石川康長 ~信濃松本藩第2代藩主

石川康長 ~信濃松本藩第2代藩主

 石川康長とは安土桃山時代から江戸時代にかけての武将。
 信濃松本藩の第2代藩主でもある。

石川康長(いしかわ やすなが)
丸に竜胆
生年1554年(天文23年)
没年1643年(寛永19年12月11日()
別名三長 数長
通称:玄蕃頭
主君徳川家康⇒豊臣秀吉⇒豊臣秀頼→徳川家康⇒秀忠⇒改易
氏族石川氏
家紋丸に竜胆
父:石川数正
母:内藤義清の娘
兄弟康長 康勝 康次
正室:佐野政綱の姉
女(大久保藤十郎室)

石川康長とは

由羅
由羅
石川康長は石川数正の嫡男だね
諱は三長や数長、ともいったそうだよ
イリス
イリス
由羅
由羅
父親である数正は家康を裏切っちゃうわけだけど、その子の康長は徳川政権下でどうなったのか、は興味あるよね

来歴

 1554年(天文23年)に石川数正の子として誕生。
 父・数正同様に、徳川家康に仕えました。

 1584年(天正12年)、家康の次男・秀康が大坂に送られることになった際に、本多成重や弟の康勝と共に扈従。

 その翌年である1585年(天正13年)には父・数正が徳川より出奔し、豊臣秀吉に臣従するという事件が発生。
 これにより康長もまた、父同様に秀吉に仕えることになった。

 1592年(文禄元年)の文禄の役において、父・数正の代理として肥前名護屋城に入り、在陣衆として500名を率い、駐屯。

 その後、父が死去したことで信濃松本藩の第2代藩主となり、家督を相続する。

この家督相続の際、数正の残した遺領は康長を含めて三人の兄弟で分割相続され、康長は8万石を、残りの2万石は二人の弟がそれぞれ相続したとされているよ
イリス
イリス
 父・数正は松本に移封されたのち、松本城の普請や城下町の整備に力を注ぎ、康長もまた父の代から続く松本城の普請をさらに進めた。

 しかしその規模は8万石の能力を超えるものであったため、領民は苦労したという。

 普請のために木材を伐採し、それでも足りずに民家を取り壊して材木にあて、しかし取り壊したことに対する補償は何も無い有様で、強引を推し進めたことがうかがえる。

由羅
由羅
けっこう無茶してたんだね
みたいだね。……ちなみにこのような状況に太鼓門に据える巨石を運ぶ人足が苦情を訴えたとされているのだけど、康長は手ずからその者の首を刎ね、槍で差し上げた上で、人足に対して強引に運搬させたとも伝わっているよ
イリス
イリス
由羅
由羅
うわぁ。けっこうな暴君だよね
 1597年(慶長2年)には、豊臣姓を下賜。
 同年には従五位下式部大輔に叙任。

 1600年(慶長2年)、家康が会津征伐に出発し、康長もそれに従い出陣。
 この機に乗じて石田三成が挙兵すると、そのまま家康に与して東軍となった。

由羅
由羅
ちゃっかりと東軍についていたんだね
 家康の嫡子・徳川秀忠が中山道より進軍し、これに従いその道中、西軍であった真田昌幸のへの攻撃に参加。
由羅
由羅
あ、でも中山道組か……
 康長は日根野吉重と共に上田城の支城・冠者ヶ嶽城を攻めたが、大敗を喫したとされている。
由羅
由羅
やっぱり負けちゃったわけだね

 結局、関ヶ原の戦いには参加できなかったものの、東軍として参加したために、所領は安堵された。

 1613年(慶長18年)、大久保長安事件が発生。
 大久保長安と縁戚関係にあった康長は、長安と共謀し知行を隠匿したとされて、連座により二人の弟と共に改易された上で、佐伯藩主毛利高政の預となり、豊後佐伯に流罪に処された。

この時の改易の理由としては他に、石高の分限を超えた城普請や、幕府により外様大名外しであったのではないかと、諸説あるよ
イリス
イリス
由羅
由羅
外様、そうか外様になっちゃうんだね。もしそもまま家康に仕えていたら、立派な譜代大名だったのに
これで数正の系統は日の目を見なくなってしまったわけだね
イリス
イリス
 その後1642年(寛永19年)に、配所にて死去した。享年89。