朝倉天正色葉鏡

第24話 下城戸の死闘(前編)

朝倉天正色葉鏡 越甲同盟編 第24話

     /

 二月に入り、一乗谷でも珍しく大雪となっていた。

 一乗谷はその狭小な地形を活かし、南北で最も谷が狭くなる地点に土塁や石垣を設置して、上城戸と下城戸と称して事実上の城門を設置している。

 ちなみに北ノ庄へと抜ける南側が下城戸であり、北側は上城戸と呼ばれていた。
 その南側の門である下城戸は固く閉ざされており、ようやく辿り着いた少女を絶望させるには十分だったのである。

「そんな……せっかく、ここまで……」

 門を前にして、倒れこむ。
 ここまで夜な夜な走り通したせいもあって、すでに少女の身体はぼろぼろだった。
 本来ならばもう一歩たりとも前に進めないほどに、疲労しきっていたのである。
 季節が冬でなければ、とうに消滅してもおかしくないほどであった。

「さすがは雪女、といったところですか。追いつくのに少し苦労しましたよ」

 聞きたくなかった声が、少女の耳朶に響く。
 見返せば、息一つ乱した様子の無い、少女にとっては死神のような巫女装束の女が、そこにさも当たり前のように立っていたのである。

「一乗谷……ですか。さて不思議ですね」

 越前国の一向一揆が駆逐され、朝倉氏が再興したことは女も知っていた。
 しかし戦乱で荒廃し切った一乗谷は放棄され、その本拠が北ノ庄に移ったことも聞き及んでいる。
 にも拘わらず真っ直ぐに少女が一乗谷を目指していたことに、やや疑問を覚えていたのだった。

「途中で殺さずにおいて正解でしたか。やはりここが――」

 城戸の向こうにはまるでひとの気配というものが無い。しかしこの異様な雰囲気は何だというのか。
 それを感じたことで、女は確信に至る。

「妖の巣窟、ですか。死者の都を選ぶとは、いかにもそれらしい」
「く……」

 ここに至り、少女は自分がわざと泳がされていたことを自覚する。
 そしてわざわざここまで道案内をしてしまったのだ。
 何という失態なのだろうか。

「最後の問いですよ。ここにいるのは誰です? 答えれば、命は助けましょう……」
「ま、真柄様をどうしたの……!」

 庇って自分を先に進ませた骸の武将を思い出す。
 鳥越城に迷い込んだ時は、その骸の群れに心底恐怖したのだ。

 人も怖いが亡者も怖い。
 自身も雪女という妖ではあったものの、怖いものは怖いのだ。

 しかしそれらを指揮していた武将――真柄隆基は、思いの外優しく少女を受け入れ、進むべき道を教えてくれた。

 ところがいざ出立という時になって、城が強襲を受けたのである。
 相手はたった一人の人間であり、女だった。

 誰一人敵わず、隆基ですら苦戦し、その身を張ってこの越前に逃がしてくれたのである。
 そして託されていた。
 このことを伝えて欲しい、と。

「あの亡者のことですが、もちろん供養などしていませんよ。バラバラになって今頃雪の下でしょう」
「この人でなし……っ!」
「あら、妖であるあなたがそれを言うのですか。非常に、不快ですね」

 どす、と。
 無造作に、その忍び刀は少女の胸に突き刺さっていた。

「あ、ああああああっ!?」
「痛いでしょう? ひとの血など流れていないあなたのような化け物にも、十分に効果のある刀ですから。わたしも今のあなたの言葉でとても傷つきました。きっと今のあなたよりも――痛かったんですよ!」

