終ノ刻印

第36話 犯人は

終ノ刻印 第一章 血染めの千年ドラゴン編 第36話

     /茜

 反撃。
 それは突然だった。

 私が何発目かを撃ち込んだ時、狙いが逸れて、巻き上がった瓦礫があいつの姿を一瞬隠した。
 その僅かな間に、そいつはこちらに背ではなく正面を向けていて。
 一気に飛び掛ってきたのだ。

 一瞬にして消える、十数メートルの距離。
 私は思うより先に、真横に跳んだ。

 ズガッ!

 そいつの細腕が、地面を叩き割り、砕いた音。
 地に這って、こちらを見据えるそいつの瞳は――捕食獣の、それだ。

 私はあいつを狩るためにここにいる。
 けれどあいつも、私を狩る気でいる。
 そういう目だ。

「く……っ」

 私はとにかく動いた。
 あいつの身体は全て凶器だ。
 捕まれば、絶対に逃れられない。その場でバラバラにされてしまう。

 立場が逆転する。
 今度は私があいつに追われた。
 背後から狙撃されることは無いとはいえ――その分相手の身体能力はまともではない。
 私が日常自分にかけている身体強化の咒を、別のものに差し替える。いつものままでは、とてもじゃないがあいつの動きに対応できない。

 それでも。
 そいつはすでに私のすぐ背後へと迫っていた。

「――はあっ!」

 私は振り返ると、銃でもって振り払う。
 そいつがいくらか後ろに下がったところで、発砲。
 しかし精神制御が甘かったのか、大した威力にはならず、それを見切ったそいつに片手で簡単にその一撃を払われてしまう。

 ……大した相手だ。
 私は焦燥感にじわじわと支配されながら、相手を見据えてその場に踏みとどまる。

 ……今ほど振り払った一撃のせいで、少女が右にしている手袋が少し破れ、血が滲んではいたが、まるで気にした様子もない。
 ただこちらをどう殺すか、それだけを考えているようだった。

 こちらとて、まだ対応の手段は残されている。負けたとは思っていない。
 ただ少女が動かなくなったことで、こちらも迂闊に動けなくなってしまっただけだ。
 少なくとも今、下手に背を見せるわけにはいかない。

 数秒か、数十秒か。
 それだけたって、なぜか少女は視線を逸らした。
 殺気は消えはしなかったが、薄らいで。

「……やっぱり、殺したくない」

 突然、そんなことを言う。

「なに……?」
「別にあなたのためじゃないもの。私のため」

 私はただ眉をひそめて、その少女を見返した。
 思ってもみなかった、言葉。

「なるべく……真斗には疑われたくないから……」
「――?」

 耳に届いた知った名を、私が聞きとがめたその時。

氷結の刃デネス・ロー・ルディネイン!」

 突如として響いた、咒。
 私とそいつが同時に見上げた瞬間、氷の刃がまさしく雨のように、降り注いだ。

     /真斗

 信じられないくらい、最遠寺は速かった。
 咒法には、自分の身体能力を一時的に高めたり、また恒常的に高くしておくことのできるものがあるらしい。
 しかしそんなものを自分にかけているような咒法士など、限られている。よほど咒法の知識に精通し、また戦いというものを日常に位置付けている連中。

 俺は何とか後を追いながらも、どうやら最遠寺が誰かの後を追いかけているらしいことに気づく。
 俺にも何度か見えたからだ。
 夜空を舞う、二つの人影が。
 そいつらが地面に降り立ったその場所へと、迷わず駆けていく最遠寺。
 そして。

「荒ぶ風、北より抜けて、氷結の雨たらん。凍てつき穿つ、極淵の風――」

 俺の言葉などまったく聞かず、立ち止まっていたその人影へと向けて、それこそ問答無用で咒法を叩きつけた。

 最遠寺が使ったのは、俺の知らない咒法。
 九曜家で習ったものと似ていたが、少し違う。
 最遠寺は見事といえるほどの精密さで咒を組み立てると、まだこちらに気づいていない相手にへと、咒法を放つ。
 現れたのは、幾数もの氷の刃だった。

「――――!」

 狙われたその人影は、突然のことに驚きながらも、何とかしてその場を飛び退く。
 しかしその完全な不意打ちに、いくらかの刃を身に受け、鮮血を舞わせて顔を苦痛にしかめた。

「なに――あなた!?」

 裂傷したところを押さえて、こちらを見たそいつは、最遠寺を見て驚愕の表情を浮かべる。
 そして後からきた俺を見て――

 は……?
 一瞬、俺の思考が停止する。
 そこにいたのは――

「由羅!?」
「真斗……? うそ、なんで―――」

 あいつも呆然としたように、こちらを見返している。
 そしてそのすぐ近くには、物々しい銃を構えた、茜の姿。

「真斗――どうしてここに」

 茜も驚いたように、こちらを見返している。
 ただ一人冷静なのは、口元に微かな笑みさえ浮かべて眺めている、最遠寺。

 俺は状況が理解できず、全員の顔を見回す。
 誰もが、俺の知っているやつだ。
 最遠寺が追っていた二人は由羅と茜で、二人のうち由羅に向けて、最遠寺が攻撃を仕掛けた――俺にはそう見えた。何の確認も無く、だ。
 それに第一、由羅と茜は何をしていたのか。

「真斗……」
「動くな!」

 最初に動こうとした由羅を、茜が銃口を向けて制止する。
 最遠寺もまた、俺と由羅を遮るように、ちょうど間へと移動した。そして口を開く。

「……さすがね。こんなに早く、犯人を見つけてしまうなんて」

 な……?

「待て――どういうことだ?」

 俺はなるべく冷静になろうと努めながら、低く問いただす。

「真斗。こいつがそうだ。私が追っていた異端――そしてここ最近、事件を起こしていた犯人。お前が追っていたやつだろう」

 答えたのは茜。

「待てよ……何の冗談なんだ。俺はそいつのことを知っている。由羅っていうやつで……最遠寺、お前だって知らないわけが」

 そこで息を呑む。
 最遠寺は何の容赦も無く、由羅を攻撃した。
 まさか。

「そうよ、桐生くん。わたしは初めから、その女が異端であり、一連の犯人だということは知っていたの」


 次の話 >>


 目次に戻る >>