朝倉天正色葉鏡

第262話 鬼は誰か

朝倉天正色葉鏡 本能寺之編 第262話

     /

 天正十一年五月十七日。

 近江坂本城にあった明智光秀の元にも出陣の命が下り、その準備の最中、来訪者が訪れていた。

 やってきたのは羽柴家臣、黒田孝高。

 しかし深夜。
 あまりに遅い来訪であった。

 そしてその孝高が連れて来た同行者に、光秀は目を丸くすることになる。

「――これはどういうおつもりか」

 毛利家臣・安国寺恵瓊。
 その同行者は、ここにはいてはいけない人物であった。

「明智様にお会いしたく、我が毛利家の……いえ、足利義昭様の使者として参りました」
「義昭様の?」

 光秀はかつて、足利義昭に仕えていた経緯がある。
 途中でこれを見限り、信長についたのであるが。

「まずはこれを」

 渡された書状は義昭直筆の御内書である。
 一読した光秀は、その内容に顔をひきつらせた。

「これは、まことに義昭様がお考えの事か」
「もちろんでございます」

 恵瓊が頭を下げる。

「これには信忠様に、朝倉家包囲の一角を担うよう、仲立ちをせよと書いてある」

 かつて義昭は筆をもって反織田勢力を糾合し、信長を窮地に陥れたことがある。
 そしてその義昭は、毛利家にいる。

 これは窮地にある毛利家が泣きついた結果だろうと、光秀はすぐにも悟った。
 つまりはその程度のものである。

「このようなこと、叶うはずも無い」
「本当に、そうお思いか?」

 不意に孝高の声が滑り込んだ。

「いかなる意味か」
「頭の良い明智様らしくもない。ここに私がいる意味を、ご考慮されましたかな?」

 そうなのだ。
 ここに秀吉の家臣がいる意味。

「まさか、羽柴殿の元にも」
「如何にも。そして私が安国寺殿と同行した意味を、お考え下さいませ」

 つまり、すでに秀吉は受けたということか。

 それは、どういうことなのか。
 身震いがする。

 そんな光秀の様子を眺めながら、孝高は続けた。

「毛利殿、長宗我部殿はすでに同盟を成し遂げ、さらに大友殿とも毛利家は婚姻同盟を結びました。血気盛んな島津に関しては、義昭様が仲立ちをして和睦も相整っております。西国の諸大名、一致団結とはいかずとも、その形は成ったのです。ここで我が羽柴家が翻れば、如何なるか」

 定まりかけていた天下の趨勢が、一気に分からなくなってしまう。

「……そのようなことに、意味はあるのか。天下泰平の世が、遠のくだけではないのか」

 ここで羽柴家が翻り、朝倉政権が早くも瓦解すれば、再び乱世に立ち戻ることだろう。
 天下統一など、遠い先のことになる。

「ただ天下泰平の世が訪れれば良い、というわけにはいかぬのです。誰がこの日ノ本の主となるか、その選定は綺麗ごとではすみますまい」
「それは朝倉晴景様ではないと申すか」
「かのお方は確かに優れたお方です。が、一人のお力ではなかろうというもの」
「……奥方のことか」

 黙って、孝高は肯定の意を示す。

「かの方は人知の及ばないところがあります。乱世ならばこれをまとめる力は確かでありましょうが、泰平の世であれば乱を求めずにはおれない、傾城傾国の者でありましょう」
「それは……」

 否定はできない。
 それはつい昨今、身に染みて思ったことでもあった。
 嬉々として長宗我部を滅ぼすと宣言した時に。

「そして、かの方は人ですらありませぬ」
「―――――」

 そうなのだ。
 人は必ず滅びるもの。
 あの織田信長ですら、あっさりと滅びてしまったのだ。

 しかしかの狐姫は妖。
 どれほどの時を生きながらえるのか、分かったものではない。
 気分次第でこの先、乱世と治世を掌に弄ぶのだろう。

「この日ノ本の歴史において妖は数多くおりましたが、されど国を治めたものなどおらぬのです」
「……だが、姫は善政を心得られておる。あれほど民に慕われている者も、そうはいまい」

 北ノ庄の発展と繁栄ぶりをみれば、嫌でもそれが分かる。

「それは朝倉晴景様の存在あってこそでしょう。かの方に何かあれば、人の世の幸などに共感などしなくなるやもしれませぬ」

 確かにあのような傍若無人な姫が、こうも善政を敷くことは、やや解せぬところではある。
 信長がそうしていたように、絶対的強者として振る舞っていた方が、まだ合点がいくというものだ。

 そこで出てくるのが朝倉晴景である。
 どのような手練手管を用いたのかは知る由も無いが、確かに両者の良好な関係を鑑みれば、晴景が健在なうちは滅多なことはやらないかもしれない。
 そしてたとえ振りであったとしても、善政を敷くのだろう。

