春日局(斎藤福)~ 江戸城大奥の礎を築いた鼎の脚

春日局(斎藤福)~ 江戸城大奥の礎を築いた鼎の脚

 春日局とは安土桃山時代から江戸時代前期の女性。
 本名は斎藤福。春日局という名称は朝廷から賜った称号である。
 江戸幕府第3代将軍・徳川家光の乳母として知られており、江戸城大奥の礎を築くと共に、家光を松平信綱や柳生宗矩と支えた鼎の脚の一人とされた人物である。
 江戸初期における女性政治家としては随一の存在であり、徳川政権の安定に大いに貢献した。

春日局(かすがのつぼね)/斎藤福(さいとう ふく)
撫子
生年1579年(天正7年)
没年1643年(寛永20年9月14日)
別名斎藤福
氏族美濃斎藤氏
家紋撫子(なでしこ)
父:斎藤利三
母:安(稲葉良通娘)
養父:稲葉重通
兄弟利康 利宗 三存 七兵衛 娘(柴田勝全前室) 娘(柴田勝全継室) 春日局(福)(稲葉重通養女、稲葉正成継室)
稲葉正成
正勝 正定 正利

春日局(斎藤福)とは

由羅
由羅
春日局のことはとても有名だけど、本名は斎藤福っていうんだね。これはあまり聞いたことがなかったかな
春日局という名称は、称号だからね。春日局はその本名から分かるように、斎藤氏の出身なんだよ
イリス
イリス
由羅
由羅
斎藤氏っていうと、斎藤道三とかで有名な美濃斎藤氏?
そう。ただし父親は斎藤利三だから、道三流ではなくて、本来の美濃斎藤氏の方だよ
イリス
イリス

来歴

父・斎藤利三

 美濃斎藤氏は美濃国の守護代を務めた名門であったが、斎藤道三による美濃国盗りや織田信長による美濃侵攻を受けて滅亡した。
 以降、一門の一人であった斎藤利三は、かつての斎藤家臣であった明智氏に仕えたという。

由羅
由羅
明智光秀に仕えたんだよね
そう。利三は明智秀満と共に、明智家の筆頭家老という重臣だったとされているんだよ
イリス
イリス
 1579年(天正7年)、春日局は利三の所領であった丹波国の黒井城下館にて誕生した。
由羅
由羅
丹波国?
光秀は主君であった織田信長に丹波攻略を命じられていて、苦労しながらもようやく波多野氏を降して丹波を平定することができたの。これを信長は絶賛して、これまでの近江坂本の所領に加えて丹波国を与えたというわけだね。で、利三にもその一部を任されることになった、というわけだよ
イリス
イリス
 しかし1582年(天正10年)、本能寺の変が勃発。
 父・利三は主君であった明智光秀に従い、本能寺にて織田信長を討ち果たしたものの、同じ織田家臣であった羽柴秀吉との決戦である山崎の戦いにて敗れ、利三は近江国堅田で捕らえられて処刑されたという。

 春日局の兄弟らは落ち武者となって各地を放浪したとされているが、春日局自身は母方の実家である稲葉家に引き取られ、成人するまで美濃国の清水城で過ごしたのではないかと考えられている。

 この間に母方の親戚に当たる三条西公国に養育されており、公家の素養である書道・歌道・香道等の教養を身につけることができたという。

由羅
由羅
なるほど……。この時に春日局は武家の姫でありながら、公家の教養を身に着けることができたんだね
 その後、伯父であった稲葉重通の養女となり、稲葉氏の縁者で小早川秀秋の家臣である稲葉正成の後妻となっている。
由羅
由羅
稲葉正成というひとに嫁いだんだね。このひとはどんなひと?
……小早川秀秋といえば?
イリス
イリス
由羅
由羅
えっと……関ヶ原の戦いで寝返ったひと?
そう。稲葉正成は平岡頼勝と共に秀秋を説得して東軍に寝返らせた人物として知られているの。つまり、徳川家康を勝利させた影の功労者だったというわけだね
イリス
イリス

