一条信龍 ~典厩信繁と共に信玄に最も信頼された、大夫信龍

一条信龍 ~典厩信繁と共に信玄に最も信頼された、大夫信龍

 一条信龍とは、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。
 甲斐国の戦国大名・武田信虎の八男、もしくは九男とされ、武田信玄の異母弟に当たる。
 武田二十四将の一人に数えられる、上野城主。
 織田信長の甲州征伐を受けて、武田氏滅亡と共にした。

一条信龍 (いちじょう のぶたつ)
武田菱
生年1539年(天文8年)?
没年1582年(天正10年4月2日)
別名上野介 右衛門大夫 信隆 信竜
主君武田信玄⇒武田勝頼
家紋武田菱(たけだびし)
父:武田信虎
兄弟竹松 信玄 犬千代 信繁 信基 信廉 信顕 一条信龍 宗智 松尾信是 河窪信実 信友 勝虎 定恵院 南松院殿(穴山信友正室) 禰々  花光院(浦野氏室) 亀御料人(大井信為正室) 下条信氏正室 禰津神平(元直の長男)室 葛山氏室 菊御料人(菊亭晴季室)
養周院日藤尼
信就 武田信貞 三宅正次室

一条信龍とは

由羅
由羅
一乗信龍……うーん、あまり聞いたことがないような
有名な武田信玄の、弟だよ
イリス
イリス
由羅
由羅
信玄の弟っていったら、どうしても武田信繁とか、あと武田信廉くらいしかパッと思いつかないよ
ドラマなんかでも、登場する信玄の弟っていったらその二人くらいだものね。全員登場させたら何が何だか、って感じになってしまうから
イリス
イリス
由羅
由羅
確か兄弟姉妹合わせて20人以上いるんでしょ?
そうだよ
イリス
イリス
由羅
由羅
多すぎだよ……
そういうご時世、というのもあるから
イリス
イリス
由羅
由羅
それで今回は一条信達について、だね。名字からしてもはや武田氏の一員かどうかすら、ぱっと見じゃわかんないよねえ……

一条家を継ぐ

 一条信龍は1539年(天文8年)頃に、武田信虎の子として誕生。

 信龍は甲斐源氏の武田信義の次男・一条忠頼を祖とする一条氏を祖とする一条家(鎌倉時代に断絶)の名跡を継ぎ、一条信龍と名乗ることになる。

 親族衆となり、本願寺や松永久秀といった畿内勢力を相手にした外交面を担当した。

由羅
由羅
一条氏って?
甲斐一条氏は平安時代末期の武将である一条忠頼を祖としているの。甲斐国山梨郡一条郷を領したから、一条の姓を名乗ったんだって
イリス
イリス
由羅
由羅
でも鎌倉時代に断絶しちゃったんだよね。それを戦国時代になって再興、かあ……。信玄って、色々再興させるのが好きだよね
そういう方針だったからね
イリス
イリス

長篠の戦い

長篠の戦い
『長篠合戦図屏風』

 信龍の武名については、戦場において主に後衛を務めていたこともあり、伝わってはいない。
 しかし山県昌景馬場信春といった武名を轟かせた重臣らと共に、その名を残している。

 武田信玄が駿河に侵攻すると、駿河国の田中城代を務めた。

 兄・信玄が1573年(元亀4年)に死去すると、その跡を武田勝頼が継承。

 そして1575年(天正3年)には勝頼と織田信長が対峙した長篠の戦いが勃発する。
 信龍もまたこの戦いに参戦し、佐久間勢を相手に奮闘。二重の柵を破るまでの活躍をみせたという。

 しかし長篠の戦い武田方の敗退で終わった。
 信龍は馬場信春勢と共に戦場に留まって、主君・勝頼が戦場を離脱するまで踏み止まり、その後退却したとされている。

 その後、田中城代を子の信就に譲った上で、自身は駿府城代となった。

由羅
由羅
信春は殿として残り、討死したけれど、信龍は生き残ることができたんだね

甲州征伐と武田氏の滅亡

 1582年(天正10年)、織田信長は武田領へと侵攻を開始し、いわゆる甲州征伐が開始される。

 信龍は徳川勢の侵攻により、駿河より撤退して上野城へと戻ることになった。

 追い詰められた勝頼は新府城を焼き払った上で郡内に向かい、その途中で信龍の屋敷で休息をとったといわれている。

 一方の信龍は、徳川家康の三河勢に上野城を包囲されると、手勢300を率いて1万の三河勢に向かって突撃を敢行。
 信就と共に戦死した。

由羅
由羅
この武田家滅亡の際の、一族の者の最期は色々あるよね。戦わずに捕らえられて処刑される者もいれば、信龍のように玉砕する者とか
そうだね。例えば兄であり一門の重鎮だった信廉などは捕らえられて斬首されているけど、仁科盛信などは高遠城で玉砕して武田氏の意地をみせているし
イリス
イリス
由羅
由羅
やっぱり戦って玉砕したひとの方が評価されているの?
散り際としてはそうかもしれない。盛信の玉砕などは武田武士の意地を見せつけたとして評価されているけれど、玉砕が必ずしも絶対的に評価されるべきものとは思えないから
イリス
イリス
由羅
由羅
そうなの?
……時代は下るけれど、太平洋戦争時の住民を巻き込んだ玉砕なんて、ただの悲劇だよ
イリス
イリス
由羅
由羅
そうだね。何でも美化していい話じゃないってことだよね
もちろん時代が違うし、考え方はひとそれぞれだけどね
イリス
イリス
由羅
由羅
じゃあ逃げようとして、捕まって処刑されてしまったひとたちはどうなの?
それもひとそれぞれの考え方だから。例えば同じ戦国時代……も終わりだけど、石田光成とか佐久間盛政とか、戦いに敗れて自害せずに逃げた挙句に捕まって処刑された武将は少なくないけれど、彼らにしてみれば逃げ延びて再起を図ることこそが目的だったのだから、自害なんてありえなかったんだよ。一見、武士らしくないとは言われるけれどね
イリス
イリス
由羅
由羅
そっかあ……。評価って難しいんだね
時代によっても変わるのが評価だから、気にせずに自分の思ったとおりそのままでいいんじゃないかな
イリス
イリス

信龍の人物像

 一条信龍に関する史料は乏しく、その詳細は分かってはいない。

 しかし『甲陽軍鑑』などによれば、「一条殿は、馬鞍武具等、これほど忙しくともいつも新しく、しかも諸国の良い浪人を集めている」と山県昌景が評したとされ、また「伊達者にして花麗を好む性質なり」とも伝わっているという。

 武田信玄が最も信頼した人物として、弟の武田信繁があげられるが、信龍もまた信繁と共に、軍事面において最も信頼されていたといわれている。