朝倉天正色葉鏡

第253話 孝高の思惑(後編)

朝倉天正色葉鏡 本能寺之編 第253話

「わかった。確かにこの話、うまくいけば天下統一が目の前までぶら下がって来たことになる。その功に報いるのにはやぶさかではない」
「は」
「――秀吉」
「は、はは!」
「わたしは孝高が欲しかった」
「は……は、はい?」

 突然のわたしの告白に、秀吉が間抜けな声を上げる。

「何度もお前から引き抜こうとしたが、いっこうに靡かない。そしてお前のためにここまでする。まったくもって憎たらしい」
「か、官兵衛、まことか?」
「は。幾度もお誘いを受けておりました」

 孝高もある程度開き直っているのか、包み隠さずにそれを認めてみせた。

「ですが、私は秀吉様の臣下ゆえ、お断り申し上げていたのです」
「う、うむ。当然であろう。色葉様もお人が悪いですぞ」
「はは、許せ。しかし秀吉よ、今回のこと、孝高が発案ではないのか?」

 半ばそうであろうと思っていたけど、念のために聞いておく。
 秀吉は少しだけ悩んだそぶりを見せて、結局首肯してみせた。

「確かにこの官兵衛の献策によるもの」
「そうか」

 ならば、いい。

「どうだ孝高。望み通りに秀吉を贔屓してやる。代わりにお前はこっちに来い」
「また……ご無体なことを」
「本気だぞ?」
「お断りいたします」
「じゃあ秀吉を用いない」
「それは困ります」
「困るだろうからこその交渉なんだが」

 わたしの勧誘と孝高の拒否との間で、秀吉などはおろおろするばかりである。

「……色葉様。我が殿の前でこのような話をされるのは如何なものかと」
「いいじゃないか。お前が承知すれば、この場で秀吉にも承知させる。話が早くていい」
「このようなことは、内密にするものです」
「じゃあ別の部屋で話すか」
「お断り申し上げます」

 秀吉そっちのけで勧誘するわたしに、やはり秀吉はあたふたするだけで、見ていて面白い。

「あまり、殿をからかいなさいますな」
「ん、わかったか」
「当然です」

 孝高が今更なびかないことくらい、わたしにも分かっている。
 今のは孝高の言うように、秀吉をからかったにすぎない。
 もちろん、孝高をわたしから奪ったことに対する当てつけである。

 ……まあ、そもそも奪おうとしたのはわたしなんだが、この際どうでもいい。

「まったくつまらんな。お前と昌幸がいれば、悪だくみでこの先楽しめただろうにな。まあ、いいか。これくらいにしておいてやる」

 さて。
 とはいうものの、だ。

「功を上げれば秀吉を用いてやる。が、それは他の連中も同じこと。わたしがこの場で便宜を図ってやれるのは、その機会を優先的に与えてやることくらいだが」

 わたしは基本、依怙贔屓をする。
 今はともかく、以前の朝倉家はわたしの独裁の元にあったようなものだから、これは当然のことだ。
 そしてそれをして欲しければ、わたしに気いられるよう努力をしろ、ということでもある。

「秀吉、お前はどんな功をあげてみせるつもりだ?」

 どうせ孝高のことだ。
 そこまで考えてあるはずだが。

「中国平定を」

 案の定、秀吉の返答に淀みは無かった。
 が、中国平定、だと?

