武田信繁 ~古典厩信繁、毎事相整う真の副将なり

武田信繁 ~古典厩信繁、毎事相整う真の副将なり

 武田信繁とは戦国時代の武将であり、甲斐武田氏家臣。
 甲斐武田氏18代当主・武田信虎の子であり、19代当主・武田信玄の実弟として知られている。
 武田の副大将として信玄の領土拡大に貢献するも、第四次川中島の戦いにおいて討死した。

武田信繁 (たけだ のぶしげ)
武田菱
生年1525年(大永5年)
没年1561年(永禄4年9月10日)
改名次郎⇒武田信繁⇒吉田信繁
別名古典厩(こてんきゅう)
主君武田信玄
家紋武田菱(たけだびし)
父:武田信虎
母:大井の方
兄弟竹松 信玄 犬千代 信繁 信基 信廉 信顕 一条信龍 宗智 松尾信是 河窪信実 信友 勝虎 定恵院 南松院殿(穴山信友正室) 禰々 花光院(浦野氏室) 亀御料人(大井信為正室) 下条信氏正室 禰津神平(元直の長男)室 葛山氏室 菊御料人(菊亭晴季室)
養周院日藤尼
望月信頼 武田信豊 望月信永  娘(仁科盛信室

武田信繁とは

由羅
由羅
兄である武田信玄を語る上で、外せない人物の一人だよね
身内の中では得に、ね
イリス
イリス
由羅
由羅
で、いきなりなんだけれど、タイトルにもある典厩って、なに?
律令制における馬寮の長官を務める官職で、左馬頭・右馬頭の唐での名前のことだよ
イリス
イリス
由羅
由羅
いや、よくわかんない……
左馬頭や右馬頭の官位を持っていたか、もしくは自称していたひとの通称のこと。信繁は左馬助の官職から典厩とも呼ばれていたの。ちなみに「古」がついているのは、子の信豊も同じ左馬助だったから、信繁を「古典厩」、信豊を「後典厩」として区別していたというわけだよ
イリス
イリス
由羅
由羅
なるほど……

武田信玄の家督相続

 1525年(大永5年)、武田信繁は武田信虎の子として誕生した。

 武田氏の嫡男は兄・武田晴信だったが、晴信は1541年(天文10年)に父・信虎を駿河の今川義元のもとに追放し、強引に隠居させた上で、武田家の家督を相続。

 晴信と信虎は不仲であり、信虎が信繁を寵愛して晴信を廃嫡し、信繁に家督を譲ろうとしていたともされ、それらのことが背景にあったと考えられている。

由羅
由羅
長男より次男の方が可愛くて、家督継承にいざこざが起きてお家騒動になる……というのはよくある話だよね
実力主義もいいけれど、ある意味で争いの温床になるというわけだね。例え長男が無能だったとしても、長幼の序を守った方が諍いは起きにくいわけで、どちらがいいかは一長一短。難しい話だけれどね
イリス
イリス
由羅
由羅
この場合は信玄が先手を打ったわけだね
そういうこと
イリス
イリス

武田信玄の信濃侵攻

晴信の補佐役として

 武田信玄は信濃への侵攻を活発化させて、諏訪氏、小笠原氏、村上氏などと戦い、最終的に越後の上杉謙信(長尾景虎)と対決することになる。

 信繁や姉婿であった穴山信友とともに、一門衆の中では成人しているとみなされる立場にあって、信玄の補佐役を務め、信濃の攻略に際して従軍した。

由羅
由羅
家督継承のいざこざに絡んだ割には、信玄と信繁の仲は良好だったんだよね
うん。兄にとって、理想的な弟だったはずだよ
イリス
イリス
由羅
由羅
下手をすれば疎まれそうなものなのに、信繁ってよほどの人格者だったわけだね

諏訪侵攻

 1542年(天文11年)、諏訪侵攻の際には大将として出陣。重臣・板垣信方と共に諏訪出兵を主導。

 同年の高遠頼継の反乱の際にも大将として出陣し、この時に信玄から勘気を受けていた長坂光堅が蓮芳斎を討ち取るなどして功を上げ、信繁が取り次いだことで赦免されるなど、信玄と家臣との融和に力を尽くしてもいたとされる。

 その後、諏訪を制圧して板垣信方をその郡代とすると、信繁には諏訪衆を同心として付属させた。

兄弟仲がいいだけじゃなく、家臣と信玄との間も取り持っていたの
イリス
イリス
由羅
由羅
空気を読める弟、だね!