「お分かりか? 今この日ノ本は、そのような危うい姫に支配される寸前まできているのですぞ」

 まるで光秀を非難するかのように、孝高は初めて感情を込めてそう言い放つ。
 光秀としては、返す言葉すらない。

「……ここで一時、乱世に立ち戻ったとしても、その先に天下統一を果たす者は誰であれ、かの姫よりはましな存在であるはずです」
「…………。では何故、羽柴殿はこのような連合を提案なされたのか」

 あのような連合政権の発足を提案しなければ、朝倉家の力は一気にあそこまで増大しなかったはずだ。
 そしてそれならば、やりようなどいくらでもあったのではないか。

「賭けにございます」
「賭け?」
「然様。あのままじわじわと朝倉家が諸国を糾合していけば、もはや手が付けられませぬ。が、一度に大きくなれば、綻びも生じやすくなるというもの。あれほどのお方を討ち滅ぼすには、外からだけでは足りぬのです。内外から同時にやらねば、勝機など元よりございませぬ」

 ここで明確に討ち滅ぼすという言葉を孝高が使ったことに、光秀は戦慄した。

「つまり、好機は今しかない……と?」
「そうは思いませぬか?」

 分からない。
 分からないが、その通りかもしれない。
 今を逃せば二度と好機は訪れないのかもしれない。

「されど……されど。信忠様はお受けになるまい。朝倉との戦をむしろ恐れているお方だ。すでに屈してさえおられる。早晩、織田家は朝倉家の臣下に成り下がるであろう……」
「であれば、明智様が自ら動かれる他ありませぬな」
「私を唆すつもりか」
「救国の士は一人でも多ければと思ったまでにて、我が腹の内を打ち明けたのです。ですがこれをけしからぬと思い、かの姫に忠義を尽くすおつもりであるのならば、遠慮なくこの首を刎ね、羽柴の造反を密告し、後世に汚名を残されるがよろしかろう」
「――――」

 またもや光秀は返す言葉を失った。
 十二分に時がたち、ようやく光秀は絞り出すように告げたのである。

「……帰られよ。此度の話、聞かなかったことにする」
「……は」

 孝高は頷き、恵瓊と共に未練もなくその場を退出した。

 一人残された光秀は苦悩しつつ、ふらふらと自室へと引き揚げた。
 そこでぎょっとなる。

 奥の奥に隠すようにしまい込んでいた例のしゃれこうべが、待っていたとばかりに居室に転がっていたのである。
 落ちくぼんだ眼窩は何も言わない。言うはずもない。

 だが、光秀には。

 信長が笑っているように思えてならなかった。

     ◇

「残念ながら失敗であったな」

 帰路を急ぐ孝高へと、恵瓊は苦悩を滲み出してそう洩らす。

「いや、そうでもありますまい」
「されど」
「こうして我々が生きて帰れた時点で、望みはあるというもの」

 むしろほぼ成功であると、孝高は考えていた。
 明智光秀への調略を、である。

 朝倉家臣への調略は、まず成功しないというのが孝高の基本的な考えであった。
 陪臣にまでなればその限りではないかもしれないが、直臣であれば色葉への忠誠心が異様に高く、まず裏切る要素を見いだせないのである。

 それに朝倉家の勢力は今まさに旺盛。
 あえてこれを見限ることもありえない。

 だが光秀は朝倉家臣としては新参衆。
 そして信長に最後まで付き従ったことからも分かるように、その影響が未だ濃く、色葉の影響を受けずにいる。

 そして鈴鹿姫。
 いつぞやの夜に孝高と光秀は招かれ、事細かに色葉の話を聞かされた。

 我が事の誉れのように上機嫌で話す鈴鹿ではあったが、その内容を改めて客観的に振り返れば、聞き捨てならないようなことも多数含まれていたような気もする。
 色葉に毒されていればさほど思わないようなことであっても、光秀であれば違和感を覚えたに違いない。

「種は撒いたのです。ひとまずはこれでよしとしましょう。やや危ない賭けではありましたが、打てる手は全て打っておかねばなりませぬからな」

 孝高とて、光秀を調略して即座にどうこうしようと考えていたわけではない。
 単に朝倉家の内情を知り得るための、より正確な情報源が欲しかったに過ぎなかった。

 そしてどういうわけか、新参衆にも関わらず、光秀のことを色葉は評価しているようで、待遇は悪くない。
 松永久秀が死した後は京を任されるであろうとの、専らの噂があるくらいである。

「ともあれかの姫を戦場に引きずり出し、消耗させるのです。此度の戦には時をかけ、姫自身を疲労させる」
「……何とも消極的な策ではないかと思うがな。そのためだけに、毛利や羽柴、その他の将兵がどれほど犠牲になるか」
「数万程度の犠牲で済むのならば、安いものです」

 その何気ない孝高の言に、恵瓊はぎょっとして見返した。

「かの姫の死を願う以上、数万は必要な生贄でしょう」
「……おぬし」

 生唾を飲み込みながら、恵瓊はそれを口にせずにはおれなかったという。

「おぬしこそが、鬼やもしれぬな」


 次の話 >>
 目次に戻る >>