終ノ刻印

第54話 ジュリィ・ミルセナルディス④

終ノ刻印 第二章 最強の王編 第54話

「さて……と」

 俺は時計を見ると、最遠寺へと口を開く。

「俺、そろそろ授業なんだけど、ちょっと学校行ってきていいか?」
「学校?」

 わずかにきょとん、となる最遠寺。

「そう……そういえば桐生くんは、学生だったものね」
「そーだよ」
「休んではくれないの?」
「…………」

 授業、サボれってかい。

「そりゃあお前がサボれって言うんだったら、いくらでもサボるけどさ」

 休むことに対して抵抗は無いが、ここにいたからってそうそう話が進むとは思えない。
 由羅だって、いきなり昼間に襲撃してこないだろうし。
 けどまあ、ちょっとした気分転換には、授業をぼんやりと聞いてるのも悪くないと思った程度だから、どうってことでもないけど。

「……そうね」

 何を思ったのか、最遠寺はしばし考え込んだ後、俺へと視線を戻した。

「休まなくていいわ。わたしも付き合うから」

 ほう。

「付き合うって、あれか? 学校にくっついてくるってのか?」
「ええそう。せっかくこの国に来たのだから、その文化に触れておくのも悪くないでしょう? ちょうどいいわ」
「この国って……」

 どういう意味だと怪訝に思った俺だったが、すぐに思い直す。

「……そういやお前って、日本人じゃなかったんだよな。いまひとつ実感無いけど」

 名前も偽名だったっけか。

「最遠寺、っていう名前もにせものなんだよな。やっぱり本名で呼んだ方がいいのか?」

 聞いてみるが、最遠寺は首を横に振る。

「せっかくつけた名なのだから、そのままで構わないわ。それに、この国のあなたにとっては、その方が呼びやすいでしょうし」

 そりゃまあ確かに。

「でも……そうね。どうせだから、名前の方で呼んで欲しいわ」
「? どういうことだ?」
「だから。黎、と呼んで欲しいの。九曜さんにそう呼ばれて、仮の名前とはいえ良い響きに聞こえたから」

 ああ、なるほど。

「別にかまわんけど」
「それと」

 もう一つ、と最遠寺――黎は付け加える。

「真斗って、呼んではだめかしら?」
「む?」
「白状すれば、ちょっとした妬み。ユラですらそう呼んでいるのに、パートナーを相手に他人行儀というのもつまらないわ」
「パートナーって……」

 そういや最初、そんなこと言ってたよな。
 けど妬みってなあ……。

「別にいいけどさ。由羅のやつなんて、いきなり俺のこと真斗って呼んでたしな。ていうかあいつ、桐生って名前の方は知らないんじゃねえの」
「そう……。ではそうさせてもらうわ」
「ああ」

 頷くと、俺は立ち上がった。

「で、俺行くけど……来るのか?」
「ええ」

 あっさりと、黎は頷く。

「俺は一回部屋戻ってから行くから、ちょっと待ってくれるか?」
「そうするわ」
「そんじゃ、後で」

 もう一度黎が頷いたのを確認して、俺達はいったん別れた。

     /黎

「エルオード」

 真斗の姿が見えなくなってから、わたしは誰にともなく声をかけた。

「ここに」

 当然のように、返事が返ってくる。

「そういうわけだから。あなたはユラの行方を追って」
「……ジュリィは大丈夫なので?」
「き……真斗がいるわ」

 そう答えるわたしの後ろに、音も無くエルオードは姿を現していた。
 ここでは上田と名乗っているが、本名はエルオードという。
 わたしに先立って、この国に来ていた者である。

 ……そういえば、真斗は昨日、エルオードのことを見たはず。何も聞かなかったのは、単に忘れていただけだろうけど、近いうちに彼のことを説明しておいた方がいいだろう。
 もっとも真斗は、まだわたしのことについて半信半疑のようだから、説明したところで信じてもらえるかどうかは分からないけど。