川中島の戦い

村上攻め

 1551年(天文20年)には、村上攻めのために、先衆として出陣。

 1553円(天文22年)には甲斐衆今井岩見守に対して信濃国苅屋原城主の任命を通達するなど、恩賞の付与を行うなどの活動も見られている。

 武田氏は征服した信濃の国人に対し、一族を養子にすることで懐柔するやり方をとっていたため、信繁の子(望月信頼、望月信永)も信濃佐久郡の望月氏の養子になっている。

 村上氏を降した武田氏は、北信濃の川中島にて越後の上杉謙信(長尾景虎)と対決することになっていく。

 計5回、約12年に渡る川中島の戦いである。

川中島の戦い
《川中島の戦い》

八幡原の戦い

第四次川中島の戦い
《第四次川中島の戦い》

 その川中島の戦いのうち、第四次合戦である八幡原の戦いは、数次に渡って行われた川中島の戦いの中でも一番の激戦であったと知られている。

 『甲陽軍鑑』によると、武田軍は上杉軍に対し、大規模な挟撃作戦を実行。山本勘助や馬場信春が作戦の立案にあたったとされている。

 いわゆる啄木鳥戦法と呼ばれる武田方の作戦は、しかし謙信に察知され、裏をかく形で上杉軍は移動し、武田本隊へと急襲。

 別働隊に兵の大半を割いていた武田軍にとって、上杉軍の主力との正面対決は不利であり、事実上杉軍の猛攻によって劣勢にたたされることになる。

 この時に、山本勘助、諸角虎定、初鹿野忠次といった武田の将は討死。
 信繁もまた戦死したのだった。享年37。

 この第四次川中島の戦いは、結果的に引き分けに終わったものの、弟であった信繁を失ったことは、信玄にとっての大きな痛手であったとされている。

由羅
由羅
37歳かあ……これからって時だったのに
信玄にとって、かなりの痛手だったことは間違いないよ。軍事的な補佐だけでなく、お家の中でのことでもね
イリス
イリス
由羅
由羅
……義信事件?
たらればではあるけれど、もし生きていたら……と考えた人は、当時でも今でも多いとは思うよ
イリス
イリス

武田信繁の人物像

 川中島の戦いにて信繁が戦死した際に、信玄はその遺体を抱き、号泣したと伝わっている。
 また敵将であった上杉謙信も、その死を惜しんだという。

 武田家ではその後、義信事件と呼ばれる信玄の嫡子であった、武田義信が廃嫡される事件が起きることになる。
 もし信繁が存命であれば、義信が謀反を起こすことは無かったとされるほど、武田家中にあってその融和を図ることのできる人物であったという。

由羅
由羅
もし義信がそのまま家督を継いでいたらどうなっていたのか。もしそうなら今川氏は存続していたのか……とか、色々考えちゃうよね
 武田四天王の一人、山県昌景をして「古典厩信繁、内藤昌豊こそは、毎事相整う真の副将なり」と評されるほどの人物で、武田家臣であった真田昌幸は、その次男の名に「信繁」を名づけている。

 真田信繁とは真田幸村として知られている人物で、のちに大坂の陣で徳川家康を追い詰め、その名をあげた人物として知られている。

由羅
由羅
真田幸村は有名でも、真田信繁だとだれ? って思っちゃう人も少なくないかもね
大河ドラマのおかげで、真田信繁の名前も知られるようにはなったけれどね
イリス
イリス
 また後世である江戸時代においても、まことの武将、と評されるほど人気のある人物で、江戸時代の儒学者である室鳩巣も、「天文、永禄の間に至って賢と称すべき人あり。甲州武田信玄公の弟、古典厩信繁公なり」と評価したという。
 
由羅
由羅
とにかく人気の高かった信繁。ある意味では兄・信玄よりも、かもしれないね
人間的にはそうだったのかもしれないかな
イリス
イリス

武田信繁画像

武田信繁
武田信繁