信長の野望

松平広忠【信長の野望・大志の武将能力で見る麒麟がくる】第13回

 大河ドラマ『麒麟がくる』の登場人物を、信長の野望シリーズ「大志」の武将能力から見てみようのこの企画。
 第13回は徳川家康の父親、松平広忠その人から。

松平広忠とは

 松平広忠とえいば、戦国時代を乗り切って天下人となった、徳川家康の父親として知られている。
 広忠は松平清康の子として1526年(大永6年4月29日)に誕生した。

由羅
由羅
徳川家康のお父さんかー。家康はとっても有名だけど、小さい頃は織田家や今川家の人質をやっていて、じゃあその父親は何をしていたんだって感じなんだけど、あまり語られていないものね?
語り様が無い、というのが正しいだろうな。『麒麟がくる』でもそうだったが、登場したと思った瞬間、退場してしまったからな
色葉
色葉
由羅
由羅
あー……。いきなり信長に暗殺されて、引き出物にされてたものね
まああれは創作だろうが、実際に1549年(天文18年3月6日)に死去している。この時24歳
色葉
色葉
由羅
由羅
24歳だったんだ……。それだとこれから、って時だよね

 松平広忠の死の原因については諸説ある。

 まず単純に病死だった、というもの。
 また岩松八弥によって殺害された、というもの。
 他には一揆によって殺害された、というもの。

 色々である。

由羅
由羅
じゃあ信長説も加えないとね
脚色だと言っているだろうが。……まあ、こんな感じで原因がはっきりしないからこそ、脚色し易い、とも言えるがな
色葉
色葉

麒麟がくるでの松平広忠

由羅
由羅
『麒麟がくる』では徳川家康の父、松平広忠として、下記のように紹介されているよ。演じるのは浅利陽介!
三河の岡崎城城主。尾張の織田信秀による三河侵攻により、隣国で強大な力をもつ今川義元へ加勢を頼むが、その見返りとして嫡男・竹千代(のちの徳川家康)を人質として送ることになる。NHK大河ドラマ『麒麟がくる』

信長の野望・大志での松平広忠

松平広忠(まつだいら ひろただ)
基本能力
統率73
武勇56
知略59
内政72
外政67
その他能力
家名存続
気質家名
格付A
野心7
個性小荷駄押 新田開発
戦法気勢崩し 堅固
作戦囮挑発

由羅
由羅
それなりに使える能力、かな? 最低でも50台はあるし、統率や内政は70以上あるし
優将とはいえないが、良将といったところかな。まあ子である徳川家康に比べると、ずいぶん見劣りするが、まあこんなものか
色葉
色葉
由羅
由羅
ちなみに広忠の父親で家康のお爺ちゃんにあたる松平清康は、ゲーム的にはけっこう優秀な能力の持ち主だよ

まとめ

由羅
由羅
『麒麟がくる』では僅かな登場だったこともあって、あまり語れることもないよね
史実においても早世しているからな
色葉
色葉

 子である徳川家康は長生きしている一方で、父・広忠や祖父・清康は早世していることで知られる。
 清康はいわゆる森山崩れによって家臣の阿部正豊に斬殺されるという最期を遂げており、享年は25。子の広忠も24歳で死去しており、歴代当主の早すぎる死が、幼少の家康に忍従を強いることになるのである。


 次回の第14回は徳川家康の伯父・水野信元。その評価は如何に?

水野信元【信長の野望・大志の武将能力で見る麒麟がくる】第14回大河ドラマ『麒麟がくる』の登場人物を、信長の野望シリーズ「大志」の武将能力から見てみようのこの企画。第13回は徳川家康の伯父、水野信元その人から。...

 前回の第12回・帰蝶はこちらから⇓

帰蝶【信長の野望・大志の武将能力で見る麒麟がくる】第12回大河ドラマ『麒麟がくる』の登場人物を、信長の野望シリーズ「大志」の武将能力から見てみようのこの企画。第12回は主人公である明智光秀の従兄妹にして、美濃の蝮こと斎藤道三の娘、そして光秀が主君として仕えた織田信長の正室、帰蝶その人から。...