リムル=テンペスト【転生したらスライムだった件】

リムル=テンペスト【転生したらスライムだった件】

 リムル=テンペストとは『転生したらスライムだった件』の主人公。平和主義の魔王スライム。
「悪いスライムじゃないよ!」

リムル=テンペスト
種族魔粘性精神体(デモンスライム)
所属ジュラ・テンペスト連邦国
称号魔物を統べる者
真なる魔王
魔法元素魔法 物理魔法 精霊魔法 上位精霊召喚 上位悪魔召喚
固有スキル無限再生 万能感知 万能変化 魔王覇気 強化分身 万能系
アルティメットスキル智慧之王:思考加速 解析鑑定 並列演算 詠唱破棄 森羅万象 統合分離 能力改変 未来攻撃予測
暴食之王:捕食 胃袋 擬態 隔離 腐食 魂食 食物連鎖
誓約之王:無限牢獄 法則操作 万能結界 空間支配
暴風之王:暴風竜召喚 暴風竜復元 暴風系魔法
耐性痛覚無効 物理攻撃無効 自然影響無効 状態異常無効 精神攻撃耐性 聖魔攻撃耐性
岡咲美保

概要

 ジュラの森にある封印の洞窟で生まれたスライム。
 前世は異世界の人間であり、三上悟という名のサラリーマンで独身男性。
 ある時、通り魔に襲われて背中を刺され、死亡する。

 その後、スライムに転生。
 死亡時に血が足りなくなると人は死んでしまうということを考えていたため、「血液が不要な身体」であるスライムへ転生することになった。
 転生して最初に出会った防風竜ヴェルドラと友人になり、「リムル」の名を授けてもらうことになる。
 その後、魔物を統べるジュラの森の盟主となり、さらにはジュラ・テンペスト連邦国(魔国連邦)を建国してその盟主となり、魔王へと覚醒した。

 妖魔族(スライム)⇒魔粘性精神体(デモンスライム)⇒竜魔粘性星神体(アルティメットスライム)の順で進化。

性格

 基本的に温厚な平和主義者。転生する前はごく普通のサラリーマンで日本人であったことの影響。
 元人間ということもあり、基本方針は人間と魔物が楽しく共存できる世界を作ること。
 そのため世界征服の野望などは持ち合わせていないものの、国力の増大と共に世界におけるジュラ・テンペスト連邦国の影響力と版図は増し、結果的に覇道を進むことになっている。

 鷹揚な性格ながらも、仲間の損失には耐えられず、心を乱すこともしばしばある。
 そのような経験からただの平和主義だけでなく、非情さも身につけることになった。

スライム

 見た目は月白色のおまんじゅう。ぷよぷよつるん。睡眠も食事も呼吸も必要無い。
 生殖能力も無いため、性別も無い。
 しかし前世が男性であったため、女性好き。

 暴食之王の効果の一つ、擬態の能力により、人型変身も可能。
 その姿は同郷の異世界人であったシズの子供版という姿。
 うっすらと青みがかった銀髪美少女姿ではあるものの、上記の通り性別は無いため、変身後も中性体である。

主な能力

智慧之王

 元の能力は大賢者。のちに智慧之王に進化。
 転生したリムルが生まれ持った能力。「世界の声」のシステムを利用して会話が可能。感情は無い。無いはずではあるが、それらしきものを垣間見せる。智慧之王に進化した後は、自我の存在が確認されたものの、智慧之王自身は否定している。

暴食之王

 元の能力は捕食者。リムルが生まれ持った能力。
 のちに捕食者→暴食者→暴食之王と進化した。

暴風之王

 究極能力の一つである智慧之王を得たことで、無限牢獄に捕らわれていたヴェルドラの解放に成功し、これにより魂の回廊を繋ぐことで暴風之王を得た。

誓約之王

 無限牢獄を解析し、その他のスキルなどを組み合わせて生み出された能力。

虚空之神

 智慧之王と暴食之王を統合して、暴風之王と灼熱之王を生贄にして生まれた能力

人物相関

 ・異世界で初めての友達⇒ヴェルドラ
 ・絶対の信頼⇒ベニマル、シュナ、ソウエイ、ハクロウ、クロベエ
 ・生徒、保護⇒三崎剣也、関口良太、ゲイル、アリス、クロエ
 ・敵対関係⇒ユウキ、グランベル、東の帝国
 ・協力者⇒マサユキ、ヨウム
 ・友好関係⇒ガゼル
 ・ツンデレ?⇒ヒナタ
 ・文化友好関係⇒ルミナス、エルメシア
 ・危険人物だけど……⇒ディアブロ、テスタロッサ、ウルティマ、カレラ
 ・win winの関係⇒ミョルマイル、ラミリス
 ・姪っ子的存在⇒ミリム

由羅
由羅
まとめページはこっちだよ⇒『転生したらスライムだった件』