「それは何だ。毛利を降すということか?」
「毛利殿は此度の色葉殿の招集に応じませんでした。毛利家がそこらの木っ端大名であるのならば、捨て置いてもさほど害もありませぬが、毛利は大国。西国一の大大名にございます」
「そうだな」
「であれば放っておく手はございませぬ。不肖この秀吉、姫がお命じ下されば、毛利征伐の先鋒を務めたく存じますぞ」

 毛利征伐か。
 ふうむ……。

 確かにわたしを無視した毛利は不愉快だが、予想のうちでもあったし、自分の中では経済制裁程度にとどめておくつもりだったんだがな。
 兵を動かすとなると、疲れるし。

「補足を、よろしいでしょうか」

 孝高が口を挟んでくる。
 補足、ね。

「諸大名を糾合するにあたり、明確な目標が必要であると考えます」
「天下泰平、ではなく、か?」
「それは最終的な結果に過ぎませぬ。当面の目標があってこそ、結束できるというものです」

 孝高の言いたいことは何となく分かった。

「要するに、外に敵を作れということか」
「ご明察にて」

 そういうことである。
 確かに共通の敵を作ることで、一致団結はし易くなる。

 その中で功を上げることで、のちの体制作りにおける、序列を定めやすくもできる。
 いわゆる建国の功臣、になりえれば、のちに重用されるという自然な流れだ。

 もっとも功を上げ過ぎて粛清されることも多々あるが、この際は置いておく。

「それが毛利か」
「敵はある程度強くなければなりませぬ。それに毛利は打って付けかと」
「あくどいな」
「では却下されますか?」
「いや」

 悪い案ではない。
 要は毛利家を見せしめにする、ということだ。

 史実で秀吉が小田原征伐でやってみせたように、圧倒的な兵力でこれを討ち滅ぼす。
 恐れた諸大名はこぞって従属を申し込んでくることだろう。

「その毛利征伐において、羽柴家にその先陣を申し付けていただきたいのです」
「羽柴領は毛利領と接しているからな。自然といえば自然か」
「そしてのちに朝倉様が諸大名を率いて大遠征を行えば、その武威は否応なく上がるというものです」
「なるほどな。しかし大義名分はどうする? 一応、必要だろう」

 さほど気にもしないが、しかしあるとないではやはり風聞が違ってくる。
 覇権主義もいいが、中には忌避する輩もいるだろうしな。

「まずは毛利と交渉を持ち、政権への参画……事実上の従属を要求します」
「天下泰平を名分にして、か?」

 皮肉げに笑って見せれば、孝高も同じように笑みを浮かべてみせた。
 腹黒い。
 まるで鏡を見ているようである。

「それで十分でしょう」
「ふむ。しかしそれで屈してしまったらどうする?」
「その事前交渉を羽柴家にお任せいただきたく。仮に戦とならずに毛利が屈服してしまったとしても、それはそれで我が殿の功となりますれば、特に問題ございませぬ」

 なるほど。
 実によく考えてある。

「それに九州や奥州も残っていますからな」

 毛利が腑抜けだったとしても、他にもまだ戦国大名は残っている、ということか。

「……いいだろう。実に小賢しいが、それをもって功とすると言うのであれば、それでいい。存分に働いてみせろ」
「――はは」

 ……やはり欲しかったな、孝高の奴を。
 その時のわたしは、本気でそう思ったものである。

「便宜は図る。もう少し詰める必要もあるだろうが、そろそろわたしも疲れた。あとはわたしの側近を寄越してやるから、煮詰めて形にしろ」

 やや汚い話でもあるし、こういうのは悟ってしまっている貞宗に担当させるのが一番か。
 また仕事を増やしてしまうことになるが、いつものことである。

「と、ところで色葉殿」
「ん、なんだ秀吉?」

 今度はどこかそわそわした様子で、秀吉が遠慮がちに声をかけてきた。
 挙動不審ですら、ある。

「北ノ庄に参ってより、乙葉殿の姿を見かけぬのですが、かの方はどちらに……?」

 なんだ、そのことか。

「乙葉なら織田家の接待に駆り出している」
「むむ? 確か織田家の接待役は姉小路殿と窺っておりましたが……?」
「ああ、そうだ。乙葉はその家臣どもの相手をしているぞ。特に柴田勝家のところに入り浸っているらしいが」
「な、なんですとー!」

 素っ頓狂な声を上げる秀吉を見て。
 わたしはからからと笑ったのだった。


 次の話 >>
 目次に戻る >>