「真斗くんですか」

 少々意味ありげに、エルオードはそう洩らす。
 まあ……何が言いたいのか、分からないわけじゃない。

「心配なの?」
「彼は全面的にあなたに協力すると、一言も言っていませんからね。敵となる可能性も」
「あるわね」

 確かに、それはある。
 彼はきっと、一歩でも身を引いた方の味方になるだろう。
 わたしかユラか、彼の意思に少しでも添う形で妥協した方に。

「ユラにつくかもしれない。いえ……昨日は実際、そうなりかけていたわ」

 そうさせないためには、どうすればいいか。
 一つは真斗の命――存在。

 九曜さんも言っていたように、彼の存在そのものが、今は人質になっている。ユラにつくことでの身の危険は、嫌でも自覚しているだろう。
 一度エクセリア様に会っていたせいか、意外に冷静だったけれど。

 でも彼を代弁するかのように、九曜さんが怒っていた。まるで、我が身のことのように。
 きっと……少なくとも彼女は味方にはならない。
 下手をすれば、敵になる、か……。

「ユラを孤立させるには、あの子を感情的にさせること」

 それが、もう一つの方法。
 わたしを殺すよう挑発し、そう仕向ける。
 昨日の挑発は、てきめん覿面だった。

「いっそのこと千年前のように暴れてくれれば、都合がいいのにね」

 そうなれば、真斗にとっての完全な敵に――なったでしょうに。

「孤立、ですか」

 何か引っかかったかのように、エルオードがつぶやき洩らす。

「なに?」
「確かにジュリィの言う通りですが……。彼女は今、恐らく一人ではないはず。昨夜のこと、覚えていないわけではないでしょう?」

 言われて。
 今更のように思い出す。

「……そうだったわね」

 昨日、あの子を助けた者がいる。
 全く予想外の、第三者の介入だった。

「ジュリィに心当たりは?」
「いえ……ないわ。あなたは?」

 あの時は、わたしも傷の痛みと夜の闇のせいで、はっきりと相手を認識することはできなかった。
 ユラを救った、あの男を。

「直接の面識はありませんけれどね」

 しかしそう言うエルオードは、相手のことを知っているようだった。
 そして、その口調には珍しく感情がこもっている。

「彼の名は、ブライゼン。覚えていませんか? かつて、彼によって異端が蜂起したことを」
 ブライゼン……。

「……覚えてるわ」

 確かに千年前に、その名を冠した異端裁定があった。
 その異端裁定そのものに、わたしは関与などしていない。けれどそれが原因となったことで、その後わたしはあの子を――手に入れることができたのだ。
 だから、覚えていた。

「でも」

 わたしは首を傾げる。

「彼はあの異端裁定で、死神のあの方に殺されたのではなかったの?」
「おっしゃる通り、あの後彼の姿を見た者はいません。いません、が」

 そこで、エルオードは苦笑した。

「噂というものは、どこからともなく耳に届くものでして。どうやら彼は、ある方の近くにあると」

 ある方……。
 エルオードはいつも礼儀正しく振舞ってはいるが、彼が敬意を示す相手というのは限られている。
 残念――というわけではないが、それはわたしではない。

「まさか」
「ええ。もしかすると、あの方の介入があったのかもしれませんね」
「なぜ」
「さて……。ともあれ、今はジュリィの体力の回復を優先させるべきだと思いますよ。単に、彼女一人を相手にするだけではすまないかもしれませんから」
「……そうね」

 今は、頷くしかない。

「今夜あたりにも、また。僕の方でも探ってみますので、ジュリィは気をつけておいて下さいね」
「……ええ。そうするわ」

 答えながら、ふと思う。

「――エルオード」
「はい?」

 いつもの、返事。

「……いえ、何でもないわ」

 思い直して、わたしは聞くのをやめた。
 それは、とても重要な質問のはずだったけど。

「では、また後で」

 そう答えて、エルオードは姿を消す。
 わたしは一つ、溜息をついた。
 ――もしそうならば、あなたはわたしの味方でいられるのか。
 今は、聞けなかった。


 次の話 >>
第55話 ただの妹であったならば終ノ刻印 第二章 最強の王編 第55話      /真斗  いつもと変わらない授業。  その講義をぼんやりと聞きながら、俺...

 目次に戻る >>
終ノ刻印【Thousand Testament Ⅹ】 『終ノ刻印』とはたれたれをによる小説作品。  『Thousand Testament』シリーズの一つ。エピソードⅩに当たる。 ...