ベニマル(紅丸)【転生したらスライムだった件】

ベニマル(紅丸)【転生したらスライムだった件】

 ベニマルとは『転生したらスライムだった件』に登場する人物。
 リムル=テンペストの右腕で、ジュラ・テンペスト連邦国の幹部である。

ベニマル(紅丸)
種族妖鬼
所属ジュラ・テンペスト連邦国
称号鬼王
魔法気闘法 妖術
ユニークスキル大元帥:思考加速 思念支配 予測演算 軍勢鼓舞
エクストラスキル魔力感知 熱源感知 多重結界 空間移動 炎熱支配 黒炎 魔炎化 覇気 剛力
耐性状態異常無効 痛覚無効 物理攻撃無効 自然影響耐性 聖魔攻撃耐性 毒耐性
古川慎

概要

 オークロードの侵攻により滅ぼされた大鬼族(オーガ)の族長の息子。
 妹である(のちのシュナ)らを含め6名にて故郷を脱出し、ジュラの大森林に流れ着いた後、リムルを黒幕と勘違いして戦うも誤解と知り謝罪。
 リムルの提案によりオークロード討伐までは共闘体制を取り、討伐後、リムルに仕えて忠誠を誓うことになる。

 侍大将のクラス(職業)を与えられてからはジュラ・テンペスト連邦国の軍事部門を担当。
 リムルから全面的な信頼を得るに至っている。

 リムル不在の際はその代理を務めたり、獣王国ユーラザニアへと使節団を率い、その代表として訪問したりと活躍した。

性格

 かつては一族の後継者としての気負いがあり、短期で血気盛んな一面もあったが、リムルに仕えるようになってからは様々な経験を積み、自らを律して冷静な判断のできる司令官へと成長した。

 地位と実力を兼ね備え、リムルも羨む容姿を併せ持っていることもあって、周囲からモテるのは当然のこと。
 中でも長鼻族のモミジと獣人族のアルビスからは、正妻の座をかけてアプローチを受けているものの、恋愛方面には疎いこともあって逃げ腰が続いている。

主なスキル

 『大元帥』のユニークスキルを持ち、周囲の仲間を活かせる指揮官として有能である。

 単独の戦闘では火属性を得意としており、様々な耐性を有していることから戦闘能力も高い。
 その他多くのスキルを持ち、万能型。

対人関係

リムル=テンペスト

 名づけ親であり、親愛なる主。ベニマルもリムルからは絶大な信頼を得ている。

シュナ

 大鬼族の姫にして巫女。ベニマルの妹。

モミジ

 長鼻族の長老代理。ハクロウの娘。ベニマルに惚れているため、恋敵であるアルビスとは火花を散らす関係。

アルビス

 ユーラザニアの最高幹部である三獣士の筆頭。黄蛇角の名を持つ蛇の獣人。ベニマルに惚れており、妻の座を狙っている。モミジとはライバル関係。

由羅
由羅
まとめページはこっちだよ⇒『転生したらスライムだった件』