赤尾清綱 ~近江浅井氏三代に仕えた、浅井三将の一人

赤尾清綱 ~近江浅井氏三代に仕えた、浅井三将の一人

 赤尾清綱とは戦国時代の武将であり、近江浅井氏に仕えた家臣。
 海北綱親雨森清貞とともに、浅井三将と呼ばれたことでも知られている。

赤尾清綱(あかお きよつな)
丸に四柏
生年1514年(永正11年)
没年1573年(天正元年)
別名孫三郎
主君京極高清⇒京極高延⇒浅井亮政浅井久政浅井長政
家紋丸に四柏(まるによつかしわ)
清冬 伊豆守 菊姫

赤尾清綱とは

由羅
由羅
赤尾清綱といえば浅井三将の一人だね
浅井氏三代はもちろんのこと、その前の京極氏から仕えた人物であるから、浅井氏の盛衰を見守った人物であるともいえるよ
イリス
イリス
由羅
由羅
そして最後まで浅井家と運命を共にしたというわけだね

京極家家臣として

 1514年(永正11年)に、清綱は誕生。

 赤尾氏は近江の国人であり、元々は近江守護であった京極氏の家臣として仕えていたとされている。
 後に主家となる浅井家は、この頃同格の京極家臣だった。

 しかし京極家内で後継者を巡るお家騒動が勃発すると、家臣であった浅井亮政は頭角を現して北近江の支配権を得ることになる。
 そのため清綱は近江浅井氏初代となる亮政の代より、浅井家に仕えた。

赤尾曲輪

 清綱は浅井家当主からの信頼が厚かったとされており、浅井氏の居城であった小谷城の一角に、赤尾曲輪と呼ばれる居館を持っていたようで、そこで在番していたとされている。

基本的に家臣というものは、城下に屋敷を持ってそこに居住するのが一般的なの。でも清綱は城内に住むことを許されていたわけで、浅井氏からの信頼が厚かったことが窺えるよ
イリス
イリス

長政の家督相続

 亮政が死去し、その子の浅井久政が跡を継ぐと、浅井氏は南近江の六角氏の圧迫を受けて、そのもとに臣従することになった。

 そのような状況下で久政の子である長政が成長すると、浅井家の家臣であった遠藤直経らと共に久政の隠居と家督を長政に委譲させることを計画し、実行。
 久政が城を出た隙を狙って小谷城を占拠して、長政の家督相続を認めさせたという。

 謀反のような形ではあったとはいえ、久政とはすぐに和解し、久政は小谷城への早期の帰還が叶ったといわれている。

朝倉家との関係

 浅井家は長政の代になると織田氏との関係が強くなるが、それ以前までは朝倉氏との強固な関係があった。

 清綱はかつて亮政に仕えていた頃、浅井氏が六角氏との戦いに敗れて越前に退避し、朝倉氏と同盟して再起を果たしたこともあって、浅井家中にあっては朝倉寄りの立場であったとされている。

浅井家の滅亡

 古くからの盟友・朝倉氏と新しい盟友・織田氏との間にあった浅井氏は、朝倉氏と織田氏が争うようになるとその板ばさみになり、当主・長政は朝倉氏と結び、織田氏と戦う道を選んだ。

 しかし1573年(天正元年)、織田氏との戦いは浅井・朝倉連合軍の敗北に終わった。
 まず朝倉氏が滅び、続いて小谷城の戦いにて浅井氏は滅亡。

 清綱は捕らえられ、織田氏当主であった織田信長の前にて切腹し、果てたという。享年60.

赤尾屋敷で浅井長政とその弟の浅井政元と共に自害したとする説もあるよ
イリス
イリス
 嫡子であった赤尾清冬は、清綱の長年の浅井氏への忠義に免じる形で信長自身が直々に、その命を助けたとされている。