朝倉道景 ~主家滅亡に殉じた、朝倉氏一門の若武者

朝倉道景 ~主家滅亡に殉じた、朝倉氏一門の若武者

三盛木瓜 朝倉道景とは戦国時代の武将であり、越前朝倉氏の家臣。
 朝倉氏の系図により朝倉景恒の子とされているものの、様々な要因から疑わしいとされており、朝倉氏一門でありながら系譜のはっきりとしない人物として知られている。

 朝倉道景(あさくら みちかげ)
 生年  1558年(永禄元年)
 没年  1573年(天正元年)
 改名  彦四郎⇒道景
 家紋  三盛木瓜(みつもりもっこう)  
 主君  朝倉義景
 親   父:朝倉景恒

朝倉道景とは

朝倉一門でありながら、その系譜がよくわからないのが朝倉道景という人物なの
イリス
イリス
由羅
由羅
つまり、誰の子であるかが分からない?
そう。出自がいまひとつはっきりしないの。道景の名前は『朝倉家録』の中に見ることができるのだけど、登場するのは朝倉家滅亡の寸前の件のところで、主に戦死者名として登場するだけだから
イリス
イリス

刀根坂の戦い

 道景の名が初めて歴史に出てくるのは1572年(元亀3年)のことで、主君・朝倉義景が近江出陣の際に従った武将の中に、その名前を見ることができる。

 そしてその翌年、1573年(天正元年)に行われた刀根坂の戦いにおいて、その戦死者の名前の中に「朝倉彦四郎道景」の名があり、この時に戦死したことが分かっている。

犬間源三長吉が首一つ下げて織田信長のもとへ持参した。信長が誰の首か前波吉継に尋ねたところ、前波は涙を流しながら朝倉氏の一族で童名「権ノ頭」、今年16歳になる彦四郎である、と答えた。信長はその首をよく見て、「死に顔が誠に立派であり、生前の顔を思うと哀れである」と述べ、犬間に対して「彦四郎を生け捕りにすべきだったのに討ったのはお前の心が良くないからだ。すぐに誅殺すべきだがそれでは戦功を認めないことになるので、今日より対面を許さない」と言った。これを聞いた織田軍の武将達は、(戦の途中で)立ち寄ってその首を見て眉目秀麗なことに涙した。信長は僧侶に請い彦四郎の葬式を営んだ。『朝倉家録 印牧生捕被誅事附朝倉彦四郎か首之事』
ざっくりだけど、こんな形で登場するの
イリス
イリス
由羅
由羅
信長もこういう一面があったんだね
ともあれこのことから道景の生年は1558年(永禄元年)であったと推察できるし、『朝倉家録』によると朝倉景恒の息子、というように位置づけられているんだけれど
イリス
イリス
由羅
由羅
? 史料にそう書いてあるのなら、朝倉景恒の子で決まりじゃないの?
ところがそれだと色々と矛盾が生じてしまうの
イリス
イリス

出自に対する疑義

 この朝倉景恒の息子、ということについては批判が存在している。

 父親とされる朝倉景恒は兄・朝倉景垙の自害に際してその跡を継ぐため、もともと出家して僧籍にあったのを還俗したという経緯があった。
 景恒が還俗したのが1564年(永禄7年)であり、道景の生年が1558年(永禄元年)であるとするのならば、その出生に矛盾が出てきてしまうからである。

由羅
由羅
そっか。つまり父親とされている景恒は道景が生まれたとされる頃は僧だったわけで、本来なら生まれるはずがないってことだね?
そういうことだよ
イリス
イリス
由羅
由羅
でも……確かに慣習として僧であるのならば妻帯はしないのかもしれないけれど、だからといって生物学的に子が作れない身体になっていたわけでもないし、何かの間違いでそういうこともあるかもしれないよ?
かもしれないね。でも問題は他にもあるの
イリス
イリス
 またその名乗りである「道景」という名前も、当時の朝倉家の場合、当主は「○景」と名乗り、一門の家臣は「景○」と名乗っていた慣例に反することになる。
由羅
由羅
なるほど……確かにそうだよね
 さらに、父親とされる朝倉景恒の敦賀郡司家は、朝倉景垙の自害事件などから大野郡司家の朝倉景鏡と激しく対立しており、足利義昭が越前に動座した際の、一門の席次を巡っても両者は争い、一方が伺候すれば一方は参じない、といった有様だったほどで、しかしこの時の席次の13番目に道景らしき人物の名があり、祖父・景紀や父・景恒が参じなかった中で道景だけが低い席次に甘んじていた、というのもおかしな話であるとされている。
由羅
由羅
つまり状況証拠からは、景恒の血縁者ではありえない、ということなんだ
 こういった事情から、道景は敦賀郡司家の生まれではなく、波多野道郷の系譜に繋がる者ではないか、と推測されている。
由羅
由羅
波多野道郷?
波多野道郷というのは朝倉氏9代目当主の五男にあたり、波多野氏の家督を継承した人物のことだよ
イリス
イリス
由羅
由羅
9代目っていうと、朝倉貞景だよね。義景のお爺ちゃんかあ
 はっきりしたことは不明なものの、波多野氏の通字である「道」の字と義景の「景」を組み合わせて、「道景」と名乗ったのではないのかとされている。

 いずれにせよ、「道景」と名乗った朝倉一門に連なる若武者がおり、朝倉氏滅亡の戦いとなった刀根坂の戦いで主家に殉じる形で討死し、またその容姿が眉目秀麗であったとして歴史に名を残したことには違いない。