荻原昌勝 ~信玄を教育した、信虎の軍師

荻原昌勝 ~信玄を教育した、信虎の軍師

 荻原昌勝とは戦国時代の武将であり、甲斐武田氏の家臣。
 一般的ではないものの、武田二十四将の一人として数えるという説もある人物でもある。

荻原昌勝(おぎわら まさかつ)
生年1461年(寛正元年)?
没年1535年(天文4年10月9日)
別名常陸介
主君武田信昌⇒武田信縄⇒武田信虎
荻原備中守?

荻原昌勝とは

由羅
由羅
これまた有名な武田家臣の中ではあまり聞いたことがないよね
昌勝は武田信玄とかが活躍するよりも、一世代前の人物だから。武田信虎に仕えていて、信玄が成長する頃には他界しているし
イリス
イリス
由羅
由羅
子孫は?
そのまま信玄に仕えたようだけど、そこで大きくクローズアップされた活躍はしていないみたい。昌勝の子孫が活躍するのは江戸時代……それも元禄時代まで待たなければならないから
イリス
イリス
由羅
由羅
戦国時代、終わっちゃってるね……

概要

 荻原昌勝の生年は不確かであり、1461年(寛正元年)頃に生まれたと考えられている。

 父親は『甲斐国志』によると荻原備中守であるとされているが、誤伝であり、世代が逆である可能性も指摘されている。

妻は室は飯富虎昌や山県昌景兄弟の伯母とも伝わっているけれど、これも世代的に問題があると指摘されているみたいだよ
イリス
イリス
由羅
由羅
つまり正確にはあまりちゃんと伝わっていない人物ってことなんだ
 昌勝の名は、主君であった武田信昌より一字を拝領したものであるとされている。

 『甲陽軍鑑』に記述されているところによると、武田信虎に弓術を教えたとされ、武田晴信(武田信玄)、弓矢の物語を聞かせたと伝わっており、昌勝は弓矢に優れた人物であったという。

 武田信虎が家督を継承し、武田家当主となると、昌勝は家老に任じられた。

 武田信玄が生まれたとされる1521年(大永元年)に、駿河今川氏の家臣・福島正成率いる軍勢が甲府へと侵攻。

 この時、昌勝は信虎の軍師として出陣し、策を練ったとされており、飯田河原の戦いで今川軍を撃退することに成功している。

 その後、晩年には武田晴信の教育もしたとも伝わっている。

 昌勝は1535年(天文4年10月9日)に、享年75にて死去。

 昌勝の荻原氏はのちの江戸時代において、江戸幕府将軍である徳川綱吉に旗本として仕えた荻原重秀がおり、勘定奉行を務め、元禄時代に貨幣改鋳を行ったことで知られている。

由羅
由羅
子孫がとても活躍しているんだよね
うん。1677年(延宝5年)に幕府は太閤検地以降、80年もの間一度も検地をしなかった五畿内の検地を実施するんだけど、これに関わっているの。また佐渡金山の再生を行ったり、貨幣改鋳をしたり、新井白石と仲が悪かったりと、名を残しているよ
イリス
イリス