 そのまま力任せに刃を振り抜けば、声にならない悲鳴を上げて、少女は雪の上に倒れ伏した。

「もう死にましたか? まだ何も答えてくれていないのですが」

 雪の上で身体を丸め、もはや動くこともできない少女を蹴り飛ばす。

「もう口も利けませんか。まあいいでしょう。ここまで案内してくれたのです。あとは自分の目で確かめれば――」

 そこで女は大きく身体を反らした。
 寸でのところで、上空から投げつけられた長大なものを紙一重でかわす。
 それは大太刀だった。

「……? またあなたですか」

 やや怪訝そうにしながらも、女は石垣の上から飛び降りてきた者を見据えつつ、いったん後ろに退いて間合いをとった。

「何者か知らんが、この一乗谷の目の前で無用の殺生とは、見過ごせぬぞ」

 地面に突き刺さった大太刀を手にしつつ、真柄直隆はその巫女装束の女へと鋭く告げた。

「違う……そうですか。別の個体というわけですね。そのような姿では区別もつかなくて当然でしょうが」

 直隆の姿に驚いた様子もなく、女は小さく息を吐き出す。まるで気を落ち着かすかのように

「やはり、ここがそうですか。なるほど……」

 得心いったという表情が一変し、憎悪に満ちたものにとって代わられる。
 驚いたのは直隆だった。

「貴様、その鬼気は……いや――」

 驚愕を口にしたその瞬間、女の姿が目前に迫っていた。
 振り下ろされる刃。
 辛うじてそれを受け止めるも、あまりに重く、全身の骨が軋みだす。

「ぬ――う……!?」
「ほう、受け止めましたか。あの城にいた亡者よりはいくらかはできるようですね」

 それはまるで、直隆の主と手合わせした時と変わらぬほどの、圧力だった。

「ですが、そこまででしょう?」

 そっと、左手が直隆の鎧に添えられる。
 そこには三枚の符。
 火符だった。

「ぐっ……ぬぉおおおっ!」

 一瞬にして炎に包まれるも、その炎は時も経たずに散り消えていく。
 女の予想通りに。

「あなたもあの亡者と同じ主に仕えるもののようですね。この程度の呪符ではさほど効果も無い、とは。一体何者なのです?」
「たわけがっ!」

 大太刀が振り下ろされる。
 しかし女にはかすりもせず、地面を深く抉ったに留めた。

「答えたくありませんか。それならば、拷問ということになりますね」

 事も無げに言い放ち、女の姿が掻き消える。
 直隆が気づいた時にはすでに、その背後にあった。

「では、まず腕から」

 背をとった女はやはり無造作に直隆の腕に手を伸ばすと、一気に力を込める。
 耳障りな音が響き、その腕はあっさりと握り砕かれ、そのまま引き千切られてしまう。
 恐ろしい怪力だった。

「ぬ……ぐぅ……!」

 直隆には痛覚など存在していないため、物理的な損壊は行動に支障をきたすとはいえ、苦痛にはならない。
 先ほどの符のように、魂に直接痛撃を与える類ものでなければ、例え腕をもがれようと痛痒は感じないはずだった。

 しかし痛みがある。
 それは女の怪力が、ただの筋力によらないことを示していた。

「神通力の類か」

 眼前の女は巫女の姿をしている。
 巫女の中には神下ろしといった稀有な力を持つ者もいるという。
 つまり、神の力を一時的にその身に宿すことができるのだ。

「まあそのようなものですね。それで次はどこが良いですか? 足? それとももう一本の腕でしょうか。ああ……頭をもいで、ゆっくりと尋ねるのもいいかもしれませんね」
「できると――思うのか!」

 大太刀を振り上げ、その重量を感じさせない速度で振り下ろす。

「できますよ?」

 それはあまりにも一方的な展開だった。
 骸の兵を束ね指揮する直隆が、見た目は非力な人間の女に一方的に蹂躙される光景。

 城門となっている城戸の周辺には、騒ぎを聞きつけた骸兵が複数集まってきていたものの、まったく近寄れないでいる。
 直隆もまた、骸兵を使って女を牽制することすらしようとはしなかった。

 無意味だと悟っていたからである。
 直隆はその身体を少しずつ削られ、とうとう足を砕かれてその場に崩れ落ちた。

「そろそろ飽きたのですが……話す気はありませんか?」
「笑止!」
「亡者でありながらそれだけ自我があるというのも驚きですが、その上でこの期に及んでまだ忠誠を尽くすなど、少し不快ですよ。亡者の分際でひとの振りなど見るに堪えません」
「……っ!」

 直隆は反論しようとしたが、できなかった。
 口の中に忍刀を無理矢理突き込まれたからである。

「が……は……っ!」
「話す気が無いのなら口などいらないでしょう。このまま砕いて――」

 無表情に告げる女の顔が、不意に僅かに変化した。
 何かに気づいたように顔を上げると、ちょうど城戸の門がゆっくりと開いていく。
 開いた門の先から歩み出てきた狐耳の少女が、眼前に光景に目を細める。

「なんだ、これは?」

 怒気の滲みだした声に、周囲にいた骸達が怯えたように後退った。


 次の話 >>
 目次に戻る >>