新発田綱貞 ~長敦、重家の父

新発田綱貞 ~長敦、重家の父

 新発田綱貞とは戦国時代の武将。北越後の国人。
 のちに上杉家に対して反旗を翻すことになる、新発田重家の父である。

新発田綱貞(しばた つなさだ)
三つ星
生年1512年(永正9年)
没年1561年(永禄4年)
別名伯耆守
主君長尾為景⇒上杉謙信
父:新発田長綱
長敦 重家

新発田綱貞とは

由羅
由羅
新発田長敦や新発田重家はそれなりに名は知られているけれど、その父親ってあまり知られていないよね
新発田重家ですら、歴史ドラマなんかでは尺の都合で端折られたりするくらいだから、その父親まではとても、というわけだね
イリス
イリス
由羅
由羅
だからここで紹介しよう! ってことなんでしょ?
といっても、あまり事跡は残っていないんだけど、ね
イリス
イリス

来歴

 新発田綱貞は新発田長綱の子として1512年(永正9年)に誕生した。

由羅
由羅
確か新発田氏って、北越後に根を張っていた国人で、揚北衆の一員だったよね?
そうだよ。佐々木盛綱を祖としていることから、佐々木党などとも呼ばれているの。ちなみに加地氏の庶流
イリス
イリス
由羅
由羅
うーん。そういわれても、佐々木盛綱ってひとのことからわかんないかな
佐々木盛綱は平安時代末期から鎌倉時代初期の武将だよ。近江の宇多源氏佐々木氏棟梁である佐々木秀義の三男で、いわゆる源平合戦の時代のひとだよ
イリス
イリス
由羅
由羅
つまり、由緒正しい源氏の末裔、ってことだね
そういうこと
イリス
イリス
 綱貞は越後国蒲原郡にあった五十公野城を領しており、越後国の守護代・長尾為景が主君であり越後守護であった上杉家を打倒し、越後平定に乗り出した際にはこれに従ったとされる。
由羅
由羅
長尾為景っていうと、上杉謙信の父親だね
うん
イリス
イリス
 しかしその後、上条の乱が勃発し、綱貞はこれに呼応したという。
この時、綱貞の他にも本庄房長、鮎川清長、水原政家、黒川清実、中条藤資、五十公野景家、加地春綱、竹俣昌綱といった錚々たる面子と一緒に為景に背いたそうだよ
イリス
イリス
由羅
由羅
ちなみに、上条の乱って?
上条上杉家の当主だった上条定憲の反長尾活動のことだね
イリス
イリス
 しかし最終的に綱貞は長尾景虎(上杉謙信)に臣従することになったという。