視線の先は――

「まさか!?」

 和んだ空気が一気に払拭された。
 嫌な予感が全身を伝う。
 俺はわき目もふらず、ただ事務所へと向かって駆けた。


 次の話 >>
第76話 本来の刻印終ノ刻印 第二章 最強の王編 第76話      /茜  二人を追う。  追うのは見知らぬ少女と、由羅。  信じがた...

 目次に戻る >>
終ノ刻印【Thousand Testament Ⅹ】 『終ノ刻印』とはたれたれをによる小説作品。  『Thousand Testament』シリーズの一つ。エピソードⅩに当たる。 ...