朝倉天正色葉鏡

第207話 すれ違う者

朝倉天正色葉鏡 甲州征伐編 第207話

     /色葉

 戦は朝倉の完勝に終わった。
 それはいい。
 もし誤算があったとすれば、あまりにわたしの策が嵌り過ぎたことだろう。

 包囲殲滅がこれでもかというくらいうまくいき、結果、北条勢は文字通り壊滅した。
 今回の合戦でわたしは一万五千以上を殺したのである。

「――お断りします」

 その日の夜。
 戦に勝利したとはいえ、次なる行動のために忙殺されていたわたしであったが、間を見つけて千代女を呼び出し、今回の戦功による褒美を尋ねた時のことであった。

「む?」
「私は二度と、あなたとは関わりたくありません」

 今回の砥石城での籠城において、千代女は何だかんだ言いながらもわたしをよく守ってくれた。
 正直気に入らない女ではあるが、功に報いるのにはやぶさかではない。

 とはいえ千代女は家臣というわけでもないので、どんなものが欲しいか聞いてみたところ、今ほどのつれない返答があった、というわけである。

 最初、性格の悪い千代女のことだから、そういう反応をしてみせたのかとも思ったが、少し様子が違うことにようやくわたしは気づく。

「……どういう意味だ?」
「今回、あなたは一万五千もの魂を貪っておきながら、まだ飢えている。ひとでないことは承知していましたが、あまりに異常です。私は、あなたがおぞましい」

 どうやらただの嫌味で言っているわけではないらしい。

「お前が、わたしを怖がるだと?」
「ええ。とても怖いのですよ」

 千代女の表情に変化は無いが、しかし本気のようだ。

「そうは言うが、解せない。お前なら分かるだろうが、今のわたしは以前、お前と戦った時よりも遥かに弱体化している。殺そうと思えば殺せたはずだろう?」
「――やめて下さい。私を謀るのですか」

 謀るのですかって言われても、こちらにそんな気はない。
 実際、わたしは弱っているし、今回も直隆や千代女の護衛が無ければ、正直どうなっていたか分からない戦況だった。

 ……確かに千代女の言うように、戦場に溢れた戦死者の魂は、ほぼ全て捕食している。
 しているのだが、自身ではさほど意味のある行為とも思ってはいない。

 食べても食べてもどこかに抜け落ちてしまっているような感じで、わたしの回復にほとんど寄与していない印象だったからだ。
 それでも朱葉が極力そうして欲しいと懇願するものだから、律儀に拾って集めた程度のことである。

「あなたが何を考えて、これからどうするつもりなのかは知りません。知りたくもない。信濃巫が欲しいと言うのならば、好きにすればいいでしょう。あれは乙葉が心得ていますから、彼女に任せればすむ話です」

 千代女の言うように、今回信濃巫の情報網や情報操作は非常に役に立った。
 今後、これを使わない手は無いであろうし、そのためには千代女を召し抱えてもいいとさえ思っていたのだが、まるで先手を打つかのように千代女はそう言ったのである。

「……お前はどうする気だ?」
「主家が滅びた以上、もはや果たす義理もありません。この地に留まる理由も無いですし、どこかあなたの目の届かぬ地に流れるつもりです。褒美と言うのならば、それを許して欲しい」
「嫌われたものだな」

 元々相容れない関係であるから、仕官の話はそこまで期待していたわけでもない。
 とはいえ、ここまで言われるとやはり気にはなる。

 やはり一万五千も殺戮してしまったことで、敬遠されてしまったのだろうか。
 しかし冷血振りはこの女もわたしに負けていないはずで、その程度で、と思ってしまうところではあるのだが……。

 まあいい。
 どちらにせよ、この女はもうわたしに靡かないだろう。
 変な気を起こされても困るし、去るというのならば去ればいい。

「なら、好きにしろ。ただし、信濃巫はもらうぞ?」
「お好きに」

 最後まで分かり合うことは無いまま、千代女はこの場を辞していった。

「……直隆」
「は」
「あの女が恐れるほどのことを、わたしはしたか?」

 常に傍で護衛役を担っている真柄直隆へと、わたしは何気なく問いを投げかけた。
 何となく、もやもやするからである。

「一万程度が何だと言うんだ? 信長などは長島一向一揆征伐で、二、三万は焼き殺しただろうに」
「恐らく、数の問題ではないかと」
「そうなのか?」

 わたしは首をひねる。
 よく分からない。

「望月殿は、色葉様の存在そのものに畏怖したものと推察します」
「とてもそう思えない。相変わらず舐めた口をきいていたような気もするし」
「そういう性情なのでしょう」
「ふうん」

 やはりよく分からないが、そもそも他人の考えなど端から分からないものだ。
 となれば、考えていても仕方が無い。
 それに今はやることも多々残っている。

「休憩は終わりだ。軍議に戻る」
「もうしばし……お休みされた方がよろしいかと」
「そんな時間は無い」
「……は」

 北条氏照勢は破ったとはいえ、上野情勢は未だ解決していないし、高遠城では晴景が孤軍奮闘している。
 まだまだ楽観できる情勢では無いのだ。

 今夜は眠れないだろうな……。


 次の話 >>
第208話 禁忌への誘惑朝倉天正色葉鏡 甲州征伐編 第208話      /  陽泰寺。  砥石城の麓に建つ寺で、創立は実に白鳳時代に遡る。  ...

 目次に戻る >>
朝倉天正色葉鏡 『朝倉天正色葉鏡』とはたれたれをによる小説作品。  当ブログとWEB小説投稿サイトである「小説家になろう」において、2018年7月1...