朝倉天正色葉鏡

第195話 雪葉と貞宗

朝倉天正色葉鏡 甲州征伐編 第195話

     /

 ようやく眠ってくれた色葉を見て、雪葉はようやく安堵した。
 よほど疲れていたのか、すでに寝息を立て始めている。

 以前の色葉ならばともかく、今の色葉はその体力も落ちている。
 にも関わらず、以前のように無理を通して働くのだ。

 色葉はよく家臣使いが荒いと言われるが、その実、自身こそを最も酷使しているに違い無い。
 つまるところ、色葉は必死になってこの世界で生きているのだ。
 少なくとも雪葉はそう思っていた。

「とても、ご苦労されたのですね……」

 雪葉は色葉がただの狐の妖でないことを知っている。
 もちろん、これは色葉自身が告白したことではない。
 ある時、真柄隆基が雪葉に語ってくれたことがあったのである。
 その、出会いを。

 その話を信じるのならば、色葉は朝倉家とは無縁、ということになる。
 そんなことなどはどうでも良かったが、しかし色葉の正体はとても気になった。
 だがこれは、隆基らも知り得ないことである。

 しかし唯一知っていそうな相手に、雪葉は心当たりがあった。
 朱葉である。

 色葉に命じられて朱葉を預かって以来、雪葉は朱葉を問い詰めた。
 朱葉も普段は色葉以外には一切の譲歩をしない、冷徹な存在ではあるが、そんな朱葉に指導された雪葉も負けてはいなかった。

 相手が幼子の姿であろうと、雪葉にとっては遠慮する要因にはなり得ない。
 自らの受肉に負い目を感じていた朱葉はついに折れ、雪葉に真相を語ってくれたのである。

 それはにわかに信じがたい内容であった。
 色葉は元々この世の者ではないというのである。

 身一つと朱葉――当時はアカシアだが――とだけでこの世に迷い込んだ色葉は、そこから今に至るまで立ち止まることなく生き続けている。
 色葉ならばと思う一方で、その心境を思えばあまりにも不憫な気もした。

 色葉は強い。
 しかしその強さは、時に弱さの裏返しでもある。
 先ほどのように、時折洩らす弱音はその証左だろう。

 そしてもう一つ。
 朱葉は決して無視できないことも、雪葉に語っていた。
 語ったというよりは、懇願したと言うべきか。
 朱葉もまた、自身の欲がもたらした弊害に慄き、焦り、あらゆる手段を講じて運命を覆そうとしていたのである。

「……姫様。この命を救っていただいた恩は忘れません。……必ず、必ずお救い致しますゆえ、今はお眠りを……」

 そうして、どれほど経っただろうか。
 不意に、蝋燭の火が揺らめく。

「……貞宗様ですか?」
「火急の用にて参った」

 部屋の向こうから、ひそめつつも貞宗の声が届く。

「色葉様は」
「今はお休みされておいでです」
「然様か……」

 その返答に貞宗がやや逡巡した様子を感じ取ると、普段ならば誰であろうと追い返すところを、雪葉は敢えて言葉を続けた。
 色葉が目を覚まさぬよう、細心の注意を払って、であるが。

「……如何されたのです?」
「よくない報せだ」

 確かにそんな感じの声の響きである。
 雪葉は少し迷った。

 このまま会話を続け、色葉が目を覚ましては元も子も無い。
 とはいえ相手は大日方貞宗。
 恐らく色葉が最も信頼している家臣の一人であり、その忠誠と、憚らずに諫言する様は、雪葉をして見習いたいと思うほどの相手である。

 隆基らの話によれば、貞宗もまた色葉が朝倉家と無縁であることを承知しているはず。
 その上で従っている以上、やはり他の朝倉家臣とは一線を画す存在と言えるだろう。

「だが、色葉様がお休みとあらば、明日で構わぬ」
「いえ、わたくしで良ければお伺いを」
「……ふむ」

 貞宗は少し考えた後、ならばと続けた。

「お目が覚めたら伝えられよ。越後の新発田重家殿が謀反したと、急使が参った。まことならば、上野情勢が危うくなる」
「新発田様、ですか」

 その報せは実のところ、雪葉にとって意外なものではなかった。

「……大丈夫です。姫様ならばそのことを、すでに承知されておりますから」
「なに……?」

 さすがに貞宗も驚いたようで、僅かに声を高くしてしまう。

「姫様は新発田様のご謀反を予想されておりました。ですからこの度の遠征に、乙葉様でなくわたくしが選ばれたのです」
「――――。確かに雪葉殿は、上杉家の者らと縁が深い、が……」

 雪葉は色葉の命により、たびたび越後に赴いている。
 それが工作の類であったのならば、雪葉が承知しているのも道理と言えた。

「ならばこの謀反、色葉様の仕込みか」
「姫様は放っておいても謀反は起きると、そう仰せでした。どうせ起きるのならば、有効に活用すべきだとも。ですがこの時期の謀反は都合が悪いと、望まれてはいなかったはずです」
「それでも謀反は起きた、が……」
「姫様とてままならぬことはあるのですよ」

 万能に見える色葉も、読み間違えることもあれば失敗もする。

「……確かに、な。つい忘れがちになってしまうが」
「その分を補うのが、我々の責務でしょう」
「…………」

 雪葉の言葉に、貞宗は押し黙った。
 貞宗と色葉の関係は、雪葉と色葉の関係ほど一方的ではない。
 出会いを考えれば、複雑な関係であるといえる。

「……私は、色葉様の紛うことなき忠臣とは、言えぬぞ」
「いえ、誰よりも忠臣です」

 雪葉は断言する。

「ですから」

 この先のことを考えれば、協力者は一人でも多い方がいい。
 そう考えた雪葉は、意を決してそれを持ち掛けた。

「貞宗様。是非、お話したき儀があります」

 そのことに比べれば、越後で起こった新発田重家の謀反など――雪葉には些末事に過ぎなかったのである。


 次の話 >>
第196話 天目山の戦い朝倉天正色葉鏡 甲州征伐編 第196話      ◇  天正九年六月九日。  北条方の猛攻に遭い、甲斐新府城は落城した...

 目次に戻る >>
朝倉天正色葉鏡 『朝倉天正色葉鏡』とはたれたれをによる小説作品。  当ブログとWEB小説投稿サイトである「小説家になろう」において、2018年7月1...