終ノ刻印

第64話 アルティージェと名乗りし①

終ノ刻印 第二章 最強の王編 第64話

「……でもって黎だけど、あいつはあいつで俺は借りがある。あいつがいなければ、いくらお前がいたからって俺は死んだままだったんだろ?」
「……確かに。そなたのことについて頼んだのは、ジュリィだ」
「つまりだ。あいつの目的はどうだったにせよ、俺はあいつのおかげでここでこうして存在してられる。まだまだ死ぬつもりなんかなかったから、それはそれで嬉しい。あまり死んだっていう実感はねえけど、それでもあんな記憶を思い出しちゃな……」

 由羅にやられた時の記憶。
 あれは生々しいし、正直思い出して気持ちのいいものではない。
 それでもあの記憶がある以上、俺もどうしようもなかったというのだけは、分かってしまう。

「そなたの記憶を、調整すべきではなかったのかも知れない。しかしそうしなければ、あの記憶の印象を薄め、客観的に把握することはできないであろうと、私は判断した。もし目覚めと同時に思い出せば、そなたの気は狂い、精神に異常をきたしていただろう」
「……一応、気遣ってくれたってわけか」

 俺に記憶が無かったのには、それなりに理由があったということか。

「人は心が病めは、身体も病む。心が死ねば、身体も死ぬ。そういうものであると、判断している。……そなたを利用すると決めた以上、安定した状態に保つことは、ジュリィとの協力において、不可欠だと思った」
「……なるほどな」

 俺は頷く。

「けど皮肉だよな。万全を期そうとしたせいで、こうなっちまったんだから」
「わたしはよく、運命のような力の前に、阻まれる。恐らく、此度もまた……」

 その言葉に、俺は僅かに違和感を覚えた。

「……なあ。お前がジュリィに協力している理由は何なんだ? あいつの話だと、頼まれて力を貸しているみたいだったけど、それだけなのか?」

 この少女は、ただ単に黎に力を貸しているだけなのだろうか。
 それともこいつ自身に何か目的があるからなのか。

「……それを聞いて、どうする?」
「理由によっては、お前を何とか説得して、あの二人をどうにかしてもらおうって思ってな。言っただろ? 俺はあの二人の状況に不満なんだ。もちろん俺の我侭だけど、あいつらに殺し合って欲しくないんだよ」

 それを聞いて。
 エクセリアは、その赤い瞳をこちらに向けた。

「それは、わたしの想いとは対照的な意思だ」
「……なに?」
「わたしはイレギュラーなものを認めることを、良しとしない。存在を、存在以上のものとして認識することを、罪悪と……考えている。ちょうど、今のそなたのような存在を」

 ……?

「どういうことだよ?」
「ものはもの以上であってはならない……。そうでない在りえぬものは、容易に世界を乱す。狂わす。そういった要因は、排除しなければならない」

 一体何を言おうとしているのか分からず、俺が顔をしかめた時だった。

「ふふ……あははははっ」

 ――なんだ?
 突然響いた笑い声に、ぎょっとなって俺は振り返る。

「いったい何の世迷言なのかしら。そんなものが、あなたの意思だとでも?」
「……?」

 さも当然のように、そいつはそこにいた。
 俺の知らない顔。
 淡くて長い髪をした女――いや、少女というべき年齢だろう。
 細い顎をつんと反らして、どこか見下すようにこちらを見ている。――いや、俺ではなくエクセリアを。

「なぜ……そなたがここに」

 僅かなりとも驚いた様子で、エクセリアが小さく口を動かす。
 顔見知りか……?

「ふん、なぜですって? わたしがあなたに言ってやりたいことがないとでも思っているの? もしそうなのならば、少しは感心してあげるけど」

 少女が発するそれは、ひどく皮肉げな口調だった。
 どう聞いても、好意的なものには受け取れない。

「別段捜し出してまで文句を言ってやろうなんて、そんなつまらないことは考えなかったけれど、こうして近くに現れてくれたんだもの。せっかくなのだから、会ってやろうと思った程度よ」

 またずいぶんと高圧的な女だな……こいつは。
 けどそれ以上にこいつからは、敵意だか憎悪だか、それに近い感情が見え隠れしているような気がした。
 多少呆気に取られながらも、だからといって傍観しているわけにもいかず、口を挟みこむ。

「おい、お前、いきなり――」

 何だなんだと言おうとした瞬間、一瞥された。

「黙りなさい。あなたとは話していないわ」
「な」

 こ、こいつ……。
 その言いように、俺は顔を引きつらせる。
 ……この女、とんでもなく態度がでかい。やたらめったら偉そうな雰囲気を全身から発散させてやがるし……。
 とにかく、むかむかとなる。
 だがそんな俺の気など微塵も気にした風も無く、そいつはエクセリアへと視線を戻した。

「……それにしてもエクセリア。あなた、今になってもそんな下らないことを口にしているなんて、正直呆れたわ。本当に愚かしいものね」
「…………」
「ふん? 何か言いたそうね」
「私が愚かだと?」

 エクセリアの紅い瞳が鈍く光る。思わず悪寒が走るような冷たい視線だった。
 こいつ、やっぱりただの人間じゃねえぞ……。
 しかし対する少女は少しも動じはしない。むしろ挑発するように口を開いた。

「そうでしょう? でなければ何だというの?」

 二人が睨み合う。
 俺はぞっとしながら、その光景を見ていた。
 今この場に満ちている感情の圧力は、黎や由羅のそれらを簡単に凌駕している。
 間に挟まれた俺は、何というか、最悪だった。

「あなたは自分の感情に気づいていながら、隠している。隠して、未だに下らないことに縋っているわ。怖いのかしら。それとも……レネスティアへの嫉妬?」
「――――」

 エクセリアの表情が、微かに凍りつく。
 構わずに、少女は続ける。

「簡単な証明をしてあげましょうか。……あなたがどうにかしたいと思う存在は何人かいるのでしょうけど、さしあたってはあの二人。由羅を始末して、その後はジュリィ。そしてそこの人間を片付ける。それでとりあえず、レイギルアの後始末はできるというわけね」

 …………?
 ちょっと待て。こいつ、今とんでもないことをさらっと口にしなかったか……?

「その手間、わたしが省いてあげるわ。――まずはその人間を殺しなさい。そうすれば、由羅はもちろんジュリィもわたしが始末してあげる。ジュリィを殺すのなど簡単だし、由羅も千年ドラゴンとはいえ、わたしにとってそれは問題にならないわ。そんなこと、あなたが一番知っているものね?」


 次の話 >>
第65話 アルティージェと名乗りし②終ノ刻印 第二章 最強の王編 第65話 「おいこらてめえ!!」  さすがにたまらず俺は口を挟んだ。  その声に、鬱陶しげに見返...

 目次に戻る >>
終ノ刻印【Thousand Testament Ⅹ】 『終ノ刻印』とはたれたれをによる小説作品。  『Thousand Testament』シリーズの一つ。エピソードⅩに当たる。 ...