徳川家光の乳母選考

 1604年(慶長9年)、春日局は江戸幕府2代将軍・徳川秀忠の嫡子・竹千代の乳母に任命された。

この時の選考で、春日局の家柄や自身の教養、そして夫であった正成の戦功が評価されたといわれているよ
イリス
イリス
由羅
由羅
じゃあ正成も鼻が高いよね
そうなんだけど、春日局が乳母にあがるにあたって、正成とは離縁しているの
イリス
イリス
由羅
由羅
え、なんで?
これには諸説あるんだけど……
イリス
イリス
・正成が愛人を作ったと知った春日局が激怒して家を去ったとする説
・勝手に乳母に応募した事に激怒した正成が離縁したという説
・乳母に採用された事を知って「女房のおかげで出世した」といわれるのを恥じて離縁状を出したという説
・福に江戸幕府から直接乳母に召されるという話を正成が受けて、春日局も乳母として幕府に忠勤すれば夫の仕官や立身出世に繋がるのではと考え、正成が美濃十七条藩主に取り立てられたのを見届けてから離縁したという説
・更にこれらの出来事は全て口実で、正成を家康に仕官させるために正成と福が示し合わせて離縁したとする説
由羅
由羅
いろいろあるんだね
お好きなのをどうそ、という感じだね。……ちなみに息子だった稲葉正勝も家光の小姓に取り立てられて、1623年(元和9年)に老中に就任しているし、1632年(寛永9年)には相模国小田原藩主となっているよ
イリス
イリス

将軍様御局

 家光が将軍に就任すると、春日局は将軍様御局として大御台所・の下で大奥の公務を取り仕切るようになった。
 その江が1626年(寛永3年)に没すると、家光の側室探しに尽力したという。
 また将軍の権威を背景にして、老中をも上回る権力を握ったという。

春日局

 1629年(寛永6年)、家光の疱瘡治癒祈願のため伊勢神宮に参拝し、10月には上洛して御所への昇殿を試みたという。

由羅
由羅
疱瘡?
天然痘のことだよ。世界で初めて撲滅に成功した感染症としても知られているね
イリス
イリス
由羅
由羅
当時はそう呼んでいたんだね。それで春日局はついでに昇殿しようとしたんだ
うん。でもそう簡単にはいかないの。春日局の出自はあくまで武家の娘に過ぎないから、御所に昇殿するには資格が足りなかったんだよ
イリス
イリス
 そこで血族であった三条西公国の養女になろうとしたものの、既に他界しており、やむをえずその息子・三条西実条と猶妹の縁組をし、公卿三条西家(藤原氏)の娘となり参内する資格を得たという。
由羅
由羅
ややこしいことをしているんだねえ……
いろいろあるってことだよ
イリス
イリス
 春日局は三条西藤原福子として同年の10月10日に、後水尾天皇や中宮和子に拝謁した。
 従三位の位階と「春日局」の名号、及び天酌御盃をも賜ったという。
由羅
由羅
ここで初めて「春日局」の名前を名乗れるようになった、というわけだね
 その後、1632年(寛永9年7月20日)の再上洛の際には従二位に昇叙し、緋袴着用の許しを得て、再度天酌御盃も賜わっている。
これにより二位局とも称されて、同じ従二位の平時子や北条政子に比肩する位階になったんだよ
イリス
イリス
由羅
由羅
平時子? 北条政子?
平時子は平清盛の正室。北条政子は源頼朝の正室だよ
イリス
イリス
 そして1643年(寛永20年9月14日)、春日局死去。享年64。
西に入る 月を誘い 法をへて 今日ぞ火宅を逃れけるかな
イリス
イリス
由羅
由羅
辞世の句?
そうだよ。墓所は東京都文京区の麟祥院や神奈川県小田原市の紹太寺、京都市の金戒光明寺などにあるよ
イリス
イリス

春日局(斎藤福)画像

春日局(斎